<< 東京プリンセス賞が行われます。パート2 | main | アップトゥユーは東京プリンセス賞2着。 >>

東京プリンセス賞、アンジュジョリー優勝!

 昨日行われた南関東牝馬クラシック2冠目・東京プリンセス賞は、笹川翼騎手エスコートの5番人気アンジュジョリー(浦和・小久保智厩舎)が優勝しました。前走はジーナフォンテン・メモリアルを圧勝したアンジュジョリー、念願の重賞初制覇です!

 

 普段厩舎にいる時の、アンジュジョリーと浦志厩務員。いつも洗い場ではメンコを着用(^-^)

 

 

 

 

 

全頭パドック↓

 

 

 

 

 

レース結果

 

レース動画

 

レースは逃げ宣言を出していたアップトゥユーがハナを切り、2番手には断然の1番人気に推されていたピンクドッグウッドがつけ、アンジュジョリーは4番手内目を追走していきました。そのままアップトゥユーのペースで進めていき、最後の直線に入ってそのまま押し切るかと思ったところで、ゴール前にアンジュジョリーが他馬止まって見えるかのような末脚を繰り出し、アタマ差交わしたところがゴール。勝ちタイムは1800m1分56秒3(良)。しびれる勝ち方でした。

 

 

 

 

 

 「人気の2頭に離され過ぎずついて行き過ぎず。直線で離れていなければとらえてくれると思っていました。残り100mくらいでは交わせないかな?と思ったんですが、前も止まっていたし、この馬の持ち味は末脚なので。最後は勢いがあったので勝ったと思ったんですが、内外離れていて確信はもてなかったのでガッツポーズはできませんでした。クラシックを勝ったのは初めてなので素直にうれしいです」(笹川騎手)

 

 「ずっと使っている割には状態も上がっていて、まだまだ上を目指せる馬」と小久保調教師。テレビインタビューで次走は関東オークスと話しをしていたのですが、その後に、東京ダービーも選択肢のひとつにあることを明言しました。

 

 

元テレビ局のADさんという経歴を持っている浦志厩務。人馬ともに念願の重賞初制覇!!!

 

 

 

詳しい振り返りと全頭コメントは、大井競馬ホームページ内の重賞コーナーに掲載致します。

 

 

東京プリンセス賞優勝おめでとうございます!

 

アンジュジョリー 3歳牝馬

 

馬主 竹下浩一様

 

生産 上水牧場様(むかわ町)

 

父 タートルボウル、母 マクシマール、母父 アグネスタキオン

 

浦和・小久保智厩舎

 

 


プロフィール
カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode