アクアリーブル、ありがとう!アスカリーブル、ありがとう!

 明日の大井競馬場では、南関東クラシック3冠目のジャパンダートダービーが行われます。早いもので、今年の南関東クラシック戦線も最終戦になりますね。

 

 今年もいろんなドラマが生まれた南関東クラシック戦線。その主役の1頭は、もちろん、南関東牝馬2冠を達成したアクアリーブル(船橋・佐藤賢二厩舎、船橋・米谷康秀厩舎)でした。

 

 お父さんがパイロ、お母さんは兵庫と南関東で、牝馬クラシック2冠をはじめ、通算7つのタイトルを取ったアスカリーブル。NARグランプリ3歳最優秀牝馬や2年連続でグランダムジャパン古馬シーズンも獲得した女傑です。

 

 そんな偉大な母の初めてのお子様として誕生したアクアリーブル。以前も掲載させて頂きましたが、生まれ故郷の新生ファームさんが撮影された貴重なアスカ&アクア親子の2ショット↓

 

 

 こういう穏やかな日々を過ごしながらも、離乳前には急逝したというアスカ。その後はサラブレッドの乳母に育てられたというアクア。

 

 アクアは立派に成長し、北海道からデビュー。そして、南関東へ。

 

 牝馬1冠目の桜花賞を制覇↓

 

 

 

 牝馬2冠目の東京プリンセス賞も優勝↓

 

 

 

 しかし、この数日後、佐藤賢二調教師との突然の別れ。

 

 アクアは、賢二調教師の弟子でもある米谷調教師のもとへ転厩しました。担当の高橋厩務員と調教パートナーの山本聡紀騎手は引き続き寄り添いながら、牝馬2冠の称号を引っ下げて、3冠目の関東オークスへ。アクアにとっても、関係者にとっても、いろんなものを背負った戦いになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 アクアは矢野貴之騎手を背に中央馬と果敢に立ち向かい、レースは好スタートを決めて道中2番手から。最後の直線では逃げていたアールクインダムを交わして先頭に立ったところに、外から3番手につけていたレーヌブランシュが抜き去って、惜しくも2着でした。

 

 関東オークスの勝利、そして、南関東牝馬3冠馬の称号が、1馬身半差、届きませんでした。1馬身半差……。しかし、中央馬とも力差のない所を証明し、牝馬2冠馬として立派に戦い抜いたと思います。

 

 

 

 「勝てると思っていたし、絶対に勝ちたいレースだったので、ものすごく悔しいです。

 

 スタートも決まって折り合いもついて、4コーナーの手応えでは勝てると思っていたのですが、相手とは切れ負けした感じです。力を出し切った感じはありますが、まだ走り切っていない遊ぶようなところがあって、交わされてからはまた追いかけていました。

 

 自分の馬が一番強いと思って乗せて頂いたのでスッキリはしています。でも、たら・ればにはなりますが、こうだったらとか、こうすればよかったとか、レースを見るといろいろ考えて悔しくなるので、今回はレース映像も1回しか見ていません。

 

 自分のためというよりも、賢二先生のためとか、関係者の皆さんとか、ファンも多い馬ですし地方の意地を見せたかったです。終わってから申し訳ない気持ちでいっぱいになりましたが、馬は頑張ってくれました」(矢野騎手)。

 

 

 

 「このレースに向けて自分を追い込んできましたが、緊張とかプレッシャーはなかったです。それだけ、米谷調教師、担当の高橋厩務員や調教に乗っている山本騎手たちがどっしりとしてくれていたので安心して臨めたし、こういう3冠のかかったレースはそうないので、その皆さんの中に自分がいられたことはものすごくうれしかったです。

 

 高崎からきて最初はウダウダしていましたが、船橋の賢二先生から大井の騎手なのに乗せてもらえるようになりました。賢二先生に乗せてもらえることが騎手としてもひとつ認めてもらえたような感じで、誇りにも思っていました。

 

 今回の結果に関しては『そんなに甘くないからもっと頑張れよ』と、僕自身は賢二先生から言われているようにとらえています」(矢野騎手)。

 

 

「矢野は馬のことを何でもわかっていると思っていたので、任せるよと言って送り出しました。いい所につけられたし、あの位置で負けたら仕方ないと感じていたので、馬の力は出せたのかなと思っています。松山騎手もうまく乗ったので、相手を褒めるしかありません。例年に比べても時計は速かったですね」(米谷調教師)。

 

 現在のアクアはゴリンファーム(千葉)で放牧休養に出ていて、秋はサルビアカップからロジータ記念を予定しているそうです。

 

 

 2006年のチャームアスリープ以来となる14年ぶり2頭目の牝馬3冠馬の誕生はなりませんでした。しかし、立派な走りを見せてくれたと思います。

 

 生まれてくるのも、デビューすることも、1勝挙げることも尊いこの世界において、重賞まで勝って、牝馬2冠馬にまで輝いて、牝馬3冠への挑戦。ゆかり深い馬のたった1頭の忘れ形見が、最高の瞬間を魅せ続けてくれた今年の南関東牝馬クラシック戦線でした。

 

 

 

 ファンの1人としても、

 

 アクア、ありがとう!

 

 

 

 アスカ、ありがとう!

 

 

 

 

 


大規模改修工事前の船橋競馬場。パート5

 パート4からの続きです。

 

 2階のゴール前付近の様子です。2階の厩舎側の方にあったオッズオンなどの辺りは、もう通行止めになっていて撮れなかったのが残念ですが。↓

 

 

 ここまでの動画は5月の開催中に撮ったものですが、6月開催になると、通れなくなった場所が多くなりました。大規模改修工事がどんどん進んでいくんだなぁと実感。

 

 また別の動画は改めて。

 

 


大規模改修工事前の船橋競馬場。パート4

 パート3からの続きです。

 

 スタンド1階を歩いてみました。↓

 


大規模改修工事前の船橋競馬場。パート3

 パート3からの続きです。

 

 アタリーナ付近からスタンドを通って馬場へ。↓

 

 

 聞こえてくる実況は、耳目社さんです。

 

 


大規模改修工事前の船橋競馬場。パート2

 パート1からの続きです。

 

 こちらは、パドック付近からのスタンド。↓

 

 

 


大規模改修工事前の船橋競馬場。パート1

 船橋競馬場の大規模改修工事が始まっていますが、

 

 5月の開催中に、今の姿を思い出に残しておきたいなと思って、動画を撮りました。

 

 無観客競馬が続いていることはとても残念だったのですが、こちらで雰囲気を味わって頂ければ幸いです。

 

 正門付近からスタンドへ。↓

 

 

 


船橋開催、7月18日も追加になりました。

 船橋ケイバからお知らせがありました。

 

 7月19日(日)から22日(水)までの4日間開催は、

 

 7月18日(土)も追加となり、5日間開催になるそうです。18日は8鞍で実施。

 

 前開催6月19日(金)に、放送設備の不具合の関係から5競走が取り止めとなり、出走できなかった新馬たちの出走機会を確保するためとのこと。

 

 ということで、ここに番組表(概定)がありますが、

 

 新馬戦が、7鞍予定。

 

 21日(火)が4鞍、22日(水)が3鞍。そして、この日にS1に格上げされた習志野きらっとスプリントが行われます。

 

 個人的に、ひと開催に新馬戦が7鞍も組まれるとは初体験!!!

 

 船橋デビュー馬から、今年の東京ダービー馬をはじめ、数多くの重賞ウイナーを送り出していますからね。要チェック!

 

 詳細は、船橋ケイバのホームページで確認してください。

 

 


東京ダービー馬エメリミットのその後……。

 第66代目の東京ダービー馬となったエメリミット(船橋・林厩舎)。

 

 レース翌朝はさすがに疲れていたそうですが、その後はいつも通りとのことで、先日のお話しではジャパンダートダービーに向けてトレーングをしているということでしたよ。

 

 エメリミットと担当の藤平厩務員をパチリ↓

 

 

 

 山口達弥騎手と一緒で、藤平厩務員もこの道17年での重賞初制覇。

 

 「最終追い切りが抜群の動きだったので恥ずかしい競馬はしないとは思っていましたが、まだ勝った実感はわかないですね。ゴール前は叫びました」と藤平厩務員。

 

 実は、藤平厩務員は少し前に生死をさまようような大怪我をしたそうで、そんな大変なことがあった後に最高な喜びがあって、本当によかったですね。

 

 エメリミットはヤンチャだったそうですが、最近は落ち着きが出てきたそうです。強い調教をしてもへこたれない所を褒められていましたよ。

 

 南関魂的に思ったことは……耳が長い。そして、尻尾は短い(^^) まだまだあどけないお顔をしたダービー馬さん。(尻尾の参考記事はこちら)。

 

 

 

 さぁ、我らが東京ダービー馬!ジャパンダートダービーに向けて頑張ってくださいね!

 


ダービージョッキー、山口達弥騎手のその後……。

 ダービージョッキーとなった船橋の山口達弥騎手。

 

 遡ると、山口騎手は幼稚園からサッカーを始め、中学校3年生では船橋市の大会で優勝したこともあったそうで、一時はサッカーの道に進もうと思ったこともあったそうです。

 

 しかし、父親が競馬好きだったことや、騎手をしていた親戚がいたり、自宅の隣には偶然にも石崎駿騎手の祖父母が住んでいたこともあって、自然な流れで騎手の道へ。

 

 教養センターに入る前には体重を落とさなくてはならず、サッカーの練習をしながら、給食は食べず、真夏にウィンドブレーカーを着て参加をしていたそう。

 

 中学校で騎手を目指していたのは1人だけ。非常にシャイな性格は当時から変わらずで、目立つことはどうしても嫌だったそうで、担任の先生には騎手を目指していることは口外しないようにお願いし、仲のいい友人にしか告げていなかったそうです。

 

 そういえば前に、自身の性格を表すことを、こんな風に言ってました。「寡黙な石崎さん(石崎隆之騎手)にまで、『人見知りしすぎた』って言われたのはショックでした(苦笑)」(山口騎手)。

 

 東京ダービーを勝った後はテレビインタビューを見ていて人たちから、もっと喜びを表情に出せと言われたそうですが、山口騎手にとっては、いっぱい表現していたそうです(^^)

 

 

 

 競馬関係者はどんなに嬉しいこと悲しいことがあっても、その直後から、通常の仕事が待っています。山口騎手もナイターが終わり、その翌日は3時から、いつも通りの調教を行ったそう。

 

 そして週末も、レイチェルウーズの関東オークスの最終追い切りなどで、いつも通りのお仕事をこなしていました。

 

 

 

 師匠の林調教師と山口騎手。

 

 

 

 ダービー当日のTwitterでは、テレビに映し出された山口騎手のマイクを握った手のことが話題を集めていました。その話題を振ってみると……。

 

 「やめてください(笑)。こういう人はいっぱいいますよ。すごくないです」と山口騎手らしい返答(笑)。

 

 

 

 

 

 「下に置くとすれちゃうから本当はよくないんですが。引っ掛かる馬だと押さえつけて乗るとすれちゃうので。インサイドの時(調教パートナーだった東京ダービー馬インサイドザパーク)も引っ掛かるから、何度もめくれましたね。でも、馬の仕上げ方とか、あの馬で経験を積ませてもらったのは大きいです」(山口騎手)。

 

 ダービージョッキーになって変わったことは?

 

 「周りから冷やかされるくらいで、自分は何も変わらないです。うちの先生がすごいんです」(山口騎手)。

 

 

 どんなに努力をしても苦労をしても報われることの方が少ない世界ですが、いつかはきっと報われると、証明してくれた山口騎手。昨年も現在も船橋競馬場リーディングベスト10入り。ダービージョッキーとなり、更なる活躍を楽しみにしています!!!

 

 


カプリフレイバー、優駿スプリントへ!

 さぁ、今日、大井競馬場で実施する優駿スプリントの最有力候補カプリフレイバー(繁田健一騎手、船橋・稲益厩舎)。ここまで5戦4勝と、短距離戦では負けなしです。

 

 参考までに、

 

 新馬戦の記事

 

 2戦2勝の記事

 

 優駿スプリントトライアルの記事

 

 直前情報の記事

 

 500キロを超える雄大な馬体。洗い場で何気なく佇んでいる姿も、3歳馬にして風格たっぷり。父がサウスヴィグラスの栗毛馬。素顔はお坊ちゃまで食いしん坊なんだそうです(^^)

 

 

 

 担当は船橋の元騎手で、厩務員になってからはガーニーフラップも手掛けた篠田厩務員。

 

 いつも調教に乗っているカプリフレイバーのお話しを聞いてみると、

 

 「速く走らせた時の力はすごいものがありますね。普段の右回りも問題なく走れています」とのこと。その乗り味には惚れ込んでいる様子。

 

 (稲益調教師や繁田騎手のコメントは直前情報をご覧ください)。

 

 今日の優駿スプリントはもちろんのこと、これからの南関東短距離戦線において、どんな存在になっていくのか。という部分でも注目したいと思います!

 


プロフィール
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode