<< 答えは……。 | main | おぉぉ! >>

馬たちの近況・予定 パート2

 JBCスプリントや東京スプリントの覇者コーリンベリーが、大井の的場直之厩舎に仲間入りをしています。

 

 カメラにはこんな感じでかわいらしくポーズを取ってくださる女王ですが……

 

 

 

 普段は耳をしぼるのがお得意な7歳牝馬さん(^^;

 

 

 とてもとても気の強い馬だそうで、だからこそ、あれだけのビッグレースで牡馬たちをも一蹴してきたのでしょう。

 

 気になる今後ですが、4月18日の東京スプリント(大井・1200m)や4月25日しらさぎ賞(浦和・1400m)を視野に入れているそうです。

 

 

 さぁ、今年の南関東クラシック路線でどんな存在になっていくのか?!中央2戦2勝という成績を引っさげてやって来た牝馬のプロミストリープ(大井・藤田厩舎)。桜花賞と京浜盃の両にらみではあったそうですが、3月21日実施の桜花賞(浦和・1600m)に向かうことにしたそうです。鞍上は御神本訓史騎手予定。

 

 最近、ムサシキングオー(大井・栗田泰厩舎)のお姿をレースで見ておりません。。。勝島王冠前に左肩ハ行を発症し、厩舎で休養&調整をしてきました。3月27日の墨田川オープン(大井・1600m)から始動することになったそうで、その後は4月17日の新設重賞ブリリアントカップ(大井・2000m)に向かうそう 9歳になったムサキンくんが、まもなく登場、楽しみです!

 

 ロワジャルダン(大井・荒山厩舎<小林>)は3月25日のマーチS(中山・ダート1800m)へ真島大輔騎手とのコンビで出走。

 

 トロヴァオ(大井・荒山厩舎<小林>)はブリリアントカップに向けているそうです。

 

 リコーワルサー(大井・荒山厩舎<小林>)はリフレッシュ放牧から帰ってきて、3月28日の京浜盃(大井・1700m)へ。

 

 クロスケ(大井・柏木厩舎)もリフレッシュ放牧から戻り、京浜盃を視野に。

 

 セイスコーピオン(川崎・八木喜厩舎)は放牧休養中。

 

 ウマノジョー(大井・渡邉厩舎)は3月14日のダイオライト記念(船橋・2400m)に向けて調整中で、鞍上は御神本訓史騎手。

 

 

 馬たちは生き物です。予定は変更する場合もありますのでご了承ください。

 

 

 


プロフィール
カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode