<< 矢野貴之騎手の容体について。 | main | (追記あり)南関東の女王ララベル、キラキラ! >>

レディスプレリュード、クイーンマンボ優勝!

 先ほど行われたレディスプレリュード(大井・1800m)は中央・他地区から豪華メンバーが集結しました。この後のJBCレディスクラシックに向けても非常に大切な1戦。

 

 

 

 全頭パドック↓

 

 

 

 レース結果

 

 レース動画

 

 クリストフ・ルメ−ル騎手騎乗の1番人気クイーンマンボ(中央・角居勝彦厩舎)が圧勝しました。今年の関東オークスウィナーですが、前走は芝の重賞レースに挑戦し、再びダート路線へ。3歳馬ですが、古馬の先輩たちを抑えての優勝。

 

 

 レースは、東京プリンセス賞馬サルサクイーンの愛娘サルサディオーネが逃げる展開になり、2番手には南関東の女王ララベル、3番手にすかさずマイティティーがつけていき、クイーンマンボは4番手を追走。中団には砂の女王ホワイトフーガ。

 

 最後の直線ではララベルが先頭に立ちましたが、一瞬にしてクイーンマンボが外から抜き去ると、そのまま独走。激しい2着争いを尻目に、8馬身差をつける圧勝でした。勝ちタイムは1800m1分53秒1(良)。2着にはホワイトフーガ、3着がアンジュデジール、ララベルは4着。

 

 

 

 

角居調教師

「やはりダートの馬でしたね。前走は芝でしたが、今回はダートでパワーが必要なのでそのような仕上げをしてきました。状態はよかったし、いい競馬はしてくれるのではないかと思っていました。古馬を相手に力をつけています」

 

ルメール騎手

「楽勝でしたね。いいスタートを切って4番手につけてリラックスして走ってくれました。門別の時よりも最後の直線の反応もよかったです。ダートで一番強い牝馬だと思うし、G1を勝てる力はあります」

 

 次から次へと中央から砂のヒロインが誕生しますね。まだ3歳でこれほどの面々を相手に8馬身差は強すぎました。

 

 

 

 レディスプレリュード優勝おめでとうございます。

 

 クイーンマンボ 3歳牝馬

 

 馬主  (株) ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン様

 

 生産  グランド牧場様(新ひだか町)

 

 父 マンハッタンカフェ、母 スズカマンボ、母父 シンボリクリスエス

 

 中央・角居勝彦厩舎 

 

 

 

 

 東京プリンセス賞馬サルサクイーンの愛娘サルサディオーネ↓

 

 

今回は14着でしたが、巻き返して欲しいですね。

 

サルサクイーンの愛娘が、母が輝いた大井競馬場の大舞台で走りぬきました!

 

 

 

 詳しいレースリポートとコメントなどは、大井競馬ホームページ内の重賞コーナーで。

 

 


プロフィール
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode