<< 東京湾カップについて。 | main | 東京湾カップ他陣営を振り返る。 >>

東京湾カップ、クレイジーアクセル優勝!

 東京ダービートライアルレースの東京湾カップは、ご覧のメンバーによって争われました。

 

 

 

 全頭パドック↓

 

 

 優勝したのは、御神本訓史騎手が手綱を取った2番人気クレイジーアクセル(大井・渡邉和雄厩舎)。大井生え抜きの3歳牝馬で、これが重賞初制覇になりました。祖母の父が、先日亡くなったばかりのスペシャルウィークという血統。外厩馬として茨城県のミッドウェイファームでトレーニングを積んでいます。

 

 

 

 レース結果と動画

 

 クレイジーアクセルはスタートで躓き気味に出るも二の脚速くハナを切っていくと、最後まで渋太く粘る内容で快勝。勝ちタイムは1700m1分50秒7(やや重)。2着には矢野貴之騎手のユニバーサルサイト(船橋・佐藤裕太厩舎)。この2頭が、東京ダービーの優先出走権を手にすることになりました。

 

 

 

 栗毛のルックスがとってもきれいな馬ですね↓

 

 

 

 

 

 

 渡邉調教師

「地元のプリンセス賞とダブル登録で最後まで悩みましたが、結果が出せて本当にうれしいですね。新馬戦の頃とは打って変わって好スタートからハナの競馬が続いていたので、今日もハナにはこだわならくてもスムーズな競馬ができればいいなぁと思っていました。

 

 最初の一完歩目で躓いてドキッとしましたが、その後はうまくいきましたね。3歳になって肉がつくところについてきています」

 

 御神本騎手

「1頭強い馬がいましたが、どうにか一矢報いたいなぁと思っていました。ちょっと乗り難しいというか、スムーズな競馬をさせてあげられないことが多かったですが、そこだけは気をつけながら乗りました。

 

 ペースを流しながら進めていけて、相手がきたらもうひと伸びしてくれたので、ここ2走の内容よりも力をつけているなぁという印象を受けました。すごいエンジンのある馬で、それをどうやって制御しながらスムーズに走らせてあげられるか、成長しているし、伸びしろのいっぱいある馬です。さらに成長してくれば、もっと上でもやっていけると思います。

 

 ゴールデンウィーク中ということもあって、お客さんが多い中で結果を残せるのは、騎手としてもうれしいことですし、ファンや関係者の皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです」

 

 渡邉調教師のお話しでは、今後についてはこれから考えていくそうです。

 

 このキラキラした華やかなルックスも素敵〜☆

 

 

 

 

 

 

 東京湾カップ優勝おめでとうございます

 

 クレイジーアクセル 3歳牝馬

 

 馬主 市原高一様

 

 生産 川上牧場様(新冠)

 

 父 ロージズインメイ、母 ベアフルート、母父 サクラバクシンオー

 

 

 お帰りになる前のクレイジーアクセルをパチリっと。カメラ目線決まってますな。タテガミの色がホント素敵(^^) 担当の小黒厩務員にとっても重賞初制覇だそうです。お二方ともおめでとうございますっ!

 

 

 

 

 


プロフィール
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode