<< 2月6日船橋開催出来事(南関魂版) | main | 2月7日船橋開催出来事<南関魂版> >>

報知グランプリカップについて。

 さぁ、報知グランプリカップが迫ってきました。豪華メンバーがそろったぁ!!!

 

 データ分析ができる枠順はこちら

 

 参考までに、ロワジャルダンとリッカルド、ケイアイレオーネについては、こちらに記事を書かせて頂いています。

 

〇1枠1番 ロワジャルダン(真島大輔騎手、大井・荒山厩舎<小林>)

「前走は今後に向けても手応えをつかめました。背中に疲れやすいところがありましたが治療などをして、今は硬さも取れて体を使って走れるようになりました。雪の影響などでこの中間は予定通りに行かないところもありましたが、コンディション自体は上がっています。

 

 前走よりも距離は合うだろうし、初コースも問題はないと思っています。最内枠に入りましたがもまれるような競馬も、中央時代のレースを見ても問題はないだろうと大輔とは話しをしていました。中央での実績を考えても楽しみな馬ですし、今度はこっちで復活させてあげたいです」(荒山調教師)

 

〇2枠2番 トーセンハルカゼ(和田譲治騎手、浦和・小久保厩舎) 外厩(エスティファーム小見川)

「雪でレースが取り止めになりましたが、馬は牧場でしっかり乗り込んできました。コース相性もいいし、そろそろタイトルが欲しいですね」(小久保調教師)

 

〇3枠3番 タイムズアロー(笹川翼騎手、船橋・川島厩舎)

「普段からへそを曲げるところのある馬ですが、追い切りの時計も動きも良かったです。気難しい馬なので気分がのって最後までやめずに走ってくれれば力はあります。今年10歳になりましたが年齢は感じさせません」(川島調教師)

 

〇3枠4番 ポイントプラス(川島正太郎騎手、船橋・林厩舎) *今回唯一の南関生え抜き馬。

「9歳になりましたが馬はまだ若々しいですよ。ここ最近は自分の走りができていないだけで、馬のコンディション的には問題ありません。終いを生かす競馬をさせたいです。意外性のある馬」(林調教師)

 

〇4枠5番 エンパイアペガサス(森泰斗騎手、浦和・平山厩舎)

「1月4日に入厩以降調整を続けてきました。いつも調教に乗っていますが、前は腰の緩さもありましたが、しっかりしてきた感じですね。去年勝たせて頂いた時よりもメンバーが上がっていますが、力のある馬ですし頑張って欲しいです」(平山調教師)

 

〇4枠6番 フィールザスマート(左海誠二騎手、船橋・林厩舎)

「前走は不利もあったりして負けてしまいましたが、こっちでもやれる適性があることはわかりました。気配はいいですが、距離適性なども含めて、今回は試金石でしょうね」(林調教師)

 

〇5枠7番 キャプテンキング(御神本訓史騎手、大井・的場厩舎)

昨年の羽田盃馬がここから始動。長期休養明け、初古馬&初コースなど乗り越えなくてはいけないことが多いレースになりますが、能力の高い馬。今後に向けたいい走りを期待したいと思います。

 

〇5枠8番 ケイアイレオーネ(的場文男騎手、大井・佐宗厩舎<小林>)

「前走は枠順が逆だったら……。1400mだったのでいつもより抑えた競馬をしてもらいましたが、最後は伸びてくれたので収穫はありました。スタートでモサッとするところがあるので普通にさえ切ってくれれば、いい走りはできると思います。

 

 雪の影響を受けそうな時は早めに追い切りをかけたり午後乗りをしたりして対応してきました。いい状態で変わらずに送り出せます。今年はダートグレードレースなどにも挑戦をさせて、NARグランプリで表彰されることを目標に取り組んでいきたいと思っています」(佐宗調教師)

 

〇6枠9番 イッシンドウタイ(吉原寛人騎手、川崎・内田厩舎)

「状態はいいけれども、なかなか結果に結びつかないですね。間隔を空けない方がいいタイプのようなので、今回の連闘は予定通りです。何とかきっかけをつかんで欲しいですね。チーク着用予定です」

 

〇6枠10番 リッカルド(矢野貴之騎手、船橋・佐藤裕厩舎)

「いつも調教に乗っていますが、やはり重賞を勝っている馬だなぁというのは背中から伝わってきます。背腰にデリケートなところがあるので、痛めないようにオーバーワークにならないように乗ってきました。転厩初戦ですが、思っていたよりもやれることはできたので、雰囲気は悪くないと思います。ここでどんな走りをみせてくれるか期待を持って送り出したいですね」(佐藤調教師)。

 

〇7枠11番 バルダッサーレ(五十嵐冬樹騎手、大井・中道厩舎)

2年前の東京ダービー馬。長期休養明け以降元気のない成績が続いているだけに、何とかきっかけをつかみたいところです。

 

〇7枠12番 タマモネイヴィー(山崎誠士騎手、浦和・小久保厩舎)

「川崎記念を使うつもりで調整をしてきたので、余計に一週乗れて万全の態勢で挑めます。最終追い切りも素軽かったですね。流れが向けば一気に動ける脚があるので、チャンスなんじゃないかな」(小久保調教師)

 

〇8枠13番 オメガスカイツリー(繁田健一騎手、川崎・内田厩舎)

「明け10歳ですが、馬は本当に若いですよ。前走2着に入りましたが、全く驚くことではなくて、このくらい走れていい馬です。今回も変わらずに状態はいいし、楽しみにしています」(内田調教師)

 

〇8枠14番 グレナディアーズ(今野忠成騎手、船橋・出川厩舎)

「具合は変わらずにいいですね。前走はこれまでの鬱憤を晴らしてくれるようないい走りをしてくれました。これまで、苦手な道悪馬場になったり、考えられないような大きな不利を受けたりしていたので、自分の走りができればこれだけ走れることを証明してくれました。今回も気分よくやめないで走って欲しいです」(出川調教師)

 

 

 全馬無事に!

 

 発走は16時15分。

 


プロフィール
カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode