<< 拜原靖之騎手について。 | main | 4月5日川崎騎手負傷について。 >>

クラウンカップについて。

 南関東クラシック一冠目・羽田盃のトライアルレース、クラウンカップ(川崎・1600m)。1着馬と2着馬が優先出走権を獲得することができます。

 

 今年のメンバーはこちら

 

 順不同で↓

 

〇サザンヴィグラス(吉原寛人騎手、川崎・河津厩舎)

「動きも素軽くなって気合ものってきて、状態は前走以上です。逃げなくても競馬はできると思いますが、スピードがあるのでそれを生かした競馬になるとは思います。現時点での力は出せる状態なので、いい結果を期待します」(河津調教師)。

 

〇マースインディ(笹川翼騎手、大井・阪本厩舎)

「この馬の調整はうまくいきました。左回りは問題ないと思いますが、初めての場所の雰囲気に戸惑わないといいです。前走は後ろからいきすぎましたが、中団前くらいにはつけて、この馬の競馬ができれば。終いの脚を長く使えるのがいいところですね」(阪本調教師)。

 

〇ミスターバッハ(石崎駿騎手、船橋・矢野厩舎)

「まだ幼いところはありますが、前走くらい走れる力のある馬です。どんな競馬でもできますが、気分よく走れないと嫌気を差してしまうので、今回も気持ちよく走って欲しいです」(森久保調教師補佐)。

 

〇ミスマンマミーア(森泰斗騎手、船橋・佐藤賢厩舎)

「ここまで馬体調整で間隔を空けて、馬はふっくらしてきました。中間に球節をひねったことで攻め馬を休み、追い切り本数が1本足りないかなという感じはしますね。左回りはスムーズだし、ダートも問題はありません。力自体はある馬なので、次に向けても頑張って欲しいです」(佐藤調教師)。

 

〇ヴオロス(瀧川寿希也騎手、船橋・稲益厩舎)

「ワンペースのところがあるので、思い切って前に行かせたいです」(稲益調教師)

 

〇ムシカリ(山崎誠士騎手、川崎・岩本厩舎)

「前走は不利があってもあれだけの走りをしてくれました。もまれてきてどんどん強くなってきている印象で、今回の追い切りも今までにない動きをしてくれています。羽田盃に向けてもいい走りをして欲しいですね」(岩本調教師)

 

〇デニストン(矢野貴之騎手、大井・佐野厩舎)

「前走は流れにのれていない感じがしました。(北海道時代に)1700mでも終いはジリジリ伸びていたし、マイルも問題ないと思っています。1200mの脚が使えればいいんですけどね。今回は試金石です」(佐野調教師)

 

ヴァンルモンテ(酒井忍騎手、浦和・薮口厩舎)

乗り役さんたちから言わせるとまだ一生懸命走っていない感じです。砂をかぶらない競馬のほうがいいですね。前がとまる展開になってくれれば」(薮口調教師)

 

〇エヌティプリンス(和田譲治騎手、船橋・佐々清厩舎)

「状態はいつもと変わりません。前がやりあって、終いを生かす競馬になってくれれば。胸を借りるつもりです」(佐々清厩舎)

 

 

 

 スプリングマン(左海誠二騎手、浦和・小久保厩舎)、マッドドッグ(本田正重騎手、船橋・佐藤裕厩舎)、ツキカゲ(真島大輔騎手、川崎・今井厩舎)、エスティローレル(見越彬央騎手、浦和・小久保厩舎)も頑張って欲しいですね!

 

 

 羽田盃への優先出走権をつかむのはどの馬たちかぁ?!

 

 発走は20時15分です。

 

 


プロフィール
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode