<< (追記あり)小林の番猫 | main | ダービーウイークスタート!東京ダービー枠順決定。 >>

プルザトリガーの初仔が入厩!

 05エンプレス杯をはじめ3つの重賞ホルダー、プルザトリガー。05NARグランプリ最優秀牝馬に輝くなど大活躍しました。

 そんなプルザトリガーも、ついにママとして初めての仔を競馬場に送り込んでくれました。父アフリートの間に生まれた牡馬で、トリガーママと一緒の船橋・山浦厩舎所属です。名前がインパクト抜群で、「ロッパツノダンガン」になる予定。トリガーママの名前も「トリガー=引き金」なので、そこから取られたものだそうです。

 関係者の皆さんから「そっくり」と言われていたんですけど、本当に似ているんですよ。担当はトリガーママと一緒の柴崎厩務員なんですが、「気性のキツさも含めて、全部似ているよね(笑)」とニッコリ。

    ロッパツノダンガン


           ロッパツノダンガン


 27日に入厩したばかりで昨日29日から馬場入り開始。今は約435キロということで小柄なんですが、トリガーママ自身も現役時代は420キロ台で競馬をしたことがありましたが、最終的には50〜60キロ台に。この仔もこれからどう成長していくか楽しみです。

 今日は東京ダービーの本追い切りということもあって(同厩のチームドラゴン先輩も出走します)、たくさんの報道陣がつめかけていたんですが、ちょうど「ロッパツノダンガン」君(予定)のお披露目にもなりました。

 調教パートナーの山下騎手も「乗り味がいい」と褒めているそうですよぉ。山浦調教師のお話しでは、7月16日の船橋・能力試験を受ける方向で進めていくそうです。

 トリガーママは現役時代、腸ねん転になって、一時は生死をさまよいながらも奇跡的に助かったことでも知られています。それは重賞を勝つ前のことで、そこから快進撃が始まったというのも、不思議な部分です。助かったから本当によかったですが、もしその時亡くなっていたら・・・ロッパツ君ももちろんこの世には誕生していなかったわけで・・・出逢えたことに喜びを感じながら、今後のロッパツ君の活躍を期待しています!



 

プロフィール
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode