<< 岡村健司騎手だっ! | main | 習志野きらっとスプリント、アピア優勝! >>

習志野きらっとスプリントが行われます。

 全国で行われてきたスーパースプリントシリーズ2018、そのファイナルが習志野きらっとスプリントです。

 

 船橋競馬場の1000mを舞台に、全国から集まったスピード自慢たちが、どんな戦いを繰り広げるのでしょうか。

 

 南関東からは7頭が参戦!!!

 

〇フラットライナーズ(左海誠二騎手、船橋・林厩舎)

「状態はだんだん良化しているし、去年は暑さを気にしていたけれど今年は我慢してくれている。この枠に入ったので、押していっていいポジションを取りたい。人気は下がるだろうけど、一発決めたいね」(林調教師)

 

〇アピア(御神本訓史騎手、大井・藤田厩舎)

「予定通り進めることができて、状態は維持できています。ここは目標にしてきたレースで自信を持って送り出したいです」(藤田調教師)

 

〇クルセイズスピリツ(西啓太騎手、大井・荒井厩舎<小林>)

「前走後も疲れもなく維持して出走させられます。古馬の一線級を相手にするので斤量差を生かして胸を借りるつもりです」(荒井調教師)

 

〇ラディヴィナ(瀧川寿希也騎手、川崎・高月厩舎)

「追い切り本数もこなして順調に調整ができました。前走の川崎900mは持ち味を発揮できると思うので、この距離はチャレンジャーです」(高月調教師)

 

〇サトノスピードオー(川島正太郎騎手、船橋・川島厩舎)

「ここに向けて順調に進めてこれたし条件もいい。素直で真面目な馬、重賞を勝つ力は十分にあると思う。位置取りなどはペース次第で」(川島調教師)

 

 浦和・小久保厩舎からは10歳馬サトノタイガー(笹川翼騎手)と9歳馬ジョーオリオン(藤本現暉騎手)もそろって参戦。

 

 佐賀のシュダイカには真島大輔騎手騎乗。

 

 佐賀に期間限定騎乗中の岡村健司騎手はお里帰りで地元のエイシンテキサスに騎乗。

 

 

 

 そして、コウギョウダグラス、サクラレグナム、エイシンテキサスも南関東にお里帰りですね。

 

 コウギョウダグラスは大井生え抜き馬で重賞戦線でも大活躍した馬ですね。9歳で南関から旅立って、11歳になった今は佐賀で頑張っています。これからパドックで会えるのが、個人的にもとてもとても楽しみです。

 

 発走は20時15分。

 

 全人馬無事に。

 


プロフィール
カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode