<< 南関東も2歳重賞がいよいよ始まる! | main | 10月11日川崎開催出来事 >>

鎌倉記念が行われます。

 南関東競馬でも、ついに2歳重賞が始まりますよ。

 

 地方交流戦の鎌倉記念(川崎・1500m)。

 

 これからの地方競馬を担っていく面々、いい走りを期待しています。

 

 絶好調の御神本訓史騎手が初めて手綱を取る目下2連勝中のシェーンリート(浦和・小久保厩舎)。関わる人たちがその素材に惚れ込んでいる逸材。

 

 「一追いごとに、動きや気配がよくなっている。体が減るようなこところもない。まだ成長過程ではあるけれど、現時点でも能力上位だと思っている」(小久保調教師)。

 

 前哨戦の若武者賞を優勝したゴールドパテック(山崎誠士騎手、川崎・岩本厩舎)。

 

 「2走前の5着だったレースは、55キロだったり、不利があって掛かってしまい力を出すことができなかった。逆にどんな競馬でもできる強みもあって、いい意味で驚かされているよ。ここはどんな走りをするのか楽しみだね」(岩本調教師)。

 

 八木(喜)厩舎は2頭出し。ポッドジゼル(増田充宏騎手)とセイヴェルビット(赤岡修次騎手)。前走はこの2頭がワンツーをクビ差で決めるという同厩舎同士の熱い対決になりました。

 

 「2頭ともまだこれからの馬だけど、現状でいい状態で送り出せると思います。それぞれいいモノがある馬たちだし、上位を狙って頑張りたい」(八木調教師)。

 

 森泰斗騎手が初エスコートとなるリコーワルサー(大井・荒山厩舎<小林>)。「前回は船橋に行って、今回は川崎と、それだけ期待をしているからこそのローテーションを組んでいます。前走はかなり不利があってのものなので度外視。気が小さいところはあるので、初めての環境でどんな走りをしてくれるか。能力はかなりある馬だと思っています」(荒山調教師)。

 

 そして、フリオーソとアイキャンデイの愛息トミノカモン(町田直希騎手、川崎・鈴木義厩舎)が、新馬戦圧勝後に2戦目での重賞レース。南関にゆかり深いこの仔の挑戦はワクワクしますね!

 

 「普段は大人しくてあまりやる気を見せないのですが、ゲートに入るとやる気を出すというか、オンオフの切り替えができる馬です。ただ、前走はソラを使うところもあったので、流れにのってどこまで走れるか。今回はチャレンジャーですが、いずれはこういう舞台で走れる馬だと思っています」(鈴木調教師)。

 

 

 ベニアカリ(藤江渉騎手、浦和・酒井厩舎)、パパドプロス(本田正重騎手、船橋・石井厩舎)、ウラルハーモニー(瀧川寿希也騎手、川崎・平田厩舎)も出走。

 

 北海道のマッドドッグには真島大輔騎手、同じく北海道のユニバーサルライトには期間限定騎乗中のライアン・クアトロ騎手が騎乗。

 

 発走は20時15分。

 

 


プロフィール
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode