<< 今日(3月1日)の出来事 | main | エンプレス杯、南関勢を振り返る。 >>

エンプレス杯、ワンミリオンス優勝。

 エンプレス杯は戸崎圭太騎手エスコートの1番人気ワンミリオンス(中央・小崎憲厩舎)が優勝しました。TCK女王盃に続いて重賞連勝。またまたゴールドアリュール産駒の勝利です。

 

 

パドック全頭動画↓

 

 

 

 

 

 

 

レース結果

 

レース動画

 

 レースはリンダリンダが逃げる展開になり、ワンミリオンスは3、4番手を追走。スタンド前を通過する際、森泰斗騎手のヴィータアレグリアがスーッと上がっていって先頭に立つと、すかさずワンミリオンスも2番手へ。

 

 最後の直線では、ワンミリオンスがヴィータアレグリアを抜き去って先頭に変わると、そのままジワジワ後続馬を突き放していきました。2着に入ったリンダリンダに2馬身差をつける完勝。2100m2分17秒(良)で、この距離になって18年で2番目に遅いタイムです。

 

 

戸崎騎手

「馬が強いのはわかっていたので、あとは僕自身かなと。スタートも出てくれて、位置取りは前目でと思っていて、ペースは遅かったんですが折り合いもついていました。(ヴィータアレグリアが上がっていった時は)動ける位置にいたかったのでついていきました。終始手応えも、直線のステッキの反応もよかったです。もまれてもひるまないし、安定性のある走りで、どんな競馬でもできるのがいいところですね」

 

小崎調教師

「想像以上に頑張ってくれている偉い仔ですね。前回もそうですが今回も距離だけは気になりましたが、理想的な競馬になりました。トモもしっかりしてきて、ゆっくりですが成長してきていて、また期待はできると思います」

 

この後はマリーンカップを予定していて、今年の大目標はJBCレディスクラシックの予定ということです。

 

 

 エンプレス杯優勝おめでとうございます!

 

 馬主 (有) サンデーレーシング様

 

 生産  ノーザンファーム様(安平町)

 

 父 ゴールドアリュール、母  シーズインポッシブル、母父 Yankee Victor

 

 中央・小崎憲厩舎

 

 

 


プロフィール
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode