<< 4月20日大井開催出来事 | main | マリーンカップ、南関勢を振り返る。 >>

南関東にゆかりのある馬たちの仔が……。

 南関東にゆかりのある馬たちの仔が大活躍していますね。

 

 

 

 先週は、強い牝馬たちが集まったマリーンカップで、

 

 JBCレディスクラシック連覇中の女王ホワイトフーガ(中央・高木登厩舎)が蛯名正義騎手とのコンビで圧勝。

 

 道中は行きたがりながら、一番重い58キロを背負って、2着のララベルに3馬身差。

 

 女王の強さをまざまざと感じずにはいられませんでした。

 

 母マリーンウィナーは船橋競馬場が第二の故郷ですが、この思い出の地で、愛娘が船橋での重賞初制覇を飾ったことは話題になりました。マリーンウィナー、すごいお子様を誕生させましたね。

 

 ホワイトフーガも登場している全頭パドック↓

 

 

 レース結果

 

 レース動画

 

 

 

 コメント関係はウェブハロンを参考にしてください。

 

 

 ホワイトフーガはもちろんJBCレディスクラシック三連覇を目指すそうです。

 

 

 マリーンカップ優勝おめでとうございます!

 

ホワイトフーガ 5歳牝馬

 

馬主 西森鶴様

 

生産 梅田牧場様(浦河)

 

父 クロフネ、母 マリーンウィナー、母父 フジキセキ

 

中央・高木登厩舎

 

 

 


プロフィール
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode