<< まず1冠目!羽田盃、ヤマノファイト優勝! | main | 東京プリンセス賞について。パート2 >>

東京プリンセス賞について。パート1

 羽田盃の熱気冷めやらぬ中、今日は南関東牝馬クラシック2冠目の東京プリンセス賞が行われます。

 

 顔ぶれをご紹介していきましょう!

 

 

〇1枠1番 オールパスレル(本田正重騎手、浦和・平山厩舎)

 

 父は大井が生んだ名種牡馬ゴールドヘイロー。ここ数戦はもう少しの成績が続いているだけに、きっかけをつかみたい1戦です。「一息入れて立て直しを図った感じですが、間隔が空いているので息が持ってくれれば。フワフワして走るところがあるので、最後まで集中して走って欲しいです」(平山調教師)。

 

 

 

 担当は田中厩務員。

 

 

〇1枠2番 アティテュード(真島大輔騎手、川崎・林厩舎)

 

 関東オークス2着や戸塚記念優勝など、南関東でも大活躍したハーミアの初仔アティテュード。お母さんは惜しくも東京プリンセス賞には出走はできませんでしたが、その愛娘がこの舞台に登場することができたんです(涙)。しかも最後の1枠で……。こういう運も生かしたいところですね。

 

 お顔をひょっこり出して、こちらを覗いていたハーミアの愛娘。

 

 

 

 「前走の勝ちっぷりはよかったですし、中間調子を上げてきて、ここの舞台に立てるのはとても楽しみです。気分よくいくよりも、ためて脚をつかえれば」(林調教師)。

 

  担当は川端厩務員。

 

 

〇2枠3番 ベニアカリ(楢崎功祐騎手、浦和・酒井厩舎)

 

 今日が21戦目というキャリアが豊富な馬で、ここまでコツコツコツコツと走り続けてきました。隠れ猫(^^)/

 

 「前走は(他馬が)暴れていたことで敏感になってゲートも遅れてしまい、集中力を欠いてしまいました。具合は変わらないので、大井1800mではいかに流れにのって頑張れるかですね」(酒井調教師)。

 

 

 

 担当は木村厩務員。

 

 

〇2枠4番 ビクトリアペガサス(吉原寛人騎手、大井・宗形厩舎)

 

 ユングフラウ賞馬エターナルモールの宗形厩舎が、ここではビクトリアペガサスを送り出します。京浜盃では果敢に牡馬たちへ挑戦。ここまでの経験を生かしてどんな走りを見せるでしょうか。

 

 「状態は変わらずにきていて、ここは目標にしてきました。どこからでも競馬ができる自在な脚をもっていますが、あとは騎手の判断でどんな競馬になるかですね。地元の1800m戦は大崩れはないと思っています」(宗形調教師)。

 

 

 

 担当は菊地厩務員。

 

 

〇3枠5番 ストロングハート(森泰斗騎手、川崎・内田厩舎)

 

 北海道時代にはエーデルワイス賞などを勝ち、NARグランプリ2歳最優秀牝馬を受賞。南関東でも高いレベルで走り続けています。全姉はアップトゥユー。

 

 

 

 詳しいことはこちらで。

 

 担当はナターレなどの小竹厩務員です。

 

 

〇3枠6番 パパドプロス(矢野貴之騎手、大井・藤田厩舎)

 

 羽田盃を制したヤマノファイトと同じエスポワールシチー産駒。今回と同じ条件の特別戦を転厩初戦で快勝したばかりで、勢いにのります。

 

 「前走は途上の段階でも勝ってくれて、この東京プリンセス賞に向けても価値のある1勝だったと思います。前回は追い切りでもたつくようなところもありましたが、今回は自分からハミを取って動きも一変しました。前走は1800mで勝てているので、相手は強くなりますが、いい感じで使うことができます」(藤田調教師)。

 

 

 

 担当はエイシンヒートの岡崎厩務員。

 

 

〇4枠7番 プロミストリープ(御神本訓史騎手、大井・藤田厩舎)

 

 さぁさぁさぁ、桜花賞を圧勝したプロミストリープがここも満を持して参戦してきます。今回もどんな強さを見せるのでしょうか。詳しいことはこちらで。競馬に絶対はあるのか……競馬に絶対はないのか……。

 

 この後は東京ダービーを視野に入れているということです。昨日の羽田盃を優勝したヤマノファイトは同じ1800m戦を1分53秒7(不良)で駆けましたが、その辺りも興味深い。

 

 

 

 担当は外厩ミッドウェイファームの高木マネージャー。

 

 

〇4枠8番 グラヴィオーラ(今野忠成騎手、船橋・佐藤賢厩舎)

 

 北海道時代はエーデルワイス賞やリリーカップで2着になり、南関東では東京2歳優駿牝馬を優勝。打倒プロミストリープ1番手にいるのがこの馬でしょう。小さな体ですが根性たっぷり!

 

 母のカクテルラウンジは大井デビュー組で、盛岡遠征で芝の重賞ウイナーにもなった馬です。そんな母が10年前に走った同じ舞台に、愛娘も立ちます。

 

 ファンの方からプレゼントしてもらったメンコ(^^)/

 

 

 

 詳しいことはこちら

 

 担当は牝馬2冠馬テンセイフジを手掛けた青田厩務員。

 

 

 パート2に続く。

 

 

 

 


プロフィール
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode