<< いつまでも見ていたい・・・ | main | ドリームスカイ、ディープサマー、フサイチジャンク >>

アジュディミツオーとフリオーソ

 
 さぁ、今日はかしわ記念!

 ここでは、昨日レース前日の2頭の様子をご覧頂きますねぇ。

 アジュディミツオーはいつものように他馬たちが馬場にいなくなった午前8時40分から最終調整を行いました。ダク1周キャンター2周で軽めに、とは言っても、ミツオーは跳びからして迫力満点ですからねぇ。かなりパワフルな走りを見せていましたよぉ。上がってきたときの様子↓

    アジュディミツオー

 調教パートナーの佐藤裕太騎手は「前走よりかなり良くなっていますね。いい頃のデキに近づいてきているし楽しみですよ」とニッコリ。

 1年の長期休み明け叩き3戦目になる帝王賞が、更なるコンディションアップが期待できるでしょうが、前走から叩き2戦目の今回も、変わり身というのは素晴らしいものがあるようです。

 メンバーは違えど、前走だってあれだけのパフォーマンスで走ってくれたんですから!ミツオーらしさを期待したいです。




 フリオーソは通常明るい時間帯での調整なんですが、昨日は朝4時台に最終調教を行いました。こちらも、ダク1周キャンター2周で軽めの調整だったそう。

 「これまでよりもパワーアップしていますね!調教パートナーとして、万全の状態で、無事にここまでこれてホッとしています」と川島正太郎騎手。

 ちょうど鉄を打ち替えてもらっているフリちゃんです↓

   フリオーソ

 単純な比較はできませんが、川崎記念ではカネヒキリと0,1秒差の2着。あの頃よりもパワーアップしている今・・・本当に楽しみでたまりません。

 あっ!フリちゃんはダイオライト記念はピンク色の装いで登場しましたが、波多野厩務員のお話しでは、今回もその装いを予定。次走からは、夏ヴァージョンを考えているそうですよ。




 南関東の大将アジュディミツオーとフリオーソの2頭が、そろっていいコンディションで強豪たちに向かっていけるということが、取材をしていても本当にうれしかったです。

 それに、またあとでお伝えしますが、ディープサマーもドリームスカイも状態は上向いているそうです(フサイチジャンクは転厩緒戦だから状態面の把握は難しいですが)。

 競馬は1頭で走るわけじゃないので、相手関係や展開やいろんな要素で勝負が決まります。でも、お馬さんたちの体調はキープさせることも本当に本当に大変なことなのに、この大一番に向けて、ミツオーもフリちゃんもディープもスカイも、みんな上向いて出走できるって、なんて素晴らしいことなんだろう〜って、今密かに感動しているところです・・・ 




プロフィール
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode