国内最高齢騎乗記録を更新し続ける、川崎・森下博騎手。

 南関東にはすごいレジェンドたちが!!!

 

 国内現役最高齢騎乗記録&南関東最高齢勝利記録を持っている、川崎の森下博騎手は、5月4日がお誕生日で、63歳になりました。おめでとうございます!

 

 地方競馬全国協会さんによりますと、記録がコンピュータ管理されている1973年4月以降のデータとして。

 

 これまで国内最高齢騎乗は金沢の山中利夫元騎手で、63歳4日。森下騎手がその記録を更新したそうです。

 

 なお、国内最高齢勝利は、山中元騎手が62歳9か月25日の記録を持っているそうです。森下騎手は、昨年8月28日にイノデライト(大井・佐宗厩舎<小林>)で勝利していますが、次に勝った際は、国内最高齢勝利の記録も更新することになります。

 

 森下騎手とそういうお話しをしてみたところ、

 

 「こんなに続けるとは思わなかったけど(笑)。体が動くうちは乗りたいし、馬にはこれからもずっと関わっていきたいと思っている」と森下騎手。

 

 若い頃より体型はふっくらしたそうですが、それでも50キロから51キロは常にキープ。毎朝3時30分から6頭ほどの競走馬に調教をつけているそうです。

 

 あ、森下騎手はこういうお話しもしていました。

 

 「すごい昔。調教師と騎手の兼業が認められていた時代に、70歳くらいまで乗った人がいるって聞いたんだけど(苦笑)」って。

 

 ん?!どなた?!

 

 お詳しい方のお話によりますと。

 

 その方は、北海道所属だった大西関五郎さん。明治26年4月10日生まれで、71歳まで騎乗し、その年に函館競馬場で勝っているという資料が残っているそうです。当時の71歳、どれだけお元気な方だったのでしょうか……。ほんとすばらしいですね。(大西さんの成績は1973年4月以降のコンピュータ管理がされる前のものなので参考という形になるそうです)。

 

 さぁ、これから森下騎手がレースに騎乗する際は、常に記録が更新されていくのです。

 

 

 

 2018年5月18日 イノデギャルソン@フリオーソ息子(浦和・小林厩舎)

 

 

 

 

 

 わたしたちファンも、そんな貴重なシーンに常に立ち会わせて頂けるって、本当にありがたいです。ワクワクします!

 

 


100円ビールフェスだぁ!!!

 今日の川崎競馬場も非常に暑いですι(´Д`υ)アツィー

 

 内馬場がめっちゃ楽しそうなんですけどぉぉぉ(*'▽')

 

 

 

 今日から3日間に渡って、100円ビールフェスが行われるそうです。

 

 詳細はこちら

 

 いろんな出店も見られて超にぎやかですよ。

 

 うぅぅぅ、この記事を書きながら、ビールが飲みたくなってきました(笑)。

 

 ビール片手に、つまみをムシャムシャ食べながら、競馬観戦、最高やん(^^)/

 

 今日はミニミニクラブのお馬ちゃんたちもやって来ます。詳細はこちら

 

 


(追記あり)スパーキングデビュー新馬の競走中止について。

 先ほど行われた1レースのスパーキングデビュー新馬では、

 

 ミヤビセラヴィ(笹川翼騎手、川崎・林厩舎)が3コーナー付近で競走中止しました。

 

 笹川騎手は無事。

 

 ミヤビセラヴィは、診断書としてはまだ正式に出ていないので後程追記しますが、厩舎には帰られたそうです。

 

 (記事協力 川崎競馬)

 

 

 *追記あり 診断名は肩ハ行とのこと。

 

 

 

 


川崎卒業生種牡馬、ギンザグリングラスの仔がデビューします!

 さぁ、とてもうれしい話題です。

 

 メジロマックイーン産駒最後の現役馬という、ギンザグリングラス。中央1勝の成績で南関東入りし、長きに渡って、川崎の山田正実厩舎で走り続けました。9歳秋まで走り、通算成績は109戦3勝2着5回3着11回。

 

 ギンザグリングラスの熱烈ファンだった藏内優子さんが新しいオーナーとなって種牡馬入り。

 

 5月12日に撮影したギングリさんの写真を、藏内オーナーから提供して頂きました。白馬牧場さんにて。↓

 

  

 

  

 

 ギングリさんも今年13歳。青と緑と白のコントラストが最高にきれいです。

 

 2016年に生まれた初年度産駒は2頭いて、そのうちの1頭が、ついに明日5月18日の川崎競馬場で行われるスパーキングデビューに登場します。鞍上は藤江渉騎手。枠順はこちら

 

 ミナノキング、2歳牡馬。

 

 父はギンザグリングラス、母も川崎の山崎(尋)厩舎のキョウエイプレアーという、川崎にゆかり深い血統の持ち主です。お父さんもお母さんも息子さんも芦毛さん。

 

 父が種牡馬生活を最初に過ごして愛をいっぱい注いでくれた旭牧場さん生産馬。

 

  

  

 ミナノキングも、ギングリさんを現役時代に所有されていた秋元順紀オーナーがお持ちになり、所属も同じ山田厩舎、ホワイトクリスマス賞をともに制している元騎手の岩城方元厩務員が、お世話をしています。

 

 「懐っこい馬ですね。馬っぷりがよくて跳びも軽いし、お父さんくらいに走れれば。こうやってうちにいた馬が種牡馬入りをして、その子供も預からせてもらって、思い入れもあるし、とてもうれしいです」(山田調教師)。

 

 

 

 どの馬たちも、この世に誕生してくるのが大変なことで、競馬場にやって来るのも大変なことで、デビュー戦を迎えられることが、どれだけ尊くすばらしいことか……。

 

 たくさんの人たちの愛と思いと夢がこもったミナノキングが、ついにデビュー戦を迎えます。何より無事に……。

 

 

 

 


川崎開催が始まっていますよ〜!

 さぁ、川崎開催が始まりました。イベントなどは川崎競馬のホームページをご覧ください。

 

 開催時間帯に書き込もうと思っていたのですが、あっという間に午後9時半頃。

 

 

 

 にぎやかだった競馬場も、ひっそりと。

 

 明日というか今日の開催に備えていました。

 

 高知から赤岡修次騎手が期間限定騎乗でやって来ました。4年連続4度目。7月13日までとのこと。南関がにぎやかになりますね!赤岡騎手すでに1勝。

 

 

 場内の関係者エリアがいろいろ変わっていました。興味津々、裏側を覗いてみましょう(*'▽')

 

 検量付近。緑のシートの辺りは植え込みがあったんですが、きれいさっぱりなくなっていました。この辺りは、特に重賞などのビッグレースには大混雑していた場所。こんなにスペースが広くなったので、次の川崎マイラーズはどんな風になるのか楽しみです。

 

 

 

 

 

 そして!!!

 

 馬運車の駐車場には関係者の喫煙スペースが元々あったのですが、こんなおしゃれな囲いができました。前は丸見えでのどかな雰囲気だったので(^^; あ。、ここは道路からも見えますね。

 

 

 

 

 以上、駆け足ですが、裏側をチラリと覗いてみました(^^)

 

 

 そういえば、前回の裏側ネタ

 

 ヘルメットの持ち主は、なんと御神本訓史騎手だったそうです(笑)。

 

 


走る調教師から戦う調教師?!

 川崎の栗林信文調教師は、毎日のランニングを欠かさずマラソン大会などに出場して『走る調教師』という異名もありますね。

 

 

 

 なんと、趣味で、タイの国技ムエタイを初めて、現在は『戦う調教師』に?!

 

 

 

 

 

 すっごい迫力でした。

 

 詳しいことは日曜日コラムに書きました。

 

 自分も戦う調教師だという方がいらっしゃいましたらご一報を(*'▽')

 

 


モダンウーマン、花嫁さんに。

 人間の世界でも、この時期は出会いと別れの多い季節。馬の世界も、ですね。今日は卒業していくお馬さんたちについてご紹介します。すごくすごく寂しいのですが。。。

 

 この世代の牝馬の主役として走り続けたモダンウーマン(川崎・佐々木仁厩舎)は現役生活を引退し、生まれ故郷の北海道・グランド牧場さんで繁殖生活に入りました。

 

 北海道の角川秀樹厩舎時代は地元の重賞・フルールカップ、リリーカップを優勝し、エーデルワイス賞2着。遠征競馬のローレル賞も完勝しました。その後は川崎の佐々木仁厩舎に移籍し、東京2歳優駿牝馬、ユングフラウ賞、桜花賞を優勝。2015年グランダムジャパン2歳シーズンを受賞。

 

 桜花賞は山崎誠士騎手とのコンビで優勝↓

 

 

 

 

 

 堀厩務員と↓

 

 

 

 「普段は大人しくて素直でとても扱いやすい馬でしたが、レースいっての根性はすごかったです。普段は全く入れ込まないのに、レースに行くと気持ちを全面に出して真逆。もう2度とこういう馬に出会えないんじゃないかなと思うくらいの器でした。本当にえらい馬だったし、頑張ってくれました」(佐々木調教師)。

 

 結果的には1月17日の船橋記念が最後のレースになりましたが、脚部不安からの1年ぶりの実戦でありながらも、優勝したアピアから0.5秒差の3着に入り、改めてすごい馬であることを実感しました。。。

 

 

 

 普段はとてもかわいらしい馬であることは、南関魂でもお伝えしていました。

 

 佐々木調教師撮影(^^)

 

 

 

 

 

 一般的にお馬さんたちは耳の中をいじくられるのは好きじゃないですが、モダンちゃんは佐々木調教師に何をされてもじ〜っとしてました(^^)

 

 

 

 北海道へ出発の日。YouTubeやTwitterには掲載していたので、こちらでも改めて。。。

 

 

ご愛嬌で(^^;

 

三つ編みモダンちゃん(^^)↓

 

 

ちょんまげモダンちゃん(^^)↓

 

 

リーゼント風モダンちゃん(^^)↓

 

 

 

 

 

モダンちゃんをはさんで、佐々木調教師と最後に担当していた栗栖厩務員↓

 

 

  

 

 出発。。。(:_;)

 

 

 モダンちゃんの走りを、もっともっと見たかったなぁというのは、ファンの皆さんはもちろん、関わってきた皆さんが思っていたことだと思います。モダンちゃんが完全な状態で短距離戦を走った時に、牡馬はもちろん、中央勢ともどれだけやれのだろう……と。その夢は、モダンちゃんの子供に託して……。

 

 モダンウーマン、お疲れ様でした。ありがとうございました!いつまでも幸せに!

 

 

 モダンウーマン 5歳牝馬

 

 馬主 (有) グランド牧場様

 

 生産 グランド牧場様(新ひだか町)

 

 父 サウスヴィグラス、母 スマートダズル、母父 スマートボーイ

 

 16戦8勝2着3回3着3回

(タイトル 桜花賞、東京2歳優駿牝馬、フルールカップ、リリーカップ、ローレル賞、ユングフラウ賞)

 

 


先日の1枚〜レジェンドコンビ〜

 先日、川崎競馬場で行われたオープンレースの卯月杯は、繁田健一騎手騎乗の10歳馬オメガスカイツリー(川崎・内田厩舎)が優勝しました。2着も内田厩舎のジャーニーマン。

 

 オメガスカイツリーもジャーニーマンも、担当はナターレなどでお馴染みの小竹厩務員ですよ。オープンレースで、厩務員さんのワンツーというのも珍しい。

 

 岩手の名手だった小竹厩務員も、昨年60歳になりました。

 

 10歳&60歳、強力なレジェンドコンビをパチリ↓

 

 

 

 オメガ、イケメンすぎますよ〜!

 

 オメガも小竹厩務員も末永く、お仕事している姿を見せてください(^^)

 

 


カツマル、かたまる。

 川崎競馬場のマスコット、とある日のカツマルくん。

 

 かたまって動かないところがとてもかわいかったので動画に撮りました(笑)。

 

 最近、いろんなマスコットさんから教えてもらうことがあるのですが、

 

 マスコットさんたちは写真で撮るよりも、動画で撮ったほうが持ち味生かせますね。

 

 動いている姿も楽しいし、こうやってかたまっている姿も楽しいし(*^-^*)

 

 

 


4月5日川崎騎手負傷について。

 川崎の拜原靖之騎手は昨日もお伝えしたように、左肩関節脱臼骨折のためにお休みで、明日も騎乗変更が出ています。

 

 船橋の庄司大輔騎手も騎手負傷で騎乗変更しました。頸椎捻挫及び僧帽筋膜炎とのこと。

 

 

 (記事協力 川崎競馬)

 

 


プロフィール
カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode