松代調教師、発見!

 今朝は船橋競馬場で取材をしていたのですが、

 

 海岸厩舎地区の詰所には、松代調教師がいつものポジションに↓

 

 

 

 調教師さんたちは座る場所が決まっていて、

 

 松代調教師は調教師になった時からずっとこの場所なんだそうです。

 

 馬場を見るだけではなく、馬場入りする馬や馬場から引き返してくる馬もすぐ見られて指示を出しやすいので、お気に入りのポジションなんだそうですよ。

 

 毎朝朝2時からここで調教を見続けているんですね。

 

 で、今日気づいた……松代調教師はマイストップウォッチを4つも持っているんです(驚)。

 

 愛馬たちのラップを取って、日々体調管理をしているそうです。

 

 


昨日の1枚〜松代眞調教師〜

 地方通算600勝を達成した船橋の松代眞調教師。

 

 この船橋開催ではセレモニーなども行われました。

 

 昨日の船橋5レースでは、自厩舎の森泰斗騎手が手綱を取ったエヌティゴールドが優勝。602勝目。

 

 

 お孫さんに、次は700勝を目指して!と言われたそうで、

 

 「そういうことになるのかな(笑)。こんなに勝たせてもらって、ありがたいことだね。ひとレースひとレース、大切に送り出したい」とおっしゃっていました。

 

 

 

 今も毎朝2時起きで管理馬の調教を見続けている松代調教師。

 

 やっぱり、元気の源は、お馬さんと一緒にいることだそうです。

 

 松代調教師、これからもいつまでも、元気もりもりで!!!

 

 600勝達成おめでとうございます!

 

 


昨日の1枚〜西村栄喜騎手〜

 昨日9月29日は、西村栄喜騎手の42回目のお誕生日だったそうです。

 

 西村騎手ファンさんの書き込みで知りました。

 

 ちょうど西村騎手とお会いできたのでパチリ。

 

 

 

 西村騎手は熊本出身。

 

 プロ野球では熱烈なソフトバンクファンとしても有名ですよ。

 

 今年のソフバンさんも、年間通して本当に見事な強さでした!

 

 ソフバンさんのパ・リーグ優勝も合わせて、ダブルでおめでとうございます(^^)

 

 いい1年になりますように。

 

 西村騎手は地方通算971勝ち。

 

 1000勝まで、あと29勝です。

 

 


ヒガシウィルウィン、夏休みから帰ってきました。

 あっという間の船橋開催最終日。

 

 南関2冠馬ヒガシウィルウィン(船橋・佐藤賢厩舎)が夏休みから帰ってきたことはお伝えしました。

 

 こうやって見ている時に、目線が前よりちょっぴり高くなったような……。「一回り大きくなった感じだね」と佐藤調教師。現在は北海道からの長距離輸送もはさんでいるので467キロということで、秋初戦はどのくらいの体で登場するのか興味津々。生まれ故郷のグランド牧場さんで、いい夏を過ごしてきたそうですよ。

 

 

 

 ヒガシくんをお手入れしている秀島厩務員。日常が帰ってきました!

 

 

 

 「普段はどっしりしているけど、じゃれてくるところは変わらないね。調教に行く前に急にうるさくなっても、馬場に入っちゃえば大人しくなる癖も変わらない。帰ってきてから数日間は自分で乗ってみて、休み明けだから緩んではいるけど、力は感じた。顔つきも優しい」(秀島厩務員)。

 

 これからまた調教を積んでいって、キリリとしたヒガシくんが帰ってくるんでしょうね。

 

 佐藤調教師のお話しでは、ひとまず休養明け初戦は未定だそうで、これからの調教次第だそうです。

 

 ヒガシくん、お帰りなさい!

 

 


日本テレビ盃、アポロケンタッキー優勝!

 先ほど船橋競馬場で行われた日本テレビ盃(1800m)は、中央から超豪華メンバーが4頭出走。

 

 

 

 

全頭パドック↓

 

 

 優勝したのは、内田博幸騎手騎乗の4番人気アポロケンタッキー(中央・山内研二厩舎)でした。みやこS、東京大賞典に続き、3つ目のタイトル奪取。

 

 レースは、モーニンが逃げる展開で、2番手に1番人気のケイティブレイブ、3番手には差がなくアポロケンタッキーがついていき、中団追走はサウンドトゥルー。1コーナーに入るところではすでに縦長の展開。

 

 3〜4コーナーでサウンドトゥルーも上がっていって、最後の直線は中央馬4頭の戦い。

 

 アポロケンタッキーが出たところでサウンドトゥルーも食らいついてきましたが、最後はアポロケンタッキーがサウンドトゥルーにクビ差つけたところがゴール。3着がケイティブレイブ、4着はモーニン。地方最先着は大差で5着に入った、中野省吾騎手のキャッスルクラウンでした。勝ちタイムは1800m1分52秒9(やや重)。

 

 レース結果

 

 レース動画

 

 

 

 

 

山内調教師

「外を回らされたけど、最後は並ぶ形になってよかった。前走より調子は上がっていたし、まだ5歳なのでこれからの馬」

 

内田騎手

「ドバイから帰り1度使って、前回よりよくなっていました。最後は後ろから差されたら仕方ないと、粘ってくれと思いながら乗っていました。馬の力です」

 

 

 JBCクラシックは予定しているそうですが、その前に南部杯を使うかどうかはこれから状態を見て考えるそうです。

 

 

 日本テレビ盃優勝おめでとうございます。

 

 アポロケンタッキー 5歳牡馬

 

 馬主 アポロサラブレッドクラブ様

 

 生産 Doug Branham様(アメリカ)

 

 父 Langfuhr、母  Dixiana Delight、母父  Gone West 

 

 

 2着 サウンドトゥルー 大野騎手

「有力馬を前に見ながらの競馬にはなると思っていました。勝負所の反応もよかったし、最後に手前を替えなかったのは休み明けの分かなとも感じますが、秋初戦にしてはいい内容でした」

 

 3着 ケイティブレイブ 福永騎手

「上手に走ってくれたとは思うんですが、最後は残念です」

 

 4着 モーニン 戸崎騎手

「スムーズな競馬を心掛けました。最後は止まっているというよりは気性の難しさが出た感じでしょうか。でも、ブリンカーでよくはなっていると思います」

 

 

 

 

 


ヒガシくんもチビキャロ愛用中?!

 我らが南関東二冠馬ヒガシウィルウィン(船橋・佐藤賢厩舎)も、チビキャロ愛用中?!

 

 

 

 

 ヒガシくんが夏休みから帰ってきました!

 

 詳しくはまた改めて。

 

 偉大なるヒガシくんとこんなにくっつけて、チビキャロ幸せやん。微笑んでる?(^^)

 

 


キャロッタぬいぐるみなど、グッズ販売中!

 船橋競馬場のアタリーナ前で、今日は騎手グッズや新発売のキャロッタグッズなどが販売中ですよ。(先ほどの騎手体験コーナーのお隣)

 

 わたしもいろいろ買ってしまった(^-^;

 

 

 

 

 場内にいたキャロッタにも、チビキャロ持ってもらいました(*^-^*)

 

 

 

 

 

 キャロッタにいつもくっついているキャロッペも新しくなりましたね。

 

 チビキャロとキャロッペ、かわいい2ショット。

 

 

 

 


すごい、すごい、すごい、騎手体験!!!

 今日の船橋競馬場では、こちらのイベントをしているのです。(場所はアタリーナ前)

 

 日本初!!!360度全方位騎手体験、実写映像の競馬(調教)を味わえる!!!

 

 

 

 言葉だけでもすごそうですが、アナログ人間には、一体何が起こるの???と。

 

 じゃ、体験(^^)/

 

 

 

 船橋競馬場で実際に走る、3頭併せの真ん中にいる騎手の気分を味わえるのです。

 

 目と耳、動きからも、すごくリアル。360度騎手気分!!!

 

 いつもは外からコースを見ていたけど、コースの中から外を見られちゃうのです。

 

 内には濱田達也騎手、外には江川伸幸騎手、真ん中が庄司大輔騎手。

 

 なので、自分は庄司騎手になった気分。

 

 騎手ってこういう風に周りが見えるんだなってすごく感動しちゃって。

 

 3〜4コーナーのところで、回り切れなくて外にぶつかりそうな感覚にも陥っちゃったりもしてすごく怖くて。

 

 興奮しすぎて、ぎゃーぎゃー叫び、よだれが出たことは誰にも言わないでください(笑)。

 

 鐙をはき忘れて、3頭併せの追い切りしちゃった(笑)。

 

 

 このイベントは、川島正一厩舎全面協力の下で行われているそうですよ。

 

 ひとまず、今開催は今日だけということなので、とにかく、皆さん、体験した方がいいです!!!

 

 無料でどなたでも参加できちゃう。

 

 これ、すごく、すごく、おもしろい!!!

 

 この記事書きながら、まだ興奮しとる(^-^;

 

 

 で。一番思ったことは、馬に乗る人たちって、改めてすごいなってm(__)m

 

 


キタサンミカヅキとクリスマス

 アフター5スター賞は目の覚めるような末脚で重賞初制覇を飾ったキタサンミカヅキ(船橋・佐藤賢厩舎)

 

 

  

 中央からの移籍初戦で関係者も手探り状態でしたが、あの強さ。

 

 一度使ったことで変わり身も見せているそうで、東京盃はどんな走りを見せてくれるのでしょう。

 

 青草をおそばのように伸ばしながら、おいしそうに食べていました(*^-^*)

 

 

 その並びに、新入りのクリスマス(船橋・佐藤賢厩舎)がいます。

 

 函館2歳Sを優勝している芝1200m重賞ウィナー。

 

 ずっと芝で走ってきただけに、今日の初ダートでどんな走りを見せるのかな。

 

 2頭とも中央時代からのファンが多くいるようですが、これからも元気に走り続けて欲しいですね。

 

 

 

 クリスマスちゃんは写真慣れしているんですかね。

 

 カメラに向かってポーズ撮るんですよ(^^)

 

 

 ほんと、中央からたくさんのお馬さんたちが南関東に仲間入りをしていますね。

 

 

 


トーシンブリザード、強い、強い、馬でした。

 今日は船橋競馬2レースで、トーシンブリザード・メモリアル2歳馬による平和賞トライアルが行われます。

 

 最近、南関ファンになった皆さん!!!

 

 トーシンブリザードは船橋の佐藤賢二厩舎に所属していた、ヒガシウィルウィンの大先輩にあたります。

 

 石崎隆之騎手とのゴールデンコンビ。

 

 デビューして3戦目で全日本3歳優駿(現在の全日本2歳優駿)を制覇すると、

 

 その後は南関東史上初の無敗の4冠馬となり。

 

 骨折明けで挑んだ東京大賞典は3歳馬ながらも差のない3着。

 

 続くフェブラリーSではアグネスデジタルの惜しい2着。心が震えました。。。

 

 かしわ記念も制しています。

 

 ほんと、すごい馬だったんですよ。

 

 

 賢く、レースセンスが抜群な馬だったことは、当時関わる皆さんが言っていました。

 

 ほんと、言葉では言い尽くせないくらいに偉大な馬でした。宝馬でした。誇りでした。大好きな馬でした。

 

 

 

 現在のトーシンブリザードは荒木育成牧場さん(新ひだか町)で功労馬として悠々自適な毎日を送っています。

 

 南関東変則3冠馬のオリオンザサンクスや足利の怪物ブライアンズロマンたちと一緒に過ごしているというのも、これまた豪華な空間です。

 

 たくさんのファンたちが、荒木さんの牧場におじゃましていると思います。

 

 トーシンブリザードを手掛けた佐藤調教師も、「俺を男にしてくれた馬」とトーシンのことは常々言っています。

 

 そして、今でも、トーシンが大好きなニンジンをお土産にして会いにいくそうですよ。今年もジャパンダートダービー後に会いにいったそうで、ダービーとジャパンダートダービーを後輩のヒガシウィルウィンで勝てたことを報告したのかな。

 

 

 

 今年21歳になったトーシンは変わらず元気に過ごしているそうです。

 

 去年おじゃました時、荒木さんの娘さんとじゃれあっていたトーシン↓

 

 

 

 

 

 トーシンを見ていると、年を取ったなぁって、そんなに感じないのは気のせいでしょうか。。。

 

 若々しいです。

 

 トーシン、これからもずっとずっと、長生きしてね!

 

 

 これは前回ものせましたが、動くトーシン(^^) オリオンザサンクスが最初に登場します。南関ファンにはこの2ショットがたまらんのです。

 

 

 


プロフィール
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode