<< 名牝たちの馬碑が完成したそうです。 | main | かしわ記念のレープロだぁ!!! >>

南関競馬最初の新馬戦が始まりました。優勝はトーセンターコイズ!

 南関競馬の新馬戦が、今年は船橋から始まりました。

 

 2018年5月1日からスタート(^○^)

 

 イメージとして、浦和や大井が最初だったのですが、船橋から始まったのはいつ以来になるのだろう???ま、それはいいとしまして(^^;

 

 最初の新馬戦に集まったのはご覧のメンバー、デビューおめでとうございます!↓

 

 

 

 レース結果と動画

 

 レースは西村栄喜騎手のレベルフォーがダッシュよく飛び出して先手を取っていき、森泰斗騎手のトーセンターコイズが少し離れた2番手を追走。最後の直線に入ってもレベルフォーは粘っていましたが、トーセンターコイズも詰め寄ってきて、最後はトーセンターコイズがレベルフォーに4分の3馬身差をつけて優勝しました。

 

 勝ちタイムは1000m1分2秒7(良)。

 

 トーセンターコイズ 2歳牝馬

 

 馬主 島川隆哉様

 

 生産 エスティファーム様(日高町)

 

 父 トーセンブライト、母 トーセンビート、母父 クロフネ

 

 船橋・山中尊徳厩舎

 

 

 

 

 

 山中調教師

「一番うるさいのが馬屋と洗い場で、馬場に出るとすごく大人しい馬です。ただ、スイッチは持っている馬なので、余計なスイッチを入れないようにしながら、大事に大事に乗ってきました。3月中旬に入厩してこの最初の新馬戦を目指してきたので、ここを勝てたことは本当にうれしいですね。

 

 これから大事に育てていって、大きいレースを使っていきたいです。オーナーも中央でお持ちの方だし、跳びの軽い馬なので芝なども含めて、今後のことは考えていきたいと思います。体が小さいのでもっと成長して欲しいですね」

 

 森騎手

「新馬戦向きというタイプで、仕上がりはよかったです。4月のこの時点でこのタイムで走れているので、能力がないと走れません。前の馬のスピードが速かったのでおかれないようにっていう感じで追っていただけで、本来は気のいいタイプだと思います。

 

 体的には、センが細く見えるので、もっとがっちりしてくればいいかなぁと思います。性格的には大人しくて、とても乗りやすい馬です。みんなこういう馬ならいいのになと思うくらい、性格は超いい仔ですよ(笑)」

 

 

 

 

 

 そして、昨日もご紹介しましたが、南関東で長きに渡って走ったスズリスペクトの忘れ形見スズブルースカイ(船橋・渋谷厩舎)も無事にデビュー戦を終えました。

 

 

 

 これからも無事に長く走り続けて欲しいですね!

 

 


プロフィール
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode