本田正重騎手について

 先日の大井開催中に負傷した本田正重騎手(記事はこちら)。

 

 本田騎手のお話しでは、

 

 日に日によくなっているそうで、

 

 このまま順調なら船橋開催での復帰を予定しているそうです。

 

 早くよくなりますように。。。


本田正重騎手の続報。

 レース中に落馬負傷した本田正重騎手は救急車で病院に搬送されました。

 

 病院での診断書は、外傷性健忘、全身打撲だったそうです。

 

 (記事協力 大井競馬)

 

 

 


本田正重騎手について。

 先ほどのレースで落馬負傷し騎乗変更となった本田正重騎手。

 

 大井競馬場診療所での所見は、左鎖骨、左腸骨骨折の疑いとのことです。

 

 

 (記事協力 大井競馬)

 

 

 


本田正重騎手について。

 先ほどのレースで落馬負傷し騎乗変更となった本田正重騎手。

 

 大井競馬場診療所での所見は、左鎖骨、左腸骨骨折の疑いとのことです。

 

 

 (記事協力 大井競馬)

 

 

 


船橋競馬場に行ってきたぁ!

 南関東競馬は大井開催中〜☆

 

 昨日は、場外をしている船橋競馬場へ行ってきました。

 

 最近、大井競馬場、小林分厩舎、船橋競馬場と移動しましたが、どこも同じくらいに暑い(^^; 

 

 自分たちで暑さ対策をして、この夏を乗り切りましょう!

 

 場外中は、船橋競馬場のビジョンに大井競馬場の様子が映りますね。個人的にはそういう風景も場外の好きなとこ(^^)

 

 

 

 この後の南関日程は、ちょっと変則になります。(日程は南関競馬のホームページで確認してお出かけください)

 

 7月16日(祝)から18日(水)まで浦和開催。重賞・プラチナカップは初日。

 

 7月19日(木)から23日(月)までが川崎開催。重賞はありません。21日(土)はホリデー。

 

 7月24日(火)から27日(金)までが船橋開催。2日目に習志野きらっとスプリント。

 

 船橋競馬場ではすでに用意ができていました(^^)/↓

 

 

 

 

 

 場外だと、普段の開催中よりもすっごくのんびりムード。

 

 船橋競馬ファンの方ならこの場所わかりますよね?

 

 パドックから馬場に通り抜ける場所。

 

 天然のクーラーの中にいるようで、とてもとても涼しくて心地よくて最高でした(^^)

 

 

 

 場外中の特等席だと思います(^^)

 

 

 なお、今週も場外に通う人もいるかもしれませんが。

 

 船橋競馬場の正門から入って左手を進んでいくと、このモニュメントがあります。

 

 

 

 1950年10月29日に、船橋競馬場の内馬場で、全国初の船橋オートレースが開催されたそうです。そんなことから、オートレース発祥の地として知られているそうですよ。

 

 

 

 船橋競馬場は、オートレースファンにとっても、大切な場所なのですねぇ。。。

 

 

 


今日の1枚〜リッカルド〜

 今朝の船橋競馬場は帝王賞に向けたリッカルド(船橋・佐藤裕太厩舎)の最終追い切りが行われました。(ヒガシウィルウィンは前日に無事終わっています)

 

 騎乗している裕太調教師も、担当している楠厩務員も、「入厩してから一番の状態」ととても頼もしいコメントでした。(また別枠でお伝えします)

 

 

 

 裕太調教師が騎手時代に調教パートナーとして関わったフリオーソは、2008年と2010年に帝王賞を制していて、楠厩務員が手掛けたアブクマポーロが帝王賞を優勝したのは1998年。

 

 あれから10年が経ち、20年が経ち、今度はリッカルドと……。

 

 

 

 南関東では負けなしの今、古巣・中央勢とどんな勝負をするのでしょうか?!

 

 ワクワク。

 

 ワクワク。

 

 ワクワク。

 


6月22日船橋8レースの競走中止について。

 今日の船橋8レースにおいて、レインハート(矢野貴之騎手、船橋・佐々功厩舎)が最後の直線で競走中止しました。

 

 矢野騎手は無事。

 

 レインハートは心房細動とのこと。厩舎に帰りました。

 

 

 (記事協力 船橋競馬)


6月21日船橋7レース競走中止について。

 今日、船橋7レースにおいて、トーセンアッシャー(森泰斗騎手、船橋・川島厩舎)がスタート直後に落馬競走中止しました。

 

 森騎手はその後のレースも騎乗しています。

 

 トーセンアッシャーもつかまって、厩舎に帰ったそうです。

 

 

 (記事協力 船橋競馬)

 

 

 


6月20日船橋12レースの競走中止について。

 昨日の船橋12レースで、カントリーサイン(山口達弥騎手、船橋・林厩舎)が向正面で競走中止しました。

 

 山口騎手は無事。

 

 カントリーサインは右前球節完全脱臼で、亡くなりました。

 

 ご冥福をお祈り致します。

 

 

 (記事協力 船橋競馬)

 

 


タイムズアロー@10歳、引退レースです。

 中央から移籍し、7歳夏から南関東の一員になった10歳馬タイムズアロー(船橋・川島厩舎)。真島大輔騎手と報知グランプリカップ、調教パートナーでもある苦楽を共にしてきた西村栄喜騎手とのコンビで埼玉新聞栄冠賞を勝ちました。

 

 今年も皐月盃で5着となり、来年11歳になっても南関東の一員として走る権利は得ていたのですが、今日の京成盃グランドマイラーズが引退レースとなったそうです。コンビを組むのは笹川翼騎手。

 

 普段のタイムズアローと調教パートナーの西村騎手。担当は松崎厩務員。↓

 

 

 

 「気の難しい馬でヤンチャ坊主。自分の気性で能力を発揮することはなかなか難しかったけど、力を出せた時は本当に強かった。馬は10歳になったけどまだ若いね。今回は追い切りも動いているし、真面目にさえ走ってくれれば。最後なんだから一生懸命走れよ!応援しているぞ!(笑)」と川島調教師。

 

 

 

 ほんと、自分の力を発揮できた時の爆発力はすごいですからねぇ。タイムズ、引退レースでどんな走りを見せるのでしょうか。無事にちゃんと力を発揮して欲しいですね。

 

 


プロフィール
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode