<< ラッキー! | main | 佐藤裕太調教師、重賞初制覇!!! >>

習志野きらっとスプリントが行われます。

 さぁ、スーパースプリントシリーズファイナルの地方交流戦・習志野きらっとスプリント(船橋1000m)が迫ってきました。

 

 中央からのバリバリオープンの移籍馬も多く、どんな戦いになるのでしょう。(参考記事

 

 川崎スパーキングスプリントを優勝し、ここに進めてきたフラットライナーズ(左海誠二騎手、船橋・林厩舎)。逃げる形に持ち込み、最後は5キロ軽い斤量のキョウエイアドニスに一度は出られましたが、また差し返した姿はフラットの意地とプライドを見せてもらったような気がします。改めて地力の高さを見せつけました。

 

 「根性がすごいよね。普段は扱いやすいけど、向かってくるとすごい(苦笑)。そういう気の強さはどんどん出てきた感じかな」と苦楽を共にしてきた眞保厩務員。

 

 2歳、3歳、4歳、5歳、南関東で4度目の夏を迎えたフラット。

 

 普段から、ザ・サラブレッドという感じで芸術品のような美しさ。

 

 

 

 去年はこの習志野きらっとスプリントで待望の重賞初勝利を挙げました。今年は是が非でも連覇を目指したいところ。

 

 「追い切りの動きはいいし、調子は前走よりもいいと思うよ。去年よりもパワーアップはしているし、思いっきりいって、あとはどこまで粘って抵抗できるかだね。中央からの転厩馬もいるけれど、意地を見せたい」(林調教師)。 

 

 

 一方、こちらも生え抜きのスアデラ(本田正重騎手、船橋・佐藤裕厩舎)。昨年はクラシック戦線で大活躍したのは記憶にも新しいでしょう。

 

 休養後は目下2連勝中。持ち前のスピードを生かして短距離路線に切り替え、1200mと1400m戦で圧勝。再び重賞の舞台へ上がります。

 

 

 

 「精神的に大人になりましたね。カイ食いはそこまで変わらないけど、今は実になってくれています。またこういう舞台に上がれるのはうれしいですよね」と、ナイキマドリードでもお馴染みの舟山厩務員。

 

 「枠順を見ても流れは向きそうですし、1000mは久しぶりですが(2戦2勝)、このメンバーとでもテンの行き脚は対応できると思っています。相手は上がりますがここでもいい勝負をしてくれると思って送り出します」と佐藤調教師。

 

 スアデラにとっても、佐藤裕太厩舎にとっても、待望の重賞初制覇になりますか?!

 

 

 南関勢はアフター5スター賞に向かう予定の馬たちもいるので、この後の短距離路線を見据える意味でもチェックしたいです。

 

 スーパースプリントシリーズファイナル優勝はどの馬に?!

 

 全人馬無事に。

 

 


プロフィール
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode