<< マリーンカップの枠順発表。 | main | ルックスザットキル、種牡馬に!花嫁さん、絶賛募集中! >>

モダンウーマン、花嫁さんに。

 人間の世界でも、この時期は出会いと別れの多い季節。馬の世界も、ですね。今日は卒業していくお馬さんたちについてご紹介します。すごくすごく寂しいのですが。。。

 

 この世代の牝馬の主役として走り続けたモダンウーマン(川崎・佐々木仁厩舎)は現役生活を引退し、生まれ故郷の北海道・グランド牧場さんで繁殖生活に入りました。

 

 北海道の角川秀樹厩舎時代は地元の重賞・フルールカップ、リリーカップを優勝し、エーデルワイス賞2着。遠征競馬のローレル賞も完勝しました。その後は川崎の佐々木仁厩舎に移籍し、東京2歳優駿牝馬、ユングフラウ賞、桜花賞を優勝。2015年グランダムジャパン2歳シーズンを受賞。

 

 桜花賞は山崎誠士騎手とのコンビで優勝↓

 

 

 

 

 

 堀厩務員と↓

 

 

 

 「普段は大人しくて素直でとても扱いやすい馬でしたが、レースいっての根性はすごかったです。普段は全く入れ込まないのに、レースに行くと気持ちを全面に出して真逆。もう2度とこういう馬に出会えないんじゃないかなと思うくらいの器でした。本当にえらい馬だったし、頑張ってくれました」(佐々木調教師)。

 

 結果的には1月17日の船橋記念が最後のレースになりましたが、脚部不安からの1年ぶりの実戦でありながらも、優勝したアピアから0.5秒差の3着に入り、改めてすごい馬であることを実感しました。。。

 

 

 

 普段はとてもかわいらしい馬であることは、南関魂でもお伝えしていました。

 

 佐々木調教師撮影(^^)

 

 

 

 

 

 一般的にお馬さんたちは耳の中をいじくられるのは好きじゃないですが、モダンちゃんは佐々木調教師に何をされてもじ〜っとしてました(^^)

 

 

 

 北海道へ出発の日。YouTubeやTwitterには掲載していたので、こちらでも改めて。。。

 

 

ご愛嬌で(^^;

 

三つ編みモダンちゃん(^^)↓

 

 

ちょんまげモダンちゃん(^^)↓

 

 

リーゼント風モダンちゃん(^^)↓

 

 

 

 

 

モダンちゃんをはさんで、佐々木調教師と最後に担当していた栗栖厩務員↓

 

 

  

 

 出発。。。(:_;)

 

 

 モダンちゃんの走りを、もっともっと見たかったなぁというのは、ファンの皆さんはもちろん、関わってきた皆さんが思っていたことだと思います。モダンちゃんが完全な状態で短距離戦を走った時に、牡馬はもちろん、中央勢ともどれだけやれのだろう……と。その夢は、モダンちゃんの子供に託して……。

 

 モダンウーマン、お疲れ様でした。ありがとうございました!いつまでも幸せに!

 

 

 モダンウーマン 5歳牝馬

 

 馬主 (有) グランド牧場様

 

 生産 グランド牧場様(新ひだか町)

 

 父 サウスヴィグラス、母 スマートダズル、母父 スマートボーイ

 

 16戦8勝2着3回3着3回

(タイトル 桜花賞、東京2歳優駿牝馬、フルールカップ、リリーカップ、ローレル賞、ユングフラウ賞)

 

 


プロフィール
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode