<< 今日(3月14日)の開催出来事 | main | 皆さん、必見です! >>

ノットオーソリティ、お疲れ様でした。

 南関の牝馬戦線で大活躍してきたノットオーソリティ(船橋・川島厩舎)。

 

 昨日の柏の葉オープンの結果次第で今後を決めるということだったそうですが、

 

 結果的にはこのレースを最後に、生まれ故郷の社台ファームさんで繁殖入りすることになったそうです。

 

 共有オーナー様から、貴重なお写真を見せて頂きました。

 

 ノットの1歳時の写真だそうです。

 

 きれいなグレー。

 

 このかわいい女の仔が、ゆくゆくは南関の女王として君臨するようになるのですね。

 

 北海道では田中淳司厩舎に所属し、重賞2勝、エーデルワイス賞4着。そのまま鳴り物入りで南関東に移籍をし、そこまでの戦績からも、『第二のクラーベセクレタ』と呼ばれたこともありました。

 

 しかし、予想外のアクシデントにたびたび襲われました。断然の1番人気に推されながらも、東京2歳優駿牝馬は大きく躓き5着。桜花賞はゲート裏の輪乗り中ラチに接触して負傷したため競走除外。戸塚記念は舌を巻きこみ10着。

 

 ロジータ記念はこれまでの鬱憤を晴らすかのような鮮やかな勝利を挙げました。ついにつかんだS1のタイトル。

 

 

 

 ここから、東京シンデレラマイル、しらさぎ賞と重賞3連勝を飾り、悲劇のヒロインから南関の女王へ。

 

 その後もクイーン賞3着になるなど果敢に戦い続けました。

 

 

 そして、結果的にはラストランとなった柏の葉オープン。↓

 

 

 

 初めて手綱を取った森泰斗騎手、苦楽を共にしてきた多田厩務員、お手伝いの小倉厩務員。

 

 持ち前のスピードを生かしてハナを奪うも、最後は9着……。結果は残念でしたが立派に走り抜きました。

 

 

 

 レース後は馬主様たちと記念撮影。

 

 川崎、大井、浦和で重賞勝ちはあるものの、地元船橋では勝ったことがなかったのです。

 

 船橋では初めての口取りと、馬主さんは言っていました。

 

   

 今度は母として……。

 

 ノット、お疲れ様でした!

 

 

 

 ノットオーソリティ 6歳牝馬

 

 馬主 社台オーナーズクラブ様

 

 生産 社台ファーム様(千歳)

 

 父 スウェプトオーヴァーボード、母 フレンドリーマナー、母父 サンデーサイレンス

 

 重賞タイトル 栄冠賞、フローラルカップ(ともに北海道時代)、ロジータ記念、東京シンデレラマイル、しらさぎ賞、ユングフラウ賞

 

 23戦8勝2着1回3着2回

 

 北海道・田中淳司厩舎⇒船橋・川島正行厩舎⇒川島正一厩舎

 

 

 


プロフィール
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode