<< 昨日の1枚〜アピア〜 | main | 平瀬城久騎手、今日が期間限定ラスト騎乗! >>

準重賞雲取賞が終わりました。

 京浜盃トライアルの準重賞雲取賞。

 

 参考までに全頭パドックを↓

 

 

 優先出走権は、

 

 カンムル(浦和・小久保厩舎)、バリスコア@フリオーソ(川崎・岩本厩舎)、ティーケーグラス(川崎・八木仁厩舎)の3頭が取りました!

 

 レース結果

 

 レース動画

 

 バンドオンザランが抜群のスピードで先手を取っていくと、2番手には放牧休養明けのマルヒロナッツオー、3番手にバリスコアがつけ、カンムルはその後ろを追走。ポツンと離れたところからティーケーグラスが進めていきました。

 

 カンムルは3〜4コーナーから一気に進出していくと、4コーナーに入るところでは先頭に並びかけ、直線で後続を突き放していき余力たっぷりにフィニッシュ。2着のバリスコアに3馬身半差をつける完勝でした。タイムは1600m1分42秒4(良)。

 

 

 

 「ニューイヤーカップで力のあるところは見せてくれていたので感触はつかんでいました。今日はカリカリしていたところもありましたが、追い出してからの反応はよかったです。さらに外回りコースの方が合うと思うし、(距離延長も)問題はないですね」(吉原寛人騎手)。

 

 吉原騎手はこれで地方通算1995勝目。

 

 

 2着はフリオーソ産駒のバリスコア。フリオーソ産駒、クラシック出走へ一歩近づきました!

 

 

 

「思っていた以上に頑張ってくれましたが、3〜4コーナーでまくれた時に置かれたのが残念でした。まだ上積みはあるし、乗りやすい馬です。フリオーソ産駒がクラシックに出走できたらいいですよね!」(山崎誠士騎手)。

 

 

 3着は一番の上がり37秒8の脚を使ったティーケーグラスでした。

 

 

石崎駿騎手は外回りの方が持ち味を発揮しやすいという内容のお話しをされていました。

 

 

 クラシック前哨戦の京浜盃(大井1700m)は3月22日に行われます。

 

 

 

 


プロフィール
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode