トーセンアドミラルが今から登場しますよ!

 マイルグランプリなど3つのタイトルを取ったトーセンアドミラル。

 

 現在は引退し、福島県の前田ステーブルで第二の生活を始めていて、野馬追に出場するお馬さんとして頑張っています。

 

 大井競馬のホームページで発表されていますが、今日の野馬追イベントについてはこちらに出ていますね。

 

 久しぶりのアドちゃん↓

 

 

 

 

 先日、地元の野馬追のお祭りがありましたが、それから数日お休みして、またこの大井競馬場の甲冑競馬の実演に向けてトレーニングを続けてきたそうですよ。

 

 こういう形での南関東にお里帰りするのはとてもうれしいです。

 

 久しぶりの競馬場ですけど、どっしりして落ち着き払っていました。

 

 さぁ、これから始まる野馬追イベントが楽しみです。わくわく!

 

 


アブクマポーロだぁ!

 南関東の偉大なる名馬アブクマポーロ。

 

 1998年の帝王賞を制してから、もう19年が経とうとしているのですね。。。

 

 ポーロの今のお姿が引退名馬さんのこちらのページでご覧になれますよ。

 

 現在は北海道石狩市のオーフルホースコミューンさんで功労馬として暮らしています。

 

 ポーロも今年25歳になり、すっかりおじいちゃんの雰囲気になりましたが、

 

 この年齢まで、ちゃんとしっかり時間を重ねていっていることが、本当に偉大なことです。 

 

 いつまでも幸せに、長生きして欲しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


南関生え抜き卒業生コウギョウダグラス、奮闘中。

 2009年7月24日に大井競馬場からデビューしたコウギョウダグラス(大井・松浦裕之厩舎)。

 

 

 

 

 

 

 

  大切に育てられていきながら、A1まで出世し、重賞レースでもお馴染みの馬でしたね。個性派で、短距離の追い込み型。

 

 9歳になってからもフジノウェーブ記念で3着に入るなど、10歳になっても南関にいられる権利はあったのですが、佐賀へ移籍することになりました。

 

 遡ると、昨年の師走オープンが南関卒業レースとなり、自身初のマイル戦。

 

 

 

 

苦楽を共にしてきた手塚厩務員がエスコート。

 

 

 

 

無事に立派に走り抜きました。

 

 

 

 

 そんなコウギョウダグラスはすでに佐賀競馬場で走っています。重賞レースで2戦とも2着。

 

 特に、昨日の鏡山賞はなんと2000mの距離を走り、期間限定騎乗中の岡村健司騎手を背に2着でした(優勝は南関卒業生のマサヤ)。ダグラスが2000m?!新鮮だけど、走り方はダグラスらしくてやっぱりかっこいいなぁって。動画はこちらです。大井時代に管理していた松浦調教師も応援に駆けつけたそうです。

 

 重賞初制覇を目指して頑張って欲しいです。ダグラス、これからも無事に走り続けてください!

 

 


ポッドガイが中央移籍初戦を迎えます。

 2015年鎌倉記念を無敗で制したポッドガイ。

 

 明日というか今日になりましたが、

 

 中山11レースのポルックスステークス(ダート1800m)に、津村明秀騎手の手綱で参戦しますね。

 

 中央移籍初戦、どんな走りを見せてくれるのでしょうか。

 

 何より無事に。。。


羽田盃馬シーズザゴールド、新天地で頑張っているそうです!

 2010年羽田盃馬シーズザゴールド(大井・荒山勝徳厩舎<小林>)。その後は船橋の川島正行厩舎に移籍し、2013年報知オールスターカップを制しました。

 

 

 

 

 

 

 南関東卒業後は金沢へ移籍。

 

 あまり元気のない成績が続き、地方競馬を抹消になり、どうしているんだろうと思っていたのですが……。

 

 

 今は新しいオーナー様と出会い、三重県桑名市の平八郎ファームさんで過ごし、地元の草競馬大会に出たり、若者たちの練習相手になっているそうです。「すばらしい馬」(平八郎ファームさん)と褒められています。

 

 いっかわこーたんさんから貴重な写真を提供して頂きました。

 

 以前の大会で、イッカワゴールドという新しい名前(現在は再びシーズザゴールドの名前に)で出場し、見事優勝したそうです!!!

 

 シーズがまた肩掛けしてる。。。感動して泣けてきます(涙)。

 

 

 

 次は11月20日(日)に行われる多度秋季草競馬大会に出場予定とのことです。(馬たちは生き物です。予定は変更する場合もありますのでご了承ください)

 

 

 で、さらには映画俳優さんとしてもデビューしたそうで(^-^)

 

 「日本で一番悪い奴ら」という映画で、なんと、綾野剛さんと共演し、シーズの出番は3秒だったそうですが(笑)、いやいや、立派なお勤めです(^-^)

 

 ということで、シーズも元気に過ごしていて本当によかったです。

 

 シーズ、いつまでも元気でね!会いたい(^-^)

 


フォーティファイド、新天地で頑張っているそうです。

 女傑ファストフレンド産駒で初めて記念すべき重賞タイトルをプレゼントした孝行息子のフォーティファイド。

 

 ポッコリお腹がトレードマーク。

 

 

 

 

 

 2013年大井記念優勝と2014年金盃優勝(当時は藤田輝信厩舎、その後は渡邉和雄厩舎)。

 

 外厩馬として茨城県のミッドウェイファームでトレーニングを積んできて、11歳まで走り続けました。

 

 今年6月の武蔵野オープン(8着)を最後に引退し、

 

 今は福島県相馬市で野馬追をしている佐藤信幸さんのところで元気に過ごしているそうです。

 

 佐藤さんとお話しをさせて頂いたのですが、

 

 今もポッコリお腹は健在だそうで(^-^)

 

 11月13日に行われる茨城県の坂東市のお祭りに、甲冑騎馬武者お行列に参加予定とのことですよ。毎朝野馬追のトレーニングも積んでいるそうです。(馬たちは生き物です。予定は変更する場合もありますのでご了承ください)

 

 元気に過ごしていることがわかって本当によかったです。

 

 知人たちにもご協力頂きましてありがとうございましたm(__)m

 

 フォーティ、新天地での活躍を期待しております!

 

 


マキバスナイパー、安らかに。

 船橋生え抜き馬マキバスナイパー。

 

 帝王賞や浦和記念、日本テレビ盃、グランドチャンピオン2000などを優勝(南関東重賞10勝、遠征の岩手重賞1勝)。第一回JBCクラシックはロジータの孫レギュラーメンバーと死闘を演じ、タイム差なしの2着。

 

 ここに書ききれないくらいの素晴らしい功績を残しました。

 

 そんなスナイパーが9月15日に亡くなったと、引退名馬のページに出ていました。21歳でした。

 

 余生は福島県で過ごしていて、東日本大震災時は警戒区域に指定された福島第一原発から半径20キロ圏内にいたため、立ち入りが禁止になる数日前に、心優しい人たちに助け出されたということを伺ったことがあります。

 

 その後も元気に過ごしていて、

 

 数年前に会いに行ったときのスナイパーが、結果的には最後になってしまいました。。。

 

 

 

 

 

 

 

 大きくて、ぬくぬくしていて、穏やかでした。

 

 とても温かくて優しい時間が流れていました。

 

 

 今は亡くなったことを聞いたばかりでうまくまとめられないのですが……。

 

 マキバスナイパーという偉大な馬がいたこと、これからも忘れません。

 

 大切な人たちと、天国でゆっくりと過ごしてください。

 

 

 

 今、すごくすごく、寂しいです。。。それだけ、マキバスナイパーの存在が大きすぎたんだなぁって。。。

 

 


フリオーソ、地方ファーストシーズンサイアーランキングトップ!

 最近のマイブームは、全国いるフリオーソ産駒の勝ち鞍をチェックすることなのですが(笑)。

 

 今日の朝までの段階で、産駒15頭の勝ち上がりですよ。

 

 逃げたり差したり、いろんな脚質の仔が出ている印象で、

 

 まだ勝っていない馬でも2着、3着が多いという……。

 

 ということで、まだまだこれから勝ち上がる仔が増えてくることを期待しています。

 

 先ほどダーレーさんのツイッターで、

 

 フリオーソが現在の地方ファーストシーズンサイアーランキングにおいてトップであることが紹介されていましたよ。

 

 すごい!!!

 

 写真は現役時代のフリオーソ。ボール遊びをしていた時期もあり、遊んだあとはボールがボコボコに潰れていたのも懐かしい(*^。^*)

 

 

 

 

 

 

 

フリオーソはもちろん、アジュディミツオーも父として頑張っています。

 

現役時代にあれだけの夢や希望を与えてくれた2頭が、父になってからも楽しみを与えてくれてる……。

 

 

 

*なお、フリオーソ産駒は今年デビューということもあり、マイブームで勝ち上がり産駒をチェックしているのですが。この南関魂でフリオーソばかり綴るのも……と思い、わたしの個人ツイッターで勝ち上がりメモは紹介しています。興味のある方は見てくださいね。どんどん更新していけるといいな。

 

 

 


アジュディミツオーが藤川ファームさんに帰ってきました!

 南関東の、地方競馬の、希代なる名馬アジュディミツオー。

 

 現役引退後は北海道のアロースタッドさんで種牡馬生活を送っていましたが、

 

 藤川ファームの藤川尚貴社長のお話しでは、先ほどミツオーが帰ってきたそうです!!

 

 アロースタッドさんは藤川ファームさんから車で5分くらいの近距離だったんですが、こうやって生まれた場所に帰ってきたのは本当に久しぶりのこと。

 

 お写真も提供して頂きました。ありがとうございます!

 

 ミツオーだ(涙)。

 

  

 

 

 

 今の時代になって、改めて、ミツオーの偉大さを痛感する日々です(涙)。

 

 ミツオー、夢や希望をありがとう(涙)。

 

 ほんと、いっぱいいっぱいありがとう(涙)。

 

 ミツオーも今年15歳、長生きしてね。

 

 

 競走馬が生まれた場所に帰ってこれるのはほんの一握りです。ミツオーの目には、久しぶりの故郷はどんな風に見えているのかな……。

 

 引き続き種牡馬生活を続ける予定だそうで、今年は九州ダービー栄城賞で愛娘のオダツが2着になるなど奮闘中。南関東でもソウブテイオーやイチネンセイが活躍していますね!

 

 現役時代から超肉食ちっくなミツオーなので……藤川ファームさん、お怪我には十分にお気をつけてm(__)m

 

 藤川社長のフェイスブックによると、早々に馬運車やムクチを破壊したようで……(;´・ω・)

 

 

 なお、夏休みに入って牧場見学をされているファンの方も多いと思います。見学の際は競走馬のふるさと案内所にお問い合わせの上よろしくお願いします。

 

 わたしも、ミツオーに会いたいです!

 

 

 


ギャンブルオンミーも元気のようです(^^)/

 ロイヤルボスら南関卒業生の話題はこちらです。

 

 その流れから、ギャンブルオンミーの話題も。

 

 2008年の東京湾カップと黒潮盃を優勝した船橋のギャンブルオンミー。

 

 現役引退後は鹿児島県の乗馬クラブへ行きました。

 

 Twitterでファンの方が、ギャンブルオンミーの現在の様子を綴る動画を教えてくださったんですよ!  

 

 鹿児島県薩摩川内市の乗馬クラブにいて、ギャンブルオンミーがジャンプしてるぅぅぅ\(^o^)/

 

 去年4月に公開されたもの(ガラケーの方)↓

 

 

 今年5月に公開されたもの(ガラケーの方)↓

 

 すごく上手になっていますね(≧▽≦)

 

 今のお仕事を頑張っているんだなぁって感動しました!

 

 

 乗馬クラブさんのYouTubeはこちらなので、またギャンブルオンミーのジャンプしている最新の様子が見られるかもしれませんね。

 

 Twitterで教えてくださった方、ありがとうございました!

 

 

 

 


プロフィール
カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode