<< 川崎記念出走馬のかわいい缶バッジ(^^) | main | 1月31日川崎開催出来事(南関魂版) >>

川崎記念について。

 川崎記念が近づいてまいりました。発走は16時10分。

 

 データ分析ができる枠順はこちらです。

 

 出走10頭中6頭が豪華な中央馬たち。

 

 南関東の大将格はもちろんディアドムス(岡部誠騎手、大井・森下厩舎)。中央時代は全日本2歳優駿と北海道2歳優駿を制し、現在は南関東の一員となり重賞連勝中。2走前の勝島王冠も前走の報知オールスターカップも、地力の違いというものをまざまざと見せつけています。やっぱりすごい馬です。。。

 

 

 

 今度は再び古巣・中央勢と、思い出深い川崎競馬場での戦い。

 

 前走後は傷腫れの影響で軽いフレグモーネを発症し、乗り出しは通常よりも3日〜4日ほどゆっくりだったそうですが、その後はここに向けて乗り込んできて、馬も元気だそう。最終追い切りもしっかり反応していて、内容としても良かったそうです。

 

 「中央の強い馬たちと現状でどのくらい走れるのかオーナーさんも見てみたいということでした。強い馬たちとやるとまたそれが力になります。自分のリズムを守って走れるように、あとは手の内に入っている岡部さんに任せたいです」(森下調教師)。

 

 

 

 さらに南関勢としては、

 

 イッシンドウタイ(赤岡修次騎手、川崎・内田厩舎)

 

 コスモカット(丹内祐次騎手、大井・宗形厩舎)

 

 キャッスルクラウン(中野省吾騎手、船橋・渋谷厩舎)

 

 が参戦。

 

 森泰斗騎手は中央のグレンツェントに騎乗します。

 

 

 

 場内には川崎記念の装飾がされていますよ〜!

 

 

 

 

 

 

 

 


プロフィール
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode