<< 今日の1枚〜安藤洋一騎手〜 | main | 東京モノレールご利用の方は注意してください。 >>

先日の1枚〜加藤和博騎手〜

 南関魂なので、南関東全体の話題をお届けしております。

 

 浦和の加藤和博騎手はそもそも足利競馬場所属。北関東の若手の有望株として700勝以上、重賞もイーシーキングなどのコンビで制してきました。今ももちろんそうですが、当時を知る人たちも加藤騎手の技術の高さをよく口にしています。足利時代にはマカオで騎乗し2勝を挙げた経験もあり。

 

 足利競馬場廃止後に浦和競馬場へ移籍。

 

 加藤騎手は8月31日に門別競馬場で行われた重賞リリーカップにスポット参戦。北海道の山口竜一調教師はかつては宇都宮競馬場所属として騎手をしていました。そんな山口調教師からの騎乗依頼で、リリーカップではプリムラジュリアンの手綱を取って8着。その前のレースではセミプレナを見事勝利に導きました。

 

 「りゅうちゃんは北関東時代に宇都宮と足利だったけど、ゴルフや食事に行ったりして、かわいがってもらっていました。まさか、今こうやって呼んでもらえるとは思わなくて、うれしかったし、すごくいい経験をさせてもらいましたね。門別競馬場は初めて乗せてもらって、競馬はとても乗りやすかったです」(加藤騎手)。

 

 とても充実した遠征になったそうです。

 

 騎手生活24年目に突入。教養センターの同期(59期)で今も騎手を続けているのは、岩手の村上忍騎手と2人だけなんだそうです。

 

 「北関東ではリーディングを目指していました。今それを言ってもどうしようもないことですが。でも、40歳になって(9月25日で41歳)、もうひと花咲かせたいと思っています。もうちょい頑張ります」。

 

 

 

 

 加藤騎手と、「まだ40歳」「もう40歳」というお話しになったんですが。

 

 的場文男騎手の名言で、「まだ60歳だよ」と。

 

 ということで、加藤騎手もまだまだまだまだ40歳ということで(^-^)

 

 加藤騎手のこれからも、目が離せません!!!

 

 今後も遠征予定があるそうです。

 

 


プロフィール
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode