リボンスティック、引退・繁殖入り!

 川崎・山田質厩舎の生え抜き馬リボンスティック。2015年ユングフラウ賞は優勝したスターローズからタイム差なしの2着、2014年の東京2歳優駿牝馬3着、ローレル賞3着など。当時は400キロそこそこのちいちゃな体で、2歳、3歳の重賞戦線で活躍してきました。ララベルと同世代。

 

 そんなリボンスティックも今年8歳になり、1月4日の川崎10レースがラストランになりました。

 

 ファンの方から当日の朝に届けられたという尻尾の飾りをつけて、いざ出陣!

 

 

 

 

 

 引退レースを終えての記念撮影。リボンちゃんを挟んで、大越オーナーご夫妻、山田調教師、木村厩務員。

 

 

 

 「小さい体でも根性とセンスがよくて、うちが開業した頃から支えてくれた馬です。リボン自身が叶えられなかった重賞勝利を子供に託したいです。これからは第二のリボンを育てなければいけませんね」(山田調教師)。

 

 山田調教師のお話しでは、レース翌日には新天地に向け出発し、今後は北海道の槇本牧場さんで繁殖生活に入るそうです。

 

 リボンちゃん、お疲れ様でした。

 

 

 

 リボンスティック 8歳牝馬 64戦3勝2着2回3着6回。

 

 


報知オールスターカップを振り返る。

 報知オールスターカップを優勝したオールブラッシュについてはこちら

 

 ここでは他陣営の談話を。

 

 

 

 2着 タービランス 笹川翼騎手

「初めて乗せて頂きましたがいい馬ですね。今回は少し間隔も空きましたが、いざレースになると改めて力がある馬だなぁと思いました。レース映像で見ていても、スタート自体はそんなに速くないですが、二の脚が速い感じでイメージ通りでした。

 

 一周目のスタンド前は一気にペースが落ちて、あそこは誰しもが折り合いは苦労していたと思うのですが、その割にはついていたと思うし、特に問題はありませんでした。

 

 追い出してからソラを使うところがあるのでそのタイミングは気を遣いました。うまくいった方だとは思うのですが、首の上げ下げだったのでタイミングひとつだったと思います。悔しいです」

 

 

 

 3着 ヒカリオーソ 山崎誠士騎手

「(スタンド前で動かれた時は)一気にこられたので、一緒に行っても馬がつらくなるのでマイペースで行こうと思いました。4コーナーでいつもはもっと手応えよくいくんですが、今日は古馬も強いし、そう簡単にはいかなかったですね。

 

 体重が増えていたのは成長分です。今日は久しぶりというだけではなく古馬とも初めてでここまで頑張れたので、今後も重賞戦線で楽しみだと思います」

 

 4着 ストライクイーグル 吉原寛人騎手

「ちょっと速くなる所々で置いていかれてしまうので、広いコースでよどみなく競馬ができた方がよさそうです」

 

 5着 サウンドトゥルー 矢野貴之騎手

「もったいなかったです。スタートも速かったのでもっといい位置に行ってもよかったかなぁとか、スタンド前で一緒に行ってもよかったかもしれないとか、外々を回される形になってしまい中途半端になって、もったいないレースをしてしまいました。

 

 それでもそんなに負けていないですし、勝てる力はあります。ぜひまた乗せて頂きたいです」

 

 7着 センチュリオン 森泰斗騎手

「勝負所から手応えはなくて、本来の走りができなかったです」

 

 9着 ストーンリバー 御神本訓史騎手

「どのくらいやれるかなと思いましたが、ペースが違いました。まだA2クラスなので、クラス慣れは必要ですね。馬自体はよくなっています」

 

 


3歳馬の招福(しょうふく)オープン を振り返る。

 1月4日の川崎9レースに組まれていた3歳馬の招福(しょうふく)オープン 。

 

 ここは、吉原寛人騎手が騎乗したトランセンド産駒の1番人気ゴールドホイヤー(川崎・岩本厩舎)が優勝しました。

 

 道中は中団を追走。内から外に持ち出すと、3〜4コーナーで一気に進出していき、最後の直線では先頭へ。そのまま後続との差を広げていき、2着のシナノビクターに3馬身差。3着がカネトシマックス。勝ちタイムは1500m1分36秒3(良)。

 

 

 

 「持ち時計通り強かったですね。エンジンがかかり出したら速かったです。乗りやすい馬で、距離が延びてもこなせると思います」(吉原騎手)。

 

 岩本調教師は、これで賞金も加算できたので、この後は雲取賞も選択肢の一つとして考えていくことを言っていました。岩本厩舎から、またまた楽しみな馬が出てきましたね!

 

 


ブースターと山林堂信彦騎手

 1月4日の川崎11レースで行われたお年玉特別は、山林堂信彦騎手騎乗の1番人気ブースター(川崎・佐藤博厩舎)が逃げ切り勝ちを収めました。勝ちタイムは1600m1分42秒1(良)。昨年8月以来の勝利で、これが通算12勝目。

 

 2着はゼットパッション、3着がウインメディウム。レース結果と動画はこちら

 

 

 

 「久しぶりに勝つことができてよかったです。いつもスタートの出は普通なんですけど、出てからが速いです。前回くらいからよくなりそうな気配も出ていたので、今日の道中の走りはよかったですね。

 

 直線では(後ろから)来るとまた伸びてくれていたので、きっと大丈夫だろうなという感じでは乗っていました。この馬は気持ちの強い馬で、今年の目標はA2クラスに上げて重賞に出ることです」(山林堂騎手)。

 

 

 

 今年の山林堂騎手自身の目標は、去年念願の重賞勝ちを収めることができたので、今年ももう一つ勝ちたいとのこと。

 

 

 ちなみに、大井のジョッキーズに続いて、川崎ジョッキーズの役職コーナー(^^)

 

 会長が今野忠成騎手、副会長は山林堂信彦騎手、山崎誠士騎手。現在名誉会長は不在とのことですが、以前は佐々木竹見さんだったそうです。

 

 ブースター、今年はどんな活躍を見せてくれるのでしょうか〜。とても楽しみです♪

 


報知オールスターカップ、オールブラッシュ優勝! 

 2020年南関東最初の重賞、報知オールスターカップ。地方交流戦ということで、金沢所属馬4頭をお招きしての14頭によって争われました。豪華メンバーが集った一戦。

 

 

 

 

 レース結果と動画はこちら

 

 優勝したのは今野忠成騎手が初めて手綱を取った8番人気オールブラッシュ(大井・藤田輝信厩舎)。中央時代は川崎記念と浦和記念を勝っているJpn汽曄璽后8什澆脇E脹梗砲粒葦糠呂箸靴謄潺奪疋ΕДぅ侫 璽爐把感気鮴僂鵑任い泙后3年前に最初に重賞を勝った思い出深い川崎競馬場で再び輝きました。

 

 4歳になって最初のレースだったヒカリオーソが逃げる中、オールブラッシュは中団追走。1周目のスタンド前で一気に動いて先頭に立つと、最後の直線に入ってからも粘り強く、タービランス、ヒカリオーソの猛追をしのぎ切りました。勝ちタイムは2100m2分14秒7(良)。2着がハナ差でタービランス、3着がヒカリオーソでした。

 

 

 

 

 

 

 「久しぶりの重賞勝ちなのでうれしいです。(スタンド前で上がっていったのは)陣営からペースが落ち着いたところで早めに動いてくれという指示だったので、そういう感じの展開に。先頭に立ってからも気持ちよさそうに走っていたので、気分を損ねないように乗りました。最後も馬が見えたらもう一回ハミを取り直して反応してくれて、交わされちゃったかなぁとも思ったのですが、よくしのいでくれました。気の難しいところはあると聞いていましたが、力はまだまだ持っていますね」(今野騎手)。

 

 今野騎手の南関重賞勝ちは、2年前のスパーキングサマーカップをウェイトアンドシーで制して以来、かな。

 

 「去年のお正月は怪我をして休んでいたので、今年はいいスタートが切れそうです。オリンピックの盛り上がりに負けないように、ファンの皆さんにレースを提供できるように頑張ります」(今野騎手)。さすがは会長(^^)

 

 

 

 

 

 報知オールスターカップ優勝おめでとうございます。

 

 オールブラッシュ 8歳牡馬

 

 馬主 (有) 社台レースホース様

 

 生産 (有)社台コーポレーション白老ファーム様

 

 父 ウォーエンブレム、母 ブラッシングプリンセス、母父 Crafty Prospector

 

 


2020年川崎開催が始まります!

 2019年の大井開催が終わり、2020年の川崎開催が始まります。

 

 1月1日からイベントがいっぱい、いっぱい!

 

 詳細はこちらです。

 

 怪我でお休みしていた岡村裕基騎手がお正月から復帰!騎乗馬はこちら

 

 吉原寛人騎手は今年も期間限定騎乗を開始。騎乗馬一覧はこちら

 

 競走馬たちは、みんな1歳年を重ねますね。

 

 1月1日川崎1レースは、2020幕開け(まくあけ)特別3歳。データ分析ができる枠順はこちら

 

 新年一発目から、南関ファンにとって、お年玉のような豪華すぎる対決が(^^)

 

 セレンとチャームアスリープの仔ブラヴール(船橋・佐藤賢厩舎)とアンパサンドとビーボーンの仔ボンモマン(川崎・林厩舎)が隣枠に入っての直接対決。

 

 新馬戦を優勝した時のブラヴール↓

 

 

 

 前回は乗り替わりで町田直希騎手が手綱を取りましたが、今回は本田正重騎手から笹川翼騎手に騎乗変更になっています。

 

 

 移籍緒戦の前走が強かったボンモマン。↓

 

 

 西啓太騎手が引き続き騎乗。

 

 同じレースには、フリオーソの仔ゴールドタワー(秋元耕成騎手、浦和・野口厩舎)も参戦します。

 

 

 10レースには、栗毛栃栗毛選定馬のゴールデンホース賞。

 

 

 1月2日のメインは大師オープンが行われます。

 

 復活を期待したいヒガシウィルウィン(森泰斗騎手、船橋・米谷厩舎)も登場。

 

 データ分析ができる枠順はこちら

 

 とある日、乾草をぱくついていたヒガシくん(^^)

 

 

 

 かわいかったので動画に撮ってみました↓

 

 

 「変わり身も見せているので、ここは結果を出したいです」(米谷調教師)。

 

 

 1月3日の報知オールスターカップの枠順も出ましたね。データ分析ができる枠順はこちら

 

 東京ダービー馬ヒカリオーソ(山崎誠士騎手、川崎・岩本厩舎)が、明け4歳になって早々に登場!!!待ってましたぁ!!!

 

 

 

 フリオーソの息子さん、どんな一年になるのかな〜♪

 


中越琉世騎手、中央初勝利!!!そして。

 とてもとてもうれしいニュースが飛び込んできましたね!

 

 今日というか昨日になりましたが、中山9レースに組まれていたヤングジョッキーズシリーズファイナルラウンド中山の2戦目で、川崎の中越琉世騎手が手綱を取った8番人気リョウランヒーロー(中央・小野厩舎)が後方から進出していき、最後の直線で大外から差し切り勝ちを収めました。

 

 中越騎手は中央初勝利です!!!

 

 レース結果

 

 レース動画

 

 インタビュー

 

 2年前にヤングジョッキーズシリーズファイナルに出場し4位でしたが、この時は悔いの残る騎乗があったそうで、「悔しい」とずっと言っていたので、今日の勝利は本当によかったです(涙)。

 

 ここで使用する貴重なお写真は、世界を股にかける森内智也カメラマン撮影です。ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中越騎手、本当におめでとうございました!今度、改めて感想聞いてみたいです。

 

 

 

 

今年のヤングジョッキーズシリーズファイナルラウンドの総合優勝は岩本怜騎手(岩手)、2位は松木大地騎手(兵庫)、3位が長谷部駿弥騎手(兵庫)が入り、地方ジョッキーズが上位を独占し、3年連続で優勝者を出しました。とてもうれしいことですね!

 

 ポイント表はこちら。南関勢は中越騎手が5位、櫻井光輔騎手は13位でした。

 

 

 

 

 さぁ、今回は南関から川崎勢の2人が出場しました。

 

 中央初勝利を挙げた中越騎手↓

 

 

 

 去年の総合優勝を飾った櫻井騎手↓

 

 

 

 

 この頼もしい2人が所属する川崎開催は、2020年1月1日から始まりますよぉヾ(*´∀`*)ノ

 

 


メリークリスマス♪

 今日はクリスマスイブ。

 

 南関が誇るということで!!!

 

 先日行われた川崎競馬場のホワイトクリスマス賞を改めて振り返っていきましょう。41回目を迎えた伝統の一戦。

 

 白毛・芦毛によるレースで、今年は芦毛さんたちが勢ぞろい。個人的に好きな毛色は青毛・青鹿毛なんですが、芦毛さんたちがこんなに集まると、ワクワク感が半端ない(^^ゞ

 

 

 

 

 

 毎年恒例、南関魂が勝手に選ぶ(笑)

 

 今年のまっしろしろすけ大賞は、抜けて白かった2頭。

 

 8歳牡馬ペリーホワイト(父クロフネ、大井・辻野厩舎<小林>)↓

 

 

 

 8歳牡馬ライブロック(父クロフネ、船橋・出川厩舎)↓

 

 

 

 なんと、クロフネ産駒の8歳の男の仔たちがともに受賞。ライブロックは2年ぶり2度目の受賞(笑)。なお、ライブロックはこのレースで引退という話しもあったようですが、来年9歳になっても現役を続けるそうですよ。この日はいつもと馬装の色を替えて、赤と緑。

 

 芦毛だけどまっくろくろすけ大賞は、

 

 5歳牡馬のフリッツァー(父キンシャサノキセキ、船橋・林厩舎)。

 

 

 

 なんと、フリッツァーも2年ぶり2度目の受賞(笑)。確かに、その頃よりも白くなっています。(記事

 

 

 

 誘導馬さんたちも芦毛さん。お馬さんだけどトナカイを演出(*^_^*)

 

 レース映像がこれまたとてもかわいらしいです。こちら

 

 

 

 優勝したのは、町田直希騎手騎乗のホワイトパス(船橋・伊藤厩舎)。ダンカーク産駒の3歳の男の仔。

 

 

 

 芦毛さんの中でも、白っぽい仔、グレーっぽい仔、黒っぽい仔に分けてみると、ここ数年はグレーっぽい仔が勝っています。さぁ、来年は……。

 

 今年も芦毛さんたちにいっぱい楽しませてもらったホワイトクリスマス賞でしたぁ♪

 

 

 メリークリスマス♪

 

 


モチモチ

 先日、日刊競馬さんのTwitterで、超話題になっていた『モチモチ』(川崎・安池厩舎)。

 

 

 モチモチは3歳の女の子で、お父さんはタイムパラドック、お母さんがサクラキューティ、母父はサクラローレルという血統。お姉ちゃんのモフモフはロジータ記念2着でした。

 

 安池調教師のお話しでは、モチモチの名前の由来は、お姉ちゃんのモフモフからきていて、お餅ではなく(笑)、名前の響きからつけられたそうです。第一希望がモチモチで、第二希望がツヤツヤだったそうですが、第一希望で通ったそう。厩舎では『モチ』という愛称で呼ばれているそうです。

 

 

 基本的には大人しい馬だそうで、耳を絞って向かってきそうになる雰囲気を醸し出しながら、やらないタイプだそう。名前の響きはかわいいけど、青毛のルックスがカッコいい!

 

 

 

 モチモチは体質が弱くまだこれからの馬だそうですが、それでいて堅実に走り続けているのは素質のある証。オーナー様のご理解もありながら、ゆっくりじっくり育てているところだそうです。

 

 モチモチを囲んで、安池調教師と担当の福田厩務員。

 

 

 

 これからも何より無事に走り続けて欲しいですね!

 

 モチモチ、人気者になりますように!!!

 

 あ、お食事は何でも好きで食べるそうですが、もちろんのこと、お餅は食べたことがないそうです(*^-^*)

 

 


今野サンタ♪

 川崎競馬場のカツマルくんのTwitterに、

 

 今野忠成騎手のサンタのお兄さんの話題が紹介されていましたよ。

 

 めちゃめちゃカッコいいです。

 

 こちら

 

 

 


プロフィール
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode