<< 東京プリンセス賞について。パート1 | main | 東京プリンセス賞、グラヴィオーラ優勝! >>

東京プリンセス賞について。パート2

 パート1からの続きです。

 

〇5枠9番 ミスサハラ(的場文男騎手、川崎・加藤厩舎)

 

 南関東に来てからは、牡馬と対戦しながらも堅実な走りで一度も掲示板を外したことはありません。重賞初挑戦!

 

 現在、記録更新に向けて着実に勝ち星を積み重ねている的場騎手が手綱を取ります。「前走は強い勝ち方をしてくれました。前走と今回では相手が違うけど、この馬の持ち味を生かせるように、乗るからには頑張りたいですね」(的場騎手)。

 

 

 

 担当は山形厩務員。

 

 

〇5枠10番 カズミドリーム(柏木健宏騎手、船橋・伊藤厩舎)

 

 船橋の新進気鋭・伊藤厩舎2頭出しの1頭。前走の中央交流戦は、4番手から進出して早め先頭に立つ積極策で、牡馬たちに快勝したばかり。南関東では一度も掲示板を外さない安定した走りも光ります。重賞初挑戦!

 

 「順調にきています。右回りも問題はないし、距離は血統的にどうなんだろうとは思いますが、引っ掛かる馬じゃないのでこなしてくれると思って送り出したいです。競馬の上手な馬で、ひとつでも上の着順を目指したいです」(伊藤調教師)。

 

 

 

 担当は吉木厩務員。

 

 

〇6枠11番 ゴールドパテック(山崎誠士騎手、川崎・岩本厩舎)

 

 南関東生え抜き牝馬期待の星、ローレル賞の勝ち馬ゴールドパテック。浦和コースはもう少しの走りでしたが、大井コースで改めて期待。川崎の重鎮・岩本厩舎はこのクラシックレースに牡馬と牝馬で3頭も送り出していますが、その中の1頭。

 

 「ここまでの浦和コースでは、道悪だったり忙しかったりして、この馬の走りができませんでした。右回りはうまいですし、1800mは合うと思います。去年の東京2歳優駿牝馬(3着)のようなイメージですね。状態も上がっているので頑張って欲しいです」(岩本調教師)。

 

 

 

 担当は甲斐厩務員です。

 

 

〇6枠12番 ゴールデンダイヤ(酒井忍騎手、川崎・岩本厩舎)

 

 川崎の重鎮・岩本厩舎は東京プリンセンス賞はゴールドパテックと並んで2頭出しで、その1頭。デビュー戦は着外になってしまいましたが、それ以降は掲示板を外さないしっかりした走りを続けています。

 

 「桃花賞が中止になったのはとても残念で、本当は大井コースは使ってみたかったです。状態は上向いていますね。流れが速くなってくれた方がいい馬で、直線で外からどのくらいの脚を使ってくれるのか楽しみです」(岩本調教師)

 

 

 

 担当は斎藤厩務員。

 

 

〇7枠13番 ジョワアンジュ(田中力騎手、船橋・伊藤厩舎)

 

 重賞初挑戦!2走前は、のちに東京湾カップ2着になるユニバーサルライトを抑えての勝利。船橋の新進気鋭・伊藤厩舎2頭出しの1頭。

 

 「こちらも変わりなく順調にきています。不器用な馬ではないので、右回りも距離も心配はしていません。いつも真面目に一生懸命走ってくれています。ひとつでもの着順を目指したいですね」(伊藤調教師)。

 

 

 

 担当は牧野厩務員。

 

 

〇7枠14番 ミスマンマミーア(本橋孝太騎手、船橋・佐藤賢厩舎)

 

  北海道の重賞ウイナーで、南関東でも中央挑戦などに奮闘。休み明けを一度使ってどのくらい変わり身を見せてくれるでしょうか。昨日の羽田盃をヤマノファイトで優勝したばかりの本橋騎手が初騎乗。重賞常連・船橋の佐藤厩舎はグラヴィオーラと2頭出しです。

 

 「馬体重が増えていてくれれば……。内にササるようなところもあったからそれが改善してくれば、能力的なものではヒケを取らないと思う。頑張って欲しいね」(佐藤調教師)。

 

 ど派手なルックスもチャームポイント!!!

 

 

 

 担当は牝馬3冠馬チャームアスリープやミスミランダーの高橋厩務員。

 

 

 

〇8枠15番 シングンレガシイ(赤岡修次騎手、大井・三坂厩舎<小林>)

 

 シングンレガシイは北海道の名牝リードスキーの愛娘で、半兄にはロイヤルボスがいる地方にゆかり深い血統の持ち主です。昨年7月にデビュー以降、牡馬たちと対戦しながらも崩れることなく、ここまで一度も掲示板を外していません。詳しいことはこちら

 

 

 

 

 担当はユニティステージの千田厩務員。

 

 

 

〇8枠16番 レッドウルル(達城龍次騎手、大井・立花伸厩舎)

 

 昨年最後の開催に組まれていた新馬戦を快勝し、それ以降一度もワイド圏内を外していません。初めての重賞の舞台でどんな走りを見せるでしょうか?!

 

 「新馬戦は鮮やかな勝ち方をしてくれて、それ以降はチグハグな競馬になっていますが、血統的にも期待の大きい馬です。距離延長は鍵で、行きたがるところがあるのでペースは速くなってくれた方がいいですね。生え抜きでこういう舞台に立てることはとてもうれしいです」(立花調教師)。

 

 

 

 担当は熊谷厩務員。

 

 

 さぁ、東京プリンセス賞は20時10分発走です。みんな無事に、悔いのないように。

 

 


プロフィール
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode