<< 東京モノレール動いています。 | main | 東京記念について。 >>

準重賞ゴールドジュニアーが終わりました。

 2歳馬による準重賞ゴールドジュニアー(大井・1400m)が行われました。

 

 優勝したのは、坂井英光騎手騎乗の6番人気クリスタルシルバー(大井・村上厩舎)。3番手からの差し切り勝ちで、1400m1分27秒8(重)でした。

 

 56キロの一番重い斤量を背負ったクロスケは中団から進出して、あと一歩届かず2着。逃げたポッドグレイシーは3着でした。

 

 

 

「(ゲートで一回出されたことについては)最初はうるさくて、一度ゲートから出されてから落ち着いたので、逆に運はよかったと思う。競馬を教える意味でももうひとつ下げて競馬はしたかったんだけど、他馬との兼ね合いであの位置に。最後はいっぱいでも(クロスケがきたら)また頑張って伸びてくれた。

 

 一生懸命だしセンスのある馬で、距離は延びてもいいね。前回は入れ込んでいたけど、今日はだいぶ落ち着いていた。いつも千田(千田洋騎手)が一生懸命に調教をつけてくれている馬」(坂井騎手)。

 

 

 この後は体も増やしていきたいそうですが、ハイセイコー記念も視野に入れていくそうです。

 

 2着のクロスケは他馬よりも2キロ重い56キロを背負いながらも、改めて力のあるところは証明してくれました。初騎乗だった真島大輔騎手は、「競馬が上手で道中の感じもよかった。最後も伸びてくれているし、斤量差がなければ勝っていたと思います」とのこと。

 

 クロスケもハイセイコー記念の優先出走権を手にしましたが、今後はどんなローテーションを組んでいくのでしょうか。

 

 

 

 クリスタルシルバーのお母さんは大井デビューのマルヨシロワインです。大井所属としても活躍しましたが、笠松でも息の長い走りをしていました。繁殖生活に入り、初仔がこのクリスタルシルバーです。立派ですね。

 

 マルヨシロワインの能力試験時、やっぱり黒っぽい芦毛さんでした。

 

 

 

 前髪がとっても少ないめちゃかわいい仔だったことが懐かしいです。

 

 

 マルヨシロワインの初仔クリスタルシルバーに、これからどんな未来が待っているのでしょうか。

 

 そして、クロスケの巻き返しも期待しています!

 

 


プロフィール
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode