<< 美味しかったぁ。 | main | 遠征! >>

ユートカイザーのお孫さんがダービー馬に!

 先日園田競馬場で行われた兵庫ダービー(園田1870m)で、

 

 川原正一騎手が手綱を取ったブレイヴコールが優勝しました。

 

 お父さんはカルストンライトオ、お母さんは2005年から2009年まで大井で走った生え抜き馬シーフェアリー、母父も大井生え抜き種牡馬のユートカイザーなのです!!!

 

 南関東卒業生がダービー馬の母になったのはすごくうれしいですね。

 

 ユートカイザーも、1997年東京ダービーでは鷹見浩調教師が騎手時代に手綱を取り2着でした(優勝はサプライズパワー)。

 

 ユートカイザーは父としても活躍馬を送り出していて、代表馬はコラボスフィーダになるでしょうか。2008年東京ダービーはドリームスカイの3着。産駒のノゾミカイザーも2008年東海ダービーでタイム差なしの惜しい2着。

 

 ユートカイザーは自身も、父としても、ダービーを取ることはできませんでしたが、今度はおじいちゃんとしてダービーを取ることができた……。

 

 ちょうどその前日だったかな。このブレイヴコールの半弟にあたるトゥリパが園田競馬場の新馬戦を2着にきて、ユートカイザーの話題がツイッターでも出たところでした。

 

 またこういう形で、ユートカイザーの名前を聞くことができるのはとてもうれしいことです。そして、父になることができるのは本当に大変で、母父になることができるのは、さらにわずかな世界。ユートカイザーの血が続いているということも尊いです。

 

 改めて血のロマンを感じずにはいられない出来事でした。

 

 

 

 

 

 


プロフィール
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode