リッカルド、圧倒的な強さで重賞連勝中!

 船橋の佐藤裕太厩舎に所属しているリッカルドの強さには、南関東中が騒然。だって、強いんですもの(笑)。まだ2戦しか走っていませんが、すでに南関東での存在が大きくなっている……。

 

 南関東移籍当初は、歴戦の疲れから背腰などが疲れていたために、まずばその立て直しが入念に図られてきたそうですが、それでいながら報知グランプリカップでは2着のロワジャルダンに7馬身差をつける圧勝。

 

 そして、さらにしっかり調整ができたというフジノウェーブ記念。陣営も前走以上の手応えで出走させましたが、新馬戦以来の1400m戦や初めての59キロという未知の部分も大きいものでした。しかし、この時も2着のオメガヴェンデッタに7馬身差をつける完勝。

 

 どのレースも南関東の強い面々が参戦してきているレースですよ。それなのに子供扱いするかのような内容。とにかく、毎回、ビックリさせられていますね(苦笑)。

 

 前走のフジノウェーブ記念。コンビを組む矢野貴之騎手にとっても、調教パートナーだったフジノウェーブの名を冠した特別なレースだっただけに、同じ芦毛のリッカルドと制したシーンは、あまりにもドラマチックな光景でした。

 

 改めてフォトで振り返りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  フジノウェーブ記念優勝おめでとうございます。

 

 リッカルド 7歳セン馬

 

 馬主 (株) レックス様

 

 生産 岡田スタッド様(新ひだか町)

 

 父 フサイチリシャール、母 キョウエイハツラツ、母父 オペラハウス

 

 船橋・佐藤裕太厩舎

 

 

 佐藤調教師はリッカルドの日々の調教にも乗っています。南関ファンの皆さんならご存知のこと、佐藤調教師は川島正行調教師の右腕として多くの重賞ウイナーたちを調教パートナーとして支えてきた方です。他の厩舎の馬たちも合わせると、毎日20頭以上の調教には乗っていたと思います。

 

 どんなに寒い日も暑い日も、いつも朝早くから遅くまで調教に乗り続け、調教が終わるとどんなに遅くなっても、調教パートナーとしての取材対応をとても丁寧にしてくださり、マスコミにとっても感謝の思いでしかありませんでした。

 

 しかし、騎手としてはレースに騎乗する機会がそう多くはなく、自身がレースに乗って重賞を勝つという長年抱いてきた夢も叶うことはありませんでした。悔しい思いを抱き続けた約20年。しかし、そういうことは口にもしないで、自分の与えられたことを毎日地道に黙々とやってきたことは、多くの船橋関係者が見てきたはずです。

 

 努力をしても、頑張っても、報われないことの方が多い過酷な世界。でも、やらなければ何も始まらないんですね。いつ起こるかわからない、その瞬間のために……。

 

 

 

 

 

 「リッカルドはフットワークも軽いし、行き出しの時に沈み込む感じ、時計がかかっているような錯覚に陥るスピード感覚など、トップクラスの馬の乗り味だと思います。背中にいると、川島厩舎にいた時に乗っていた馬たちのことを思い出して、とても懐かしいです。その経験がとても生きているし、やって来てよかったなぁって思っています。

 

 今でも縁の下の力持ち的な感覚でやらせて頂いています。馬主さんのためにとか、馬のためにとか……。自分自身は何も変わっていません」(佐藤調教師)。

 

 はい。騎手時代の佐藤騎手も、今こうやってリッカルドと出会って重賞連勝中の佐藤調教師も、取材をさせて頂いていも何も変わらない。

 

 

 

 アジュディミツオーやフリオーソなどの調教パートナーとして支えた佐藤調教師、アブクマポーロなど多くの重賞ウイナーたちを手掛けてきた楠厩務員。そして、矢野騎手はフジノウェーブの調教パートナー。そんな希代の名馬たちを育て上げてきた面々が送り出すリッカルド。

 

 

 

 リッカルド、これから南関東でどんな存在になっていくのか……。

 

 ワクワクする馬が登場してくれました!

 

  


ヤマノファイト、京浜盃優勝フォト

 京浜盃は本橋孝太騎手がエスコートをしたヤマノファイト(船橋・矢野厩舎)が制しました。

 

 京浜盃振り返りリポートはこちらに書かせて頂きました。

 

 ここでは優勝フォト&動画を綴っていきます。

 

 

 

 全頭パドック↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 現在は羽田盃に向けて順調に調整中とのことです。

 

 

 京浜盃優勝おめでとうございます。

 

 ヤマノファイト 3歳牡馬

 

 馬主 山口明彦様

 

 生産 山口明彦様(平取)

 

 父 エスポワールシチー、母 ケイアイリード、母父 フォーティナイナー

 

 


クラージュドール、金盃優勝フォト

 船橋勢の重賞制覇が続いていますね。

 

 振り返ってみると、金盃はピッカピカの良血馬クラージュドール(森泰斗騎手、船橋・川島厩舎)が、8歳にして念願の重賞初制覇を収めました。振り返りリポートはこちらに書かせて頂きました。

 

 ここでは、改めて金盃フォト&動画を綴っていきます。

 

 

 

 全頭パドック↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金盃優勝おめでとうございます。

 

クラージュドール 8歳牡馬

 

馬主 (有) 社台レースホース様

 

生産 (有)社台コーポレーション白老ファーム様(白老)

 

父 キングカメハメハ、母 レクレドール、母父 サンデーサイレンス

 

船橋・川島正一厩舎

 


ラヴァリーフリッグ・メモリアル。

 船橋の名馬シリーズ。

 

 今日の船橋8レースは、ラヴァリーフリッグ・メモリアルが行われます。

 

 ラヴァリーフリッグ、とってもとっても強い馬でした。そして、ダイナマイトボディだった女の子。

 

 北海道から移籍し、船橋の出川克己厩舎で走ったラヴァリーフリッグ。

 

 石崎隆之騎手を主戦に、2001年東京2歳優駿牝馬を皮切りに、ローレル賞、桜花賞、ひまわり賞(水沢)、トゥインクルレディー賞、ロジータ記念、マリーンカップと通算7つのタイトルを取りました。

 

 2001年から2005年の地方競馬を彩った女傑。

 

 今から16年前のロジータ記念の写真が出てきました。ラヴちゃんの担当は、船橋の名厩務員だった岡田さん。とっても懐かしいなぁ〜。

 

 

 

 

 今から3年前にコスモヴューファームさんで会わせて頂いた時のラヴちゃんととねっこさん↓

 

 

 

 このとねっこさんが、昨年、東京2歳優駿牝馬に挑戦したラヴバインドです。ラヴちゃん産駒初の記念すべき南関重賞初出走でした。

 

 南関にダイナマイトボディをした女傑ラヴァリーフリッグという馬がいたこと、これからも忘れません!

 

 今日出走する後輩たちにも、いい走りを期待したいですね!

 

 

 

 


来週からの大井開催は……。

 おはようございます。

 

 船橋開催最終日です。

 

 来週からは大井開催、新設重賞ブリリアントカップと東京スプリントが行われます。

 

 船橋競馬場では朝5時40分から、ブリリアントカップに出走するリッカルド(船橋・佐藤裕太厩舎)が、単走で最終追い切り。騎乗者・佐藤調教師(レースは矢野貴之騎手予定)。↓

 

 

 

 

 電車移動で間に合った(*^^*)

 

 浦和競馬場では朝8時過ぎから、東京スプリントに出走するブルドッグボス(浦和・小久保厩舎)が登場。調教パートナーは橋本直哉騎手で、最終追い切りは単走。(レースは左海誠二騎手予定)↓

 

 

 

 それぞれ動画を撮ってきたのでまたアップします。2頭ともさすがの走りを見せていて、順調に本番に向かえそうで何よりです。

 

 朝は寒かったけど、だいぶ暖かくなってきました(^^)

 

 

 


おめでとう!!新調教師米谷さん、幻ちゃんの仕掛け人は……。

 今日というか、昨日の船橋6レース、

 

 「おめでとう!!新調教師米谷さん、幻ちゃん」の仕掛け人は……。

 

 船橋競馬場の騎手だった脇田創さんだったそうです。

 

 米谷康秀調教師は競馬場にいた頃にとてもお世話になっていて、林幻騎手とは騎手時代の同期で、協賛レースをしてお祝いしたいなぁって、脇田さんはずっと思っていたそうです。

 

 今回は、今従業員として働いている株式会社I・ネット(株式会社インシュアランス・ネット)さんの企業協賛レースとして申し込んだそうですよ。(船橋競馬場の企業協賛レースについてはこちら)。

 

 向かって左から、米谷調教師、脇田さん、林騎手&調教師。

 

 

 

 脇田さん……157センチで現在の体重は60キロなんだとか。ちょっとふっくらされましたね(^^)

 

 米谷調教師も林騎手&調教師も、こういう企画をしてくれたことに、とても喜んでいました。たしかに、南関東で関係者の名前がついたレースって、あまりお目にかかったことがないかも。。。

 

 脇田さんは久しぶりの競馬場だったそうで、今となっては見かけもすっかりサラリーマン風になっていらっしゃいました。これからもご自身の進んだ道で、頑張って欲しいですね。

 

 とっても素敵な光景を見せて頂きました。

 

 米谷調教師、林調教師&ご家族、脇田さんも入って、船橋ジョッキーズたちと記念にパチリ↓

 

 

 

 

 


林幻騎手、引退式の様子。

 4月1日から船橋競馬場の調教師になった林幻騎手の引退式が行われました。

 

 司会は耳目者の百瀬和己アナウンサーです。

 

 ↓

 

 


まさかの……。

 林幻騎手、引退式は勝負服ではなく、スーツで登場(笑)

 

 

 

 もらい泣きしてしまいそうになるくらい、いいお式でした(涙)。

 

 のちほど。。。(涙)。


今日の船橋6レース(*^-^*)

 

 


キャロッタくんと船橋競馬場の誘導馬さんたち。

 昨日の表彰式前に、たわむれているところを発見(*^-^*)

 

 キャロッタくんから見て、左手がタカラブリランテ、右手はチャラオ。

 

 ブリランテさんは堂々としておりますが、チャラオくんはドギマギしている感じ?

 

 キャロッタくんに早く慣れるといいですね(^^)

 

 


プロフィール
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode