<< すごいことに……(笑) | main | 先日の1枚〜荒井朋弘調教師〜 >>

優駿スプリント、クルセイズスピリツ優勝!

 先日もお伝えしたように、南関東3歳スプリント王決定戦の優駿スプリントは、西啓太騎手騎乗の11番人気クルセイズスピリツ(大井・荒井朋弘厩舎<小林>)が優勝しました。クルセイズスピリツも、荒井調教師も、西騎手も、川口厩務員も、みんな記念すべき重賞初制覇!!!

 

 どの馬が勝ってもおかしくないような大混戦ムードだった今年のレース。パドック時間帯の単勝オッズは10倍以下に7頭も(最終的には4頭)!!!

 

 今年の優駿スプリントにはご覧の16頭が集まりました。

 

 

 

 全頭パドック↓

 

 

 

 

 

 

 レース結果と動画

 

 クルセイズスピリツは抜群のスタートを切って先行していくと、直線でしっかり抜け出し、最後まで力強い走りでゴールしました。勝ちタイムは1200m1分12秒6(やや重)。

 

 

 

 

 

 引き上げてきたところ↓

 

 

 

 西騎手

「先生から『行けるスピードはあるので強気に乗ってくれ』と指示を受けて、予定通りの位置につけられました。直線は長く感じましたが、渋太く走ってくれていて、このまま頑張ってくれと思いながら乗っていました。重賞を勝つことができたのは素直にうれしいですが、自分でも勝っちゃったってビックリした方が大きいですね。

 

 この馬のいいところは、スタートセンスのよさと乗りやすいところです。スピードがあるので、短いところは楽しみな馬だと思います。

 

 (大井リーディングベスト9位をはじめ勝ち星も増えています)自分としてもこれだけ勝たせてもらえると思っていなかったので、それも全部周りの皆さんのお蔭だと思っています」

 

 荒井調教師

「素直にうれしいです。ペースが速くても粘ってくれて、思っていた以上に強くて、自分でも正直ビックリしています。状態は前走といい意味で平行線に感じていましたが、転入2戦目なので、この馬の一番いい状態はまだ把握しきれていないので、正直どんなものなのかなと思っていました。

 

 西騎手もいい騎乗をしてくれました。今後は馬の状態を見ながらオーナーさんとローテーションは相談していきたいです。マイルくらいまでの距離で考えていきたいですね」

 

 

 

 

 

 クルセイズスピリツは北海道時代にはフレッシュチャレンジを勝ち、東海地区へ移籍。中央遠征では先行していくスピードも見せていました。これから短距離戦線でどんな存在になっていくのでしょうか〜。

 

 詳しい振り返りとコメントは、大井競馬ホームページ内の重賞コーナーで。

 

 

 優駿スプリント優勝おめでとうございます!

 

 クルセイズスピリツ 3歳牡馬

 

 馬主 谷謙介

 

 生産 野坂牧場様(新ひだか町)

 

 父 サウスヴィグラス、母 クルセイズ、母父 バブルガムフェロー

 

 


プロフィール
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode