浦和競馬場新2号スタンド建設工事中動画。

 レッドキングさんの動画を探していた時に、

 

 まだアップしていなかった浦和競馬場の新2号スタンド建設中の時の動画を見つけたので、ひとつの記録としてアップしますね。

 

 去年の春か夏くらいに撮影したものです。

 

 

 すごく見慣れた姿なのに、とっても前のように感じますね。

 

 昔の2号スタンド↓

 

  

 

 今の2号スタンド↓

 

 

 


サトノタイガー、お疲れ様でした!

 2014年の春から南関東の一員になったサトノタイガー(浦和・小久保智厩舎)は、川崎マイラーズで町田直希騎手とのコンビで重賞初制覇。その後は、アフター5スター賞優勝。盛岡競馬場で行われたJBCスプリントは、優勝したドリームバレンチノからタイム差なしの惜しい悔しい2着。カペラS2着と、大活躍。その年のNARグランプリ最優秀短距離馬を獲得しました。

 

 2014年春、南関魂に初登場。タイガー、6歳。↓

 

 

 

 念願の重賞初制覇、川崎マイラーズ↓

 

 

 

 

 

 

 

 初肩掛け↓

 

 

 

 アフター5スター賞は、当時6歳同士のサトノタイガーとゴーディーが熱戦を展開し、タイガーが勝利、ゴーディーがタイム差なしの2着。あれから5年の月日が流れてもお互い現役を続けてきたのですから、ホントすばらしいです。↓

 

 

 

 タイガーはその後も重賞レースの高いレベルで走り続けてきました。

 

 6歳、7歳、8歳、9歳、10歳、11歳と、約5年以上も南関東の一員として走り続けました。

 

 ふと、タイガーが南関魂に登場してくれた時の写真を眺めていて……。

 

 

 

 

 

 

 

 懐かしい光景とともに、タイガーもいる……。

 

 それだけ、南関東の一員として、長い時間を過ごしてきたんだなぁって……。

 

 タイガー自身は来年12歳になっても南関東の一員でいる権利は獲得していたのですが、先日、引退しました。

 

 現在は埼玉県三郷市の乗馬クラブスリーフィールドさんに移動。引き続き、乗馬でもご活躍の前田諭志オーナーの所有馬として、乗馬のレッスンを積んでいるところだそうです。そう、同じ小久保厩舎だったクレイアートビュンもいるところで、ビュンとタイガーが一緒に暮らしているというのも、南関ファンにはたまりません。

 

 小久保調教師も先日ビュンとタイガーに乗ってきたところだそうですよ。あ、ビュンは今年15歳になりましたが、相変わらず元気いっぱいだそうです。遊びにいった小久保調教師に噛みついているとか。小久保調教師に噛みつけるとは、さすがは総大将だったビュンさん(*^-^*)

 

 「タイガーもよく走ってくれました。スピードもすごかったけど、気持ちも強い馬でした。ビュンもそうですがタイガーも、いつでも会いに行ける場所なので、いろんな人からかわいがってもらえるのは、幸せだと思います」(小久保調教師)。

 

 イケメンさんのタイガー、長い間お疲れ様でした!いっぱいありがとう!!!会いに行きたいです!!!

 

 

 

 サトノタイガー 11歳牡馬

 

 馬主 里見治様、前田諭志様

 

 生産 社台ファーム様(千歳)

 

 父 キングカメハメハ、母 ファビラスターン、母父サンデーサイレンス

 

 80戦8勝2着8回3着7回(川崎マイラーズ2014、アフター5スター賞2014) NARグランプリ最優秀短距離馬2014

 

 


台風19号の被災者支援レースと募金活動を実施。

 

 早いもので、JBC浦和開催最終日。

 

 

 

 今日は、埼玉県内で甚大な被害が発生した台風19号の被災者支援を実施しています。

 

 全11レースを被災者支援レースとして、売得金額1.5%を義援金に。

 

 騎手会の募金活動を、開門時と第10レース終了後に行います。

 

 さらに、今開催は募金箱も設置しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 詳細はこちらを。

 

 

 


浦和のルーキー、中島良美騎手初勝利!

 いろんなニュースにも取り上げられていましたが、浦和のルーキー・中島良美(なかしまよしみ)騎手が、11月5日浦和8レースで、5番人気ノッテステラータ(浦和・工藤厩舎)を勝利に導き、デビューした日に3戦目での初勝利を挙げました。

 

 初騎乗についてはこちらをご覧頂ください。中島騎手自身は案外落ち着いていたそうです。「ゲートの隣にいた内田さん(内田利雄騎手)が、『緊張するねぇ〜』とか声をかけてくだっさったのも本当に助かりました。思っているよりもテンパることもなく臨むことができました」(中島騎手)。

 

 

 

 

 8レースの結果と映像はこちらをご覧ください。中団から進め、勝負所では外から上がっていって、豪快に差し切るシーンがめちゃめちゃカッコよかったです。

 

 

 

 

 

 かつて南関競馬でも女性騎手をよく見かけた時代もありましたが、しばらくは女性騎手不在の時期が続きました。中島騎手は、約8年ぶりとなる女性騎手で、デビューという意味では約19年ぶり。本当に久しぶりとなる南関所属の女性騎手なんです。

 

 ファンの皆さんも楽しみに待っていたのでしょう。勝った後に、中島騎手のウイニングランが見られて、集まったお客様も大喜びだったようです。

 

 このウイニングランは、繁田健一騎手会長の発案。ゴールをした後もまだかなりのお客様が残っているのが見えたので、「行ってこい!」と、中島騎手は繁田騎手から言われたそうです。「場違いだなぁと思ったのですが(苦笑)」と控えめな中島騎手は言っていましたが、お客様もすごく喜んでいたようなので何よりです。

 

 引き返してきたところ↓

 

 

 

 「(差し切り勝ちは気持ちよかったですか?)慣れていないので、追っている時に内に行ってしまったので大丈夫かな?という不安の方が大きくて、気持ちがいいという感じはなかったです。馬に助けられて勝つことができました。4キロ減★も生かすことができたと思っています。乗せて頂いた馬主さん、厩舎関係者の皆さんに感謝しています。ありがとうございました」(中島騎手)。

 

 レース後には報道陣がズラリと。↓

 

 

 

 まずは1勝を目標にしていた中島騎手。これからの目標は……。

 

 「ゲートを出てからの判断力。どこに位置を取るかまだ周りが見えていないので、危険な騎乗をしないように気をつけたいです。これから数も乗せて頂けるようになって勝ちたいですし、レディースジョッキーズシリーズなどが行われるときも勝ちたいです。まだまだ未熟なのでプロらしい乗り方ができるように頑張ります」(中島騎手)。

 

 レース後、汗まみれ泥まみれの中島騎手。同性から見ても、かっこいいし、かわいい! 

 

 

 

 「まだまだ自分を出せていないので、もっといろんな人たちと話せるようになって、自分をアピールしていきたいです」とも言っていた中島騎手。人見知りさんなところもある中島騎手ですが、騎手としては乗るだけではなく、自分をアピールしていくことも大切なので、頑張ってくださいね!

 

 

 まずは地元・浦和競馬場からのデビューになりましたが、4キロ減★をフルに生かし、これから川崎、大井、船橋でも乗る機会が増えてくるかな?中島騎手のデビューは、南関の明るい話題です!!!

 

 


加藤和博騎手&山崎真騎手、そして……。

 それぞれレースの落馬で負傷しお休みしていた、浦和の加藤和博騎手と山崎真騎手は、少し前から復帰し、元気な姿を見せていますよ。

 

 地元・浦和で騎乗中。

 

 加藤騎手↓

 

 

 

 山崎騎手↓

 

 

 

 復帰よかったです!!!

 

 

 

 そして、川崎の藤江渉騎手も昨日から復帰しましたよ〜♪

 

 


浦和のルーキー、中島良美騎手紹介式の様子。

 2019年11月5日、浦和競馬場。

 

 8年4か月ぶりに女性騎手が南関からデビューしました。

 

 3レース終了後に行われた、中島良美騎手(浦和・川島厩舎所属)の騎手紹介式の様子。

 

 司会は耳目社の鈴木務アナウンサー。

 

 

 


中島良美騎手、デビューしました!

 全国各地で女性騎手が活躍していますが、

 

 南関東でも8年4か月ぶりに女性騎手がデビュー!!!

 

 今日の浦和5レースで、中島良美(なかしまよしみ)騎手がエスケーエリス(浦和・内野厩舎)の手綱を取りました。(中島騎手の所属は浦和の川島厩舎)

 

 中島騎手は★印で、4キロ減。

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは、無事にデビューができて何よりです!!!

 

 ベテランの調教師さんたちから冷やかされて、ニッコリしている中島騎手。

 

 

 

 この後も7レースと8レースの騎乗があるので、取り急ぎ、浦和競馬の広報さんに最初のレースの感想を聞いてみてもらったところ、「位置取りが難しかったです」ということ。

 

 これから、2鞍目、3鞍目と、どんな騎乗を見せてくれるのでしょうか。

 

 

 

 ちょっと遡り、3レース後には騎手紹介式が行われました。(その様子は後ほど動画にて)

 

 中島騎手と繁田騎手会長の2ショット。

 

 

 

 中島騎手も繁田会長も、かわいらしいですね(*^-^*)

 

 


中島良美騎手がデビューします!!!

 この時間帯は、南関だけではなく、地方や中央ファンの方も覗いてくださっていると思いますので、

 

 南関のうれしい話題をお届けします。

 

 南関から久しぶりに女性騎手がデビューします。

 

 浦和所属の中島良美(なかしまよしみ)騎手。

 

 JBCで盛り上がった浦和競馬場で、明日5日にデビュー。

 

 騎乗馬はこちら

 

 3レース終了後にはウィナーズサークルで紹介式も行われるそうです。

 

 今日は先輩たちのサポートをしていた中島騎手。

 

 

 

 「まだデビューする実感がわかないですが……」と、初々しい中島騎手。

 

 そんなことで緊張感はまだないそうですが、明日はどんな気持ちで臨むことになるのかな?改めて聞かせて頂きたいと思います。

 

 久しぶりに南関所属の女性騎手がレースに登場……。南関ファンの1人としても、ワクワクします(*^-^*)

 

 中島騎手、ファイト!

 


速報!JBCスプリント、ブルドッグボス優勝!

 浦和競馬場のJBCdayが終わりました。

 

 取り急ぎ、南関所属馬が優勝したレースをお伝えします。

 

 JBCスプリントは、御神本訓史騎手が手綱を取った6番人気ブルドッグボス(浦和・小久保智厩舎)が優勝しました。

 

 南関勢がJBCを制したのは、2017年JBCレディスクラシックのララベル以来2年ぶり。

 

 南関勢がJBCスプリントを優勝したのは、2007年に御神本騎手騎乗のフジノウェーブ以来、12年ぶり。

 

 そして、浦和所属馬がJBCを制したのは史上初です。

 

 今日は撮影もなかなか難しかったので、取り急ぎ今アップできるものを。

 

 ウイニングランをして引き返してきたところ↓

 

 

 口取り撮影↓

 

 

 

 

 

 

 また南関馬がJBCの肩掛けをしている……(涙)。

 

 レース前に、小久保調教師の言っていたことが改めて身に沁みます。

 

 ブルドッグボス、関係者の皆さん、おめでとうございました!

 

 

 


JBCレディスクラシックの競走中止について。

 JBCレディスクラシックにおいて、戸崎圭太騎手騎乗のモンペルデュが落馬競走中止をし、

 

 戸崎騎手はその後のレースを負傷のために騎乗変更しました。

 

 浦和競馬によると、戸崎騎手の容体について、競馬場の医務室の所見では右ひじ開放骨折の疑いにより、緊急搬送されたということです。とても心配です。

 

 モンペルデュは馬運車から降りると自力で歩いて待機馬房の方に帰っていきましたが、大事に至らないことを祈ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


プロフィール
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode