クラージュドール、お疲れ様でした。

 中央5勝の実績で、2016年2月から船橋の川島厩舎の一員として始動したクラージュドール。父がキングカメハメハ、母はレクレドール、母父がサンデーサイレンス、伯父にはステイゴールドがいる超良血馬としても知られています。

 

 ロングディスタンスの重賞戦線を中心に走り、あと一歩で涙を呑んだレースも続きましたが、2018年2月の金盃で森泰斗騎手とのコンビで念願の重賞初制覇を飾りました。

 

 今年9歳になっても現役を続けてきましたが、4月16日の船橋競馬場で実施された陽春賞が結果的にはラストランとなり、本橋孝太騎手が手綱を取り7着でした。

 

 「血統もすばらしくて雰囲気のある馬でした。これだけの馬だからこそ、重賞をもう一つ取らせたかったという思いもありますが、まずは無事に引退することができてよかったです。長い間、本当にお疲れ様でした。頑張ってくれました」(川島調教師)。

 

 最後のレース、写真をパチリ↓

 

 

 

 レース後には茨城県の柏乗馬クラブへ移動したそうです。クラージュ、お疲れ様でした!

 

 

 44戦7勝2着7回3着3回(タイトル 2018年金盃)

 

 

 

 


石崎駿騎手について。

 石崎駿騎手は船橋8レースから騎手負傷のために騎乗変更しています。

 

 競馬場の所見では、右頚部痛とのことです。

 

 


船橋最初の新馬戦、タケショウハヤト優勝!

 船橋も2019年最初の新馬戦が始まりました。

 

 令和デビュー組です。

 

 この開催はスズランデビュー↓

 

 

 

 優勝したのは、山崎誠士騎手騎乗の4番人気タケショウハヤト(船橋・山本厩舎)。逃げ切り勝ちで、1000m1分2秒8(良)。

 

 

 

 馬主 (有) ナイト商事様

 

 生産 堀弘康様(様似)

 

 父 メイショウサムソン、母 ホリノマドンナ、母父 ジャングルポケット

 

 レース結果と動画はこちら

 

 

 

 

 

 「初めてだったのでゲートに入るまではうるさいところはありましたが、競馬にいけば癖もないし、特に課題はありませんね。スタートもよくて走りも素直で反応もよかったです。この時期の2歳にしては、四肢の使い方もスムーズだし、いい跳びをしますよ」’山崎騎手)。

 

 

 

 


山中悠希騎手について。

 船橋の山中悠希騎手は、騎手負傷のために騎乗変更しています。

 

 腰痛とのこと。

 

 (記事協力 船橋競馬)

 

 


行かなくっちゃ!船橋ケイバ

 船橋競馬場の周りを歩いていると、新しいポスターがド〜ンと!

 

 南船橋駅寄りの方↓

 

 

 

 

 

 船橋、南関の我らがリーディング・森泰斗騎手が!

 

 

 

 船橋競馬場駅寄りの方↓

 

 

 

 森騎手、本田正重騎手、石崎駿騎手が!

 

 

 2パターンのポスターがありましたよ。

 

 

 船橋競馬場に行かなくっちゃ!と思うポスターです(*^_^*)

 

 


HEART BEAT Center、設置!

 船橋競馬場の入場門からパドック方面に歩いていくと右手に、「HEART BEAT Center」という場所ができました。

 

 夜競倶楽部やビギナーズカウンター、キャロッタくんのグッズなどが、開催中ずっと常設。

 

 これまでは主に重賞日中心でしたが、これから開催中はずっとお世話になることができるのはありがたい。

 

 

 

 キャロッタくんグッズもいろいろあって、船橋競馬場のお土産にいいですよね。

 

 

 

 

 

 キャロッタくんの金平糖あるのは知らなかった!めちゃかわいい。

 

 

 

 

 なお、そのお隣のエリアでは、グルメ関係のイベントがキッチンカーを中心に毎日行われているそうですよ。

 


パドックにお花が!

 かしわ記念の日からパドックにお花が登場↓

 

 

 

  

 

 

 

 船橋競馬場では初試み、かな?

 

 パドックが明るくなって華やかになりました。

 

 お馬さんとお花、とっても合います(^^)

 

 


船橋競馬場の入場門リニューアル。

 令和最初の船橋開催、いろんな所が新しくなりました!!!

 

 まずは入場門がリニューアル。とっても素敵。↓

 

 

 

 

 

 船橋所属騎手の勝負服もお引越ししてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 


かっこいい!

 かしわ記念の誘導馬さんたち3頭立て、とても素敵でした。

 

 

 

 装いも……

 

 平成から令和となり、新時代にふさわしい高貴な感じですごくかっこいい。

 

 

 

 ののかちゃんが夜鍋をして作製した装いだそうですよ。

 

 

 船橋の誘導馬さんたちの裏側を覗きたい方は、

 

 ツイッター

 

 ブログ

 

 チェックです(*'▽')

 


〜レガルスイ〜

 3年前の京成盃グランドマイラーズを制した南関生え抜き重賞ウイナー、レガルスイ(船橋・矢野厩舎)。現在の南関重賞戦線において、古馬重賞を勝つ南関生え抜き馬は、ほんの一握り。レガルスイ、ホントすごい馬なんです!!!ダートグレード競走でも中央勢に持ち前のスピードを見せつけたこともありました。ソルテとの戦いも懐かしいな〜。

 

 そんなレガルスイは脚元の不安で長期休養に入っていましたが、前走の4月16日の船橋オープンレースで約1年5か月ぶりに復帰。

 

 石崎駿騎手を背に好位から進めていくも、最後は力尽き14着。まずは何より無事に帰ってきてよかったです。石崎騎手の話しでは、この好メンバーの中に入っても楽につけていくスピードがあり、走ろうとする気持ちはちゃんと持ち合わせていたそうです。

 

 6歳のマイルグランプリの頃は芦毛でもこの色合いでしたが↓

 

 

 

 8歳になって、芦毛の馬体はかなり白くなりました。↓

 

 

 

 お帰りなさい!

 

 

 

 

 レース数日後……。

 

 すでにご飯を食べてまったりした時間だったこともあり、レガルスイはとても眠そう。。。

 

 完全に口元緩めてます(^^;

 

 

 

 お顔の眉毛ちっくな模様も素敵(^^)

 

 

 

 これからも何より無事に、ですね。。。無事に。

 

 今日のオープンレースで長期休み明け2戦目を迎えます。

 

 

 


プロフィール
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode