グランダムジャパン3歳シーズン、ゴールドパテック優勝!

 関東オークスは、グランダムジャパン3歳シーズン最終戦。

 

 関東オークス2着に入ったゴールドパテック(山崎誠士騎手、川崎・岩本厩舎)が、ポイント加算をし、逆転でグランダムジャパン3歳シーズンの優勝を飾りました。

 

 ゴールドパテックは川崎生え抜き馬で、ローレル賞の勝ち馬です。

 

 桜花賞、東京プリンセス賞、そしてこの関東オークスと、今年の南関東牝馬クラシック戦線で唯一3冠全てに出走しました。心身ともに健康だったからこその全レースに出走。惜しくも勝つことはできませんでしたが、最後の関東オークスは希望を抱かせる内容だったと思います。

 

 担当は苦楽を共に過ごしてきた甲斐厩務員↓

 

 

 

 

 

 レースは4番手を追走していき、最後の直線では早々先頭に立ち、そのまま押し切れ〜〜〜〜!!!と思ったところ、ゴール板手前でハービンマオに4分の3馬身差交わされてしまいました。でも、すばらしい走りを見せてくれたと思います。

 

 

 

 山崎騎手は、「勝ったと思ったんですが……。馬の具合もすごくよかったです。今日はゲートも出てくれたのでいつもは後ろからなんですが前目につけていきました。ただ、逆にペースが流れてしまったので、その分、前についていっちゃったかな……というのはありますね。

 

 手応えも抜群だったのですが、勝った馬の方が終いは切れました。競馬が上手だし長い距離は合います。このメンバーでこれだけ堂々と走れて本当にすごいです。でも、悔しいですね」と、とても残念そう。。。

 

 引き上げてきたところ、ゴールドパテックと友情出演は3着に入ったクレイジーアクセル↓

 

 

 

 この関東オークス2着に入ったことで、ポイントにより、グランダムジャパン3歳シーズンを優勝。

 

 「レース前は意識していませんでしたが、優勝させて頂いてすばらしいことですね。みんな頑張って取り組んできての結果だったので本当によかったです。これからも無事に育っていって欲しいですね」(岩本調教師)。

 

 ゴールドパテック、グランダムジャパン3歳シーズン優勝おめでとうございます!

 


川崎2レースの競走中止について。

 先ほどもお伝えしましたが、

 

 今日の川崎2レースで、シナノボタン(的場文男騎手、川崎・鈴木厩舎)が競走中止。

 

 シナノボタンは厩舎に帰ったそうです。

 

 的場騎手については先ほどの記事をご覧ください。

 

 

 (記事協力 川崎競馬)

 

 

 


川崎1レースの競走中止について。

 先ほどもお伝えしましたが、今日の川崎1レースで、

 

 ゴールドモディ(山崎誠士騎手、川崎・岩本厩舎)が競走中止。

 

 ゴールドモディは左第3中足骨開放骨折で、亡くなったそうです。

 

 ご冥福をお祈り致します。

 

 

 

 山崎騎手については、先ほどの記事をご覧ください。

 

 

 (記事協力 川崎競馬)

 

 


山崎誠士騎手について。

 山崎誠士騎手は川崎1レースでゴールドモディ(川崎・岩本厩舎)に騎乗し、3コーナー付近で馬体故障のために競走中止しました。

 

 山崎騎手はその後のレースは騎乗変更しています。所見では、腰椎捻挫とのことです。

 

 ゴールドモディについては、後程お伝えします。


本日川崎2レースの競走中止について。

 今日の川崎2レースで、アオイハッピー(今野忠成騎手騎乗、川崎・安池厩舎)が競走中止しました。

 

 今野騎手はその後のレースも騎乗しています。

 

 アオイハッピーは左寛ハ行ということで、厩舎には帰ったそうです。

 

 

 (記事協力 川崎競馬)

 

 


63歳森下博騎手も毎日が記録更新中〜☆

 国内最高齢騎乗記録&南関東最高齢勝利記録を持っている63歳の森下博騎手。

 

 この川崎開催の森下騎手、ピーエムケロス(川崎・福島厩舎)と↓

 

 

 

 森下騎手、毎日が記録更新なのです(^^)

 


本日、川崎6レースの競走中止について。

 今日は、川崎6レースはアイリッシュハープ(中越琉世騎手、川崎・福島厩舎)が、1コーナー付近で落馬競走中止しました。

 

 アイリッシュハープはそのまま駆けていましたが、無事につかまって、厩舎に帰っていきました。

 

 中越騎手は首に痛みがあるそうですが、病院には行かないそうで、大事に至らず何よりでした。これ以上、痛みが出ないといいですね。。。

 

 

 (記事協力 川崎競馬)


本日、川崎5レースの競走中止について。

 今日の川崎5レースで、シゲルムササビ(秋元耕成騎手、川崎・鈴木義厩舎)が3コーナー付近で競走中止しました。

 

 シゲルムササビは左寛ハ行ということで、厩舎には帰りました。

 

 秋元騎手はその後のレースも騎乗しています。

 

 

 (記事協力 川崎競馬)

 

 

 

 


川崎開催スタート!拜原靖之騎手復帰!

 さぁ、今日から川崎開催がスタート。

 

 今は小雨になりましたが、馬場は不良。

 

 川崎開催のイベントなどはホームページで確認してください。

 

 左肩関節脱臼骨折でお休みしていた川崎の拜原靖之騎手が今日から復帰。約2か月ぶりの実戦です。「また頑張っていきます」と拜原騎手。

 

 

 

 元気になってよかった!

 

 お帰りなさい!

 

 


国内最高齢騎乗記録を更新し続ける、川崎・森下博騎手。

 南関東にはすごいレジェンドたちが!!!

 

 国内現役最高齢騎乗記録&南関東最高齢勝利記録を持っている、川崎の森下博騎手は、5月4日がお誕生日で、63歳になりました。おめでとうございます!

 

 地方競馬全国協会さんによりますと、記録がコンピュータ管理されている1973年4月以降のデータとして。

 

 これまで国内最高齢騎乗は金沢の山中利夫元騎手で、63歳4日。森下騎手がその記録を更新したそうです。

 

 なお、国内最高齢勝利は、山中元騎手が62歳9か月25日の記録を持っているそうです。森下騎手は、昨年8月28日にイノデライト(大井・佐宗厩舎<小林>)で勝利していますが、次に勝った際は、国内最高齢勝利の記録も更新することになります。

 

 森下騎手とそういうお話しをしてみたところ、

 

 「こんなに続けるとは思わなかったけど(笑)。体が動くうちは乗りたいし、馬にはこれからもずっと関わっていきたいと思っている」と森下騎手。

 

 若い頃より体型はふっくらしたそうですが、それでも50キロから51キロは常にキープ。毎朝3時30分から6頭ほどの競走馬に調教をつけているそうです。

 

 あ、森下騎手はこういうお話しもしていました。

 

 「すごい昔。調教師と騎手の兼業が認められていた時代に、70歳くらいまで乗った人がいるって聞いたんだけど(苦笑)」って。

 

 ん?!どなた?!

 

 お詳しい方のお話によりますと。

 

 その方は、北海道所属だった大西関五郎さん。明治26年4月10日生まれで、71歳まで騎乗し、その年に函館競馬場で勝っているという資料が残っているそうです。当時の71歳、どれだけお元気な方だったのでしょうか……。ほんとすばらしいですね。(大西さんの成績は1973年4月以降のコンピュータ管理がされる前のものなので参考という形になるそうです)。

 

 さぁ、これから森下騎手がレースに騎乗する際は、常に記録が更新されていくのです。

 

 

 

 2018年5月18日 イノデギャルソン@フリオーソ息子(浦和・小林厩舎)

 

 

 

 

 

 わたしたちファンも、そんな貴重なシーンに常に立ち会わせて頂けるって、本当にありがたいです。ワクワクします!

 

 


プロフィール
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode