<< 本田正重騎手の続報。 | main | 大井開催最終日〜☆ >>

ジャパンダートダービー、ルヴァンスレーヴ優勝!

 今年で20回目を迎えたジャパンダートダービー。南関東クラシック3冠目のこのレースに、南関東はもちろん、中央・他地区の強豪たちが集結しました。

 

 

 

 全頭パドック↓

 

 (パドック動画は後程入れます)

 

 レース結果と動画はこちら

 

 優勝したのは、ミルコ・デムーロ騎手が手綱を取った1番人気ルヴァンスレーヴ(中央・荻原清厩舎)。昨年の全日本2歳優駿の覇者で、前走はユニコーンSを優勝。このジャパンダートダービーも次元の違う末脚を披露し、3歳ダートチャンピオンの座に輝きました。これでデビューから6戦5勝2着1回。

 

 

 

 レースは、後方から外を回りながらも進出。最後の直線では36秒5というメンバー中一番の脚を繰り出して、豪快に差し切りました。ルヴァンスレーヴ、強すぎます……。勝ちタイムは2000m2分5秒8(良)。2着がオメガパフューム、3着はグレートタイムでした。地方最先着は4着のクリスタルシルバー。

 

 

 

 デムーロ騎手

「どこでもダービーを勝つことができるのは最高ですね!

 

 スタートはいつも通りであまり速くもないし出していきませんでしたが、距離も延びたのでゆっくりいこうとは思っていました。いいところにつけていけたし、3〜4コーナーでもバッチリの手応えで、直線に入った時には手前を替えて、素晴らしく伸びてくれました。

 

 まだ体ができていなくて緩いですが、どんな距離でもどんな位置からでも、何でもできる馬です。頭がよくて気持ちも強いし、能力も高くて、すごくいい馬です」

 

 萩原調教師

「そんなに危うさを感じないレースで、いいパフォーマンスを見せてくれました。今後はオーナーと相談をして決めますが、また大きなレースを勝てるように頑張っていきたいです」

  

 

 

 これからどんな未来が待っているのでしょうか。ダート界全体にとっても、非常に楽しみな馬が出てきました。

 

 詳しい振り返りとコメントなどは大井競馬のホームページでお伝えします。

 

 

 ジャパンダートダービー優勝おめでとうございます。

 

 ルヴァンスレーヴ 3歳牡馬

 

 馬主 (株) G1レーシング様

 

 生産 (有)社台コーポレーション白老ファーム様

 

 父 シンボリクリスエス、母 マエストラーレ、母父 ネオユニヴァース

 

 


プロフィール
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode