<< 浦和競馬場2号スタンド完成図 | main | しらさぎ賞について。 >>

コーリンベリーが南関東に仲間入りをして初戦を迎えます。

 さぁ、2015年JBCスプリントと2016年東京スプリントなどを制しているダートスプリント界の女王コーリンベリーが、大井の的場直之厩舎所属になって初戦を迎えます。今日行われるしらさぎ賞に、御神本訓史騎手とのコンビで参戦。

 

 気の強さが天下一品であることは先日もお伝えしましたが。

 

 担当の鈴木厩務員のお話しでは、牝馬でも力強さが相当あって、調教が進むに連れて鉄の減りもどんどん速くなっているそうです。

 

 顔つきもカッコいいタイプ(^^)

 

 

 

 入厩以降も至って順調に調教は進め、このしらさぎ賞に向けてきたそうです。

 

 いつも調教に乗っているのは的場直之調教師。

 

 「スピードにのっていく時が、スーッとすごく速くて、追い切りで速く走らせた時はさすがです。スタートで五分に出てくれれば、先にいけるとスピードはあると思います。今年7歳ですが、去年の大井のJBCスプリント(勝ち馬から0.3秒差の6着)でもあれだけ走れているので。あとは浦和の小回りがどう出るかですが、地力の高い馬ですし、いい結果を出したいです」(的場調教師)。

 

 実績的にはずば抜けているコーリンベリーが、まだ結果を出していない浦和コースで、牝馬にとっては過酷な58キロを背負って、どんな走りをするのだろうと興味津々です。今回は52キロで出走してくる馬たちも多いので、その差は6キロ。条件を考えても、決して楽ではありません。でも、そこは、JBCスプリント覇者の意地とプライドで、クリアしてくれるでしょうか。

 

 

 


プロフィール
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode