浦和競馬場なう。

 オーバルスプリントが刻々と迫ってまいりました。

 

 今回のポスターも、すごい素敵。凛々しくて愛らしいお馬さんが登場しております。

 

 

 

 場内では、いろんな地域密着グルメが販売されていますよ。

 

 そんな時にバッタリお会いしたこのゆるキャラさんは?!

 

 

 

 テレビ埼玉マスコットキャラクターのテレ玉くんなんですって!!!

 

 真ん丸でかわいかったです(^^)

 

 

 浦和競馬場もすっかり涼しくなって秋ですね〜☆

 

 

 

  


9月19日浦和開催出来事

 <騎乗変更>

 

 今日はこちらでも表記されているように、矢野貴之騎手と本田正重騎手が疾病で乗り替わりました。

 

 負傷に関して、高橋利幸騎手は調教中に落馬をし、左ひじの外傷を負ってお休みしたそうです。

 

 お大事にしてください。

 

 

 <競走中止>

 

 浦和6レースで、秋元耕成騎手騎乗のシェナライジン(浦和・冨田厩舎)が3〜4コーナーで競走中止。

 

 シェナライジンは左前球節部骨折により、亡くなったそうです。

 

 ご冥福をお祈りします。

 

 

 秋元騎手はその後のレースも騎乗しています。

 

 

 記事協力 浦和競馬

 

 

 

 


浦和開催が始まります!

 おはようございます。

 

 南関競馬は3日間お休みでしたが、昨日は中山競馬場のセントライト記念に、御神本訓史騎手の手綱でブラックロード(船橋・矢野厩舎)が参戦して15着でした。お疲れ様でした!

 

 

 さぁ、今日から22日までは浦和開催です!!!

 

 イベント関係などは、こちらをご覧ください。

 

 明日行われるオーバルスプリントに出走するブルドッグボス(左海誠二騎手、浦和・小久保厩舎)の最終追い切り動画はこちらです。

 

 ピンクメンコがタマモマズルカ(騎乗者 橋厩務員)、ブルー&白がブルドッグボス(騎乗者 橋本直哉騎手)↓

 

 

 追い切り時計は競馬専門紙さんをご覧ください。間近に見ていて、強め程度とは言え、ものすごい迫力で圧倒されてしまいました。

 

 先日の2号スタンドはこういう感じでしたが……。

 

 

 新スタンド建設に向けて、このスタンドは取り壊されます。

 

 慣れ親しんだこの2号スタンドの姿を見ることができるのもあとわずか。

 

 この姿は見ることができるのも今だけですよ!

 

 


1000勝、小久保智調教師。そして……。

 

 先日、南関東のリーディング・浦和の小久保智調教師を大井競馬場の事務所で発見(^^)

 

 いつも持ち歩いている愛用のiPadは、小久保調教師のノート代わりなんだそうです。

 

 所属馬の入退厩などのデータも、何年にも渡って綴られているそうですよ。

 

 そっか、ノートなら何冊にも渡っちゃうけど、iPadならこれひとつなんですね。

 

 時にはゲームをしたりの気分転換も(^^) 

 

 お仕事をする上で、リフレッシュも大切です。

 

 この時は、ちょうどお仕事中で、所属馬一覧を見て大井開催に使うお馬さんたちの確認をされていました。

 

 

 

 小久保厩舎は、8月の浦和開催中に、ビットアリエスで地方通算1000勝を達成したばかり。

 

 南関東の現役調教師としては3人目で、45歳での1000勝というのは南関東史上最年少になると思われます。開業して13年目での快挙。

 

 「もう感謝しかないですよね。競馬は個人競技ではないので、1000勝は僕の数字ではありません。オーナーと馬の数字です。

 

 ただ、僕の中では記録は特に意識していなくて、記憶に残る競馬をしていきたいと思っています」(小久調教師)。

 

 G1制覇をしたいことや海外競馬に目を向けたいことをおっしゃっていました。

 

 浦和に小久保厩舎がある、

 

 南関東には小久保厩舎がある、

 

 ほんと、楽しませて頂いています(^^)/

 

 

 

 

 なお、23日に埼玉県内のホテルで1000勝祝賀会が行われるそうですが、

 

 ななんと!!!

 

 ファンの方も10組20名をご招待されるそうです。

 

 これはすごですね。

 

 ファンの皆さん、必見。

 

 締め切りも近いようなので急いでくださいね。

 

 詳しくはこちら

 

 


パカパカコバトン潜入。

 今日で大井開催が終わると、来週19日(火)からは浦和開催。

 

 20日にはオーバルスプリント(浦和1400m)が行われます。

 

 クラスターカップを制したブルドッグボス(浦和・小久保厩舎)が登場予定。

 

 涼しくなって馬の状態もさらにアップしているそうで、元気いっぱいなんだそうです。

 

 最終追い切りもタマモマズルカと併せて抜群の動きを見せていました。

 

 調教パートナーの橋本直哉騎手を背に強め程度だったのですが、迫力たっぷりの走りには圧倒されてしまいました。

 

 動画や詳しいリポートは改めてアップします。

 

 

 

 その様子を見にきた、浦和競馬場で絶賛発売中のパカパカコバトン(^^)

 

 

 

 

 青白メンコがブルドッグボス、ピンクメンコがタマモマズルカ↓

 

 

 

 オーバルスプリントは南関勢の勝利を見せて欲しいですね!

 

 

 「ブルちゃん、サトノタイガーさん、リアライズリンクスくん、浦和馬たちがんばれ〜!」by パカパカコバトン

 

 


浦和競馬場なう。

 おはようございます。

 

 浦和競馬場は大井競馬場外発売中。

 

 

 

 2号スタンドの足場が組み立てられています。

 

 いよいよ。。。

 

 

 

おおおおっ!

 

 

 


先日の1枚〜加藤和博騎手〜

 南関魂なので、南関東全体の話題をお届けしております。

 

 浦和の加藤和博騎手はそもそも足利競馬場所属。北関東の若手の有望株として700勝以上、重賞もイーシーキングなどのコンビで制してきました。今ももちろんそうですが、当時を知る人たちも加藤騎手の技術の高さをよく口にしています。足利時代にはマカオで騎乗し2勝を挙げた経験もあり。

 

 足利競馬場廃止後に浦和競馬場へ移籍。

 

 加藤騎手は8月31日に門別競馬場で行われた重賞リリーカップにスポット参戦。北海道の山口竜一調教師はかつては宇都宮競馬場所属として騎手をしていました。そんな山口調教師からの騎乗依頼で、リリーカップではプリムラジュリアンの手綱を取って8着。その前のレースではセミプレナを見事勝利に導きました。

 

 「りゅうちゃんは北関東時代に宇都宮と足利だったけど、ゴルフや食事に行ったりして、かわいがってもらっていました。まさか、今こうやって呼んでもらえるとは思わなくて、うれしかったし、すごくいい経験をさせてもらいましたね。門別競馬場は初めて乗せてもらって、競馬はとても乗りやすかったです」(加藤騎手)。

 

 とても充実した遠征になったそうです。

 

 騎手生活24年目に突入。教養センターの同期(59期)で今も騎手を続けているのは、岩手の村上忍騎手と2人だけなんだそうです。

 

 「北関東ではリーディングを目指していました。今それを言ってもどうしようもないことですが。でも、40歳になって(9月25日で41歳)、もうひと花咲かせたいと思っています。もうちょい頑張ります」。

 

 

 

 

 加藤騎手と、「まだ40歳」「もう40歳」というお話しになったんですが。

 

 的場文男騎手の名言で、「まだ60歳だよ」と。

 

 ということで、加藤騎手もまだまだまだまだ40歳ということで(^-^)

 

 加藤騎手のこれからも、目が離せません!!!

 

 今後も遠征予定があるそうです。

 

 


<締め切り迫る>浦和競馬場、新規職員募集中!

  南関東全体を綴らせて頂いている南関魂。

 随時、浦和、大井、川崎、船橋の話題をお届けしておりますのでご了承ください!


 埼玉県とさいたま市で構成する埼玉県浦和競馬組合が40年を迎えたことはここでも何度かお伝えしました。

 その軌跡を綴っている埼玉新聞さんには、こちらで2年後のJBC開催を目指していることも綴られていますね。

 そして、浦和競馬場自体は来年で開場70周年を迎える、とても伝統のある場所です。

 2号スタンドも新しくなるそうです。

 現在の姿とも間もなくお別れ。。。

 2号スタンドと浦和競馬場の皆さん、いい写真だな〜☆↓

 

 

(写真提供 埼玉県浦和競馬組合)
 

 

 これからの浦和競馬場は、どんな未来が待っているのでしょうか?!とてもワクワクしてきます!


​ そんな浦和競馬場で働く新規職員を現在募集中ですよ。

 受験資格などの詳しいことはこちらで見て頂きたいのですが、

 主な仕事は、浦和競馬場の開催・運営に係る企画・広報、番組編成、渉外・折衝・調整、庶務・経理等の一般事務。

 締め切りは、9月11日(月)まで(郵送のみ、期間内消印有効)なので、興味のある方は急いだ方がいいですよ!
 

 

パカパカコバトンも絶賛発売中(^-^)


次の浦和開催は9月19日(火)から、20日(水)にはオーバルスプリントが実施されます。

 

 


見澤譲治騎手、引退。

 9月4日の浦和競馬のホームページで、

 

 浦和競馬場の象徴的存在でもあった見澤譲治騎手が、8月31日付で引退したことが正式発表されました。

 

 こちら

 

 まだ実感がわかないですね。。。

 

 すごくすごく寂しですね。。。

 

 また見澤騎手についてはお伝えしたいと思っています。

 

 

 

 

 見澤騎手、約30年もの長い間、本当にお疲れ様でした。

 

 


桜花賞馬きたぁぁぁぁ!

 先ほど名古屋競馬場で行われたグランダムジャパン古馬シーズンの秋桜賞は、

 

 村上忍騎手が手綱を取った1番人気スターインパルス(浦和・小久保厩舎)が完勝!!!

 

 2着には高知のディアマルコ、3着がプリンセスバリューでした。

 

 

 

 桜花賞馬の意地を見せてくれたスターインパルス、勝ったぁ(涙)。

 

 高知のディアマルコもとても強い馬ですね。。。

 

 そして、プリンセスバリューは早めに手応えが怪しくなってどうなるんだろうと思っていたんですが、それでも3着に残ったのは立派でした。

 

 

 金沢競馬場で行われたイヌワシ賞は、繁田健一騎手騎乗の1番人気タマモネイヴィーが、後方から向正面で地元のグルームアイランドに並びかけていきましたが最後は力尽き3着になりました。

 

 でも、果敢に勝負に挑むすばらしい戦いだったと思います。

 

 

 最近は南関勢の遠征成績がいいのでうれしいです。この勢いで、秋以降のビッグレースに向けて!!!

 

 スターインパルス、プリンセスバリュー、タマモネイヴィー、南関東に気をつけて帰ってきてください!お疲れ様でした!

 

 それにしてもいい時代ですね。船橋競馬場にいて、名古屋競馬場と金沢競馬場のレースが見られちゃうという。

 

 でも、やっぱり、ライブが一番!!!

 

 船橋開催最終日にGOですよ!ナイターなので今からでも間に合います(^^)/

 

 

 


プロフィール
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode