馬たちの近況・予定

 JBCスプリント3着だったブルドッグボス(浦和・小久保厩舎)は、12月10日のカペラS(中山・ダート1200m)を視野に。

 

 今日の能力試験&調教試験ではソルテ(大井・寺田厩舎)が登場したのですが、ゲートに入らずに残念ながら合格することはできませんでした。1400m地点のゲートに移動してきたら、すぐに入っちゃったそうです。気が向かなかったのかな……。次開催に受け直す予定とのことです。

 

 ヒガシウィルウィン(船橋・佐藤賢厩舎)、バルダッサーレ(大井・中道厩舎)、グランディオーソ(大井・渡邉厩舎)は浦和記念へ。ヒガシとバルダッサーレのダービー馬対決が見られますね。

 

 ユーロビート&ウマノジョー(大井・渡邉厩舎)は勝島王冠に向けてトレーニング中とのこと。

 

 ムサシキングオー(大井・栗田泰厩舎)、ディアドムス(大井・森下厩舎)、サブノクロヒョウ(大井・阪本厩舎)も勝島王冠を視野に入れているそう。

 

 勝島王冠の予備登録馬が出ています。こちら

 

 マイルグランプリ3着だったケイアイレオーネ(大井・佐宗厩舎<小林>)。ゴールドカップや報知オールスターカップなどを選択肢のひとつとして考えていきたいそうです。

 

 そして、こちらは、今話題になっているリアルダビスタのオーバーザリミッツ(大井・沢厩舎)。今朝というか昨日の朝の能力試験で、柏木健宏騎手が騎乗して無事に合格しました。アジュディミツオーの半弟(父パイロ)です。

 

 

 

 放送しているニコタマのスタッフさんたちがたくさんいました。

 

 デビューに向けて盛り上がっていきますね。

 

 馬たちは生き物です。予定は変更する場合もありますのでご了承ください。

 

 


先日の1枚〜レガルスイ〜

 この大井開催に行われたマイルグランプリでは、

 

 南関東生え抜き古馬の重賞ウィナー・レガルスイ(船橋・矢野厩舎)が、脚部不安からの8か月ぶりの実戦。

 

 果敢にハナに立っていくも最後は力尽きてしまいましたが、また砂上に帰ってきました。

 

 尻尾の白さも変わらずまぶしかったぁ。

 

 

 

石崎騎手のお話しでは、行きっぷり自体は休み前と変わらなかったそうですよ。ただ、休み明けの分、3コーナーで手前を替えた頃には苦しくなってしまったそうですが、持ち前のスピードは見せてくれましたぁ。

 

貴重な南関東生え抜きA1馬&古馬重賞ウィナー。昨年の京成盃グランドマイラーズを優勝し、オーバルスプリントでは地方勢の中でソルテに続く3着。今年のJBCスプリントの覇者となるニシケンモノノフよりも先着しているんだなぁと、改めて戦績を見て思ったり……。

 

 

 


マイルグランプリ、セイスコーピオン優勝!

 今年のマイルグランプリも好メンバーが集いましたね。

 

 パドック動画↓

 

 

 

 1番人気はケイアイレオーネ、2番人気がトロヴァオ、3番人気がトーセンハルカゼと、この3頭までが10倍以下のオッズ。

 

 優勝したのは赤岡修次騎手が騎乗したセイスコーピオン(川崎・八木正喜厩舎)でした。

 

 川崎所属だったスコーピオンリジイの愛息。おじいちゃんはアジュディケーティング。南関東にとってかけがえのない馬たちを誕生させ続けたアジュディケーティング。その血が続いています……。

 

 セイスコーピオンは、昨年の今頃は中央から移籍して、準重賞ムーンライトカップを皮切りに、マイルグランプリ、勝島王冠を3連勝して勢い抜群でした。しかし、それ以降、勝ち星からは遠ざかっていただけに、ここは5番人気(15.2倍)だったんですよねぇ。

 

 でも、この馬が本来の体調で自分の走りができたとするならば……。

 

 トモの関節の違和感が出て、じっくり立て直し、歩様も良化していて、追い切りなどもいい頃の動きに戻ってきていたそうです。関わる皆さんにとっても本当にうれしい勝利だったと思います。いつもお世話をして調教もつける原田厩務員のお話しでは、まだこれでも途上なんだそうです。

 

 完全復活となったら、またどれだけの強さを発揮してくれるのでしょうか。怖い馬が復調してきましたよぉ!!!

 

 

 

 レース結果

 

 レース動画

 

 

 セイスコーピオンは道中7、8番目を追走していき、最後の直線では最速38秒1の脚を繰り出しての完勝。タイムは1600m1分40秒7(良)。2着は4番手から直線で先頭に立ったトーセンハルカゼ、3着はケイアイレオーネでした。

 

 

 引き上げてきた時の表情↓

 

 

 

 

 赤岡騎手

「的場さん(ケイアイレオーネ)の後ろについていけば道は開けるかなと思って、御神本くん(トロヴァオ)も内に行きたそうでしたが、そこは譲らず進めていきました。

 

 行く気を出させるために今回はメンコを外していましたが、道中の折り合いはついていたので、掛かっていない分、弾けてくれると思っていました。グングン伸びてくれたので、よほどのことがなければ負けることはないなというくらいの手応えでした」

 

 八木調教師

「前回から体調も良化していて、今回はだいぶよくなっていたので勝って欲しいとは思っていました。いい位置で競馬ができて、直線も強かったですね。復活という感じですね。一応、この後の勝島王冠は登録しています」

 

 

 2着のトーセンハルカゼに騎乗した真島大輔騎手は、「感じもよかったし、競馬も上手で、脚も使っています。勝った馬が強かったです。これからもうまく走っていければチャンスはあります」とのこと。

 

 3着のケイアイレオーネの手綱を取った的場文男騎手は、「59キロでダッシュがつかないもの。今日はそれに尽きるよ。馬は頑張っている」と。

 

 セイスコーピオンの口取り↓

 

 

 

 

 マイルグランプリ優勝おめでとうございます!

 

 セイスコーピオン 7歳牡馬

 

 馬主 金田成基様

 

 生産 アイオイファーム様

 

 父 デュランダル、母 スコーピオンリジイ、母父 アジュディケーティング

 

 川崎・八木正喜厩舎

 

 

 詳しい振り返りと全頭コメントは大井競馬ホームページ内の重賞コーナーで。

 

 普段のセイスコさん↓

 

  

 

 かなり男前でセクシーなのです(*^-^*)

 

 

 


マイルグランプリが行われます。

 さぁ、南関競馬史に残る名馬たちが勝ち馬として名を連ねているこのマイルグランプリ(大井・1600m)。今年はどんなドラマが誕生するのでしょうか?!

 

1枠1番 レガルスイ(石崎駿騎手、船橋・矢野厩舎)

「脚部不安の放牧休養明けです。一度使って今後に向けて」(矢野調教師)

 

1枠2番 ミヤジマッキー(瀧川寿希也騎手、大井・三坂厩舎<小林>)

 

詳しいことはこちら

 

2枠3番 キープインタッチ(吉原寛人騎手、大井・鈴木厩舎)

「前走は出遅れてもあのくらい伸びてくれたし力はあります。ゲートで中立してちゃんと出てくれれば。うまく中団くらいで競馬が運べれば楽しみです」(鈴木調教師)

 

2枠4番 トーセンハルカゼ(真島大輔騎手、浦和・小久保厩舎)

 

詳しいことはこちら

 

3枠5番 サクラレグナム(笹川翼騎手、大井・栗田裕厩舎)

「8月くらいに入厩したのですが、夏場で調子がもう少しだったので、ここまで待って使える体制になりました。仕上がり途上だし移籍初戦なので、今後に向けていい走りをして欲しいですね。距離は短い方がよさそうです」(栗田調教師)

 

3枠6番 セイスコーピオン(赤岡修次騎手、川崎・八木喜厩舎)

 

詳しいことはこちら

 

4枠7番 ケイアイレオーネ(的場文男騎手、大井・佐宗厩舎)

 

詳しいことはこちら

 

4枠8番 オリオンザジャパン(矢野貴之騎手、大井・的場厩舎)

「これまでの疲れを取るために放牧休養に出して立て直し、9月上旬には帰厩しましたが、その前から乗り出しているので量的には十分です。追い切り後の歩様もよくなっていて、以前よりも気になるところは解消されています。実績からも楽しみです」(的場調教師)

 

5枠9番 テムジン(保園翔也騎手、浦和・小久保厩舎)

「休み明けだからまだピリッとしてこないね。今後に向けて頑張って欲しい」(小久保調教師)

 

5枠10番 シャドウパーティー(ライアン・クアトロ騎手、大井・渡邉厩舎)

「転厩初戦を一度使ってピリッとして前向きになってきました。前回も乗ってくれたライアン騎手からは、砂をかぶって嫌がっていたけど何回かで対応してくれると思うと言ってもらえました。いいところを見せて欲しいですね」(渡邉調教師)

 

6枠11番 コンドルダンス(柏木健宏騎手、大井・栗田裕厩舎)

「前走後そのままうちに来ました。歩様もよくて乗り込んででいます。最終追い切りを見ていると、動きも時計もすばらしくて雰囲気もいいですよね。移籍初戦ですが、いい競馬をしてくれるんじゃないかなという期待を持たせる内容だったと思います」(栗田調教師)

 

6枠12番 デュアルスウォード(小林拓未騎手、大井・香取厩舎)

「ふた桁着順が続いているから強気なことは何も言えないけど、ひとつでも上を目指して頑張って欲しいね」(香取調教師)

 

7枠13番 トロヴァオ(御神本訓史騎手、大井・荒山厩舎<小林>)

 

詳しいことはこちら

 

7枠14番 ドレッドノート(中野省吾騎手、大井・橋本厩舎<小林>)

「休み明けを一度使って大きな変わり身はないですが、マイル戦は結果も出ているので悪い条件ではありません。この馬向きの速い流れになって脚を生かせればいいですね」(橋本調教師)

 

8枠15番 インフォーマー(張田昂騎手、川崎・深野厩舎)

「前走は初めての長距離輸送などで体重は減ってしまいましたが、レース後の疲れはないですね。大井のマイル戦はいいし、自分の力を出してくれれば」(深野調教師)

 

8枠16番 ソッサスブレイ(山崎誠士騎手、船橋・山本厩舎)

「淡路島でリフレッシュ放牧に出ていましたが馬は悪いところもなく元気だったそうです。先月10日に帰厩しましたが、それまでに坂路調教はしてきていて乗り込んできました。ひと夏越して見た目は変わらないですが、跳びの迫力は出たかなという感じはします。この世代は弱くないと思っているので、初めての古馬戦ですが見せ場を作りたいですね」(山本調教師)

 

 

 発走は20時10分。

 

 全人馬無事に!

 

 


平成30年度の南関開催日程と重賞について

 先ほど、平成30年度の南関競馬の開催日程と重賞について発表がありました。

 

 こちらをご覧ください。

 

 上半期日程はこちら

 

 下半期日程はこちら

 

 重賞についてはこちら

 

 

 

 今ちらりと見て、目にとまったこと。

 

 船橋通年ナイター。

 

 リレー開催が増えました。↓

 

 4月30日と5月1日に、大井(昼間)&船橋(ナイター)のリレー開催。

 

 6月26日から28日に、浦和(昼間)&大井(ナイター)のリレー開催。

 

 8月3日に、浦和(昼間)&大井(ナイター)のリレー開催。

 

 8月6日から17日まで、浦和&船橋&大井の連続12日開催。

 

 9月26日&27日に浦和(昼間)&大井(ナイター)のリレー開催。

 

 12月25日&26日に浦和(昼間)&大井(ナイター)のリレー開催。

 

 

 重賞が増えました。↓

 

 準重賞・ブリリアントカップが重賞・ブリリアントカップ(4歳以上、大井2000m)へ。

 

 準重賞・プラチナカップが重賞・プラチナカップへ(3歳以上、浦和1400m)へ。

 

 準重賞・雲取賞が重賞・雲取賞(3歳、大井1800m)に。

 

 

 古馬S1長距離戦にできたんですね。↓

 

 大井記念(4歳以上、大井2000m)がS1へ。

 

 東京記念(3歳以上、大井2400m)がS1へ。

 

 

 各自ご確認ください。

 

 わたしもまた後でゆっくり見たいと思います。

 

 


マイルグランプリの枠順発表!

 あっという間に時間が経っていく……。

 

 JBC開催が終わったと思ったら、川崎開催を経て、再び大井開催。

 

 11月15日にはマイルグランプリが行われます。

 

 データ分析ができる枠順はこちら

 

 レガルスイ(石崎駿騎手、船橋・矢野厩舎)が久しぶりに帰ってくるぅぅぅ!

 

 人気的には、ケイアイレオーネ(的場文男騎手、大井・佐宗厩舎<小林>)とトロヴァオ(御神本訓史騎手、大井・荒山厩舎<小林>)の一騎打ちムードでしょうか。

 

 2頭が日々切磋琢磨しているのが、千葉県印西市にある小林分厩舎。

 

 小林分厩舎と言えば、JBCレディスクラシック覇者のララベル(大井・荒山厩舎<小林>)がトレーニングを積んできた場所。

 

 さぁ、今回も小林勢から目が離せないぃぃぃ。

 

 

 

 


お、南関競馬で職員を募集している!!!

 詳しくはこちらを。

 

 


2000勝が近い皆さんは……

 そんな訳で、地方通算2000勝まであと1ひとつに迫っていた大井の御神本訓史騎手は、昨日の川崎最終日で惜しくも勝つことができず、明後日からの大井開催に持ち越す形になりました。(大井初日の騎乗馬はこちら

 

 前日までコンスタントに勝ち数を積み重ねていただけに、改めて、ひとつ勝つことは大変なここと。。。

 

 ただ、復帰後の御神本騎手はすごい勢いで勝ちまくっています。

 

 「自分としても勝ち過ぎだなと思うくらいに勝たせて頂いています。関係者の皆さんには本当に感謝しています。ただ、うまくいくことが少ないのも競馬ですし、現状で取りこぼしているレースは多いです。これからも一戦一戦が大事なレースなので、自分の与えられた仕事をしっかりさせて頂きたいです」(御神本騎手)。

 

 

 

 2000勝まであとひとつ……。

 

 「早く決められるように頑張ります」。

 

 来週のマイルグランプリはケイアイレオーネとトロヴァオの一騎打ちムードですが、レオーネには的場文男騎手、トロヴァオには御神本騎手が騎乗予定。復帰後初の重賞制覇を飾ることができるのかも期待が高まりますね。

 

 

 ふと、南関東で2000勝ジョッキーはどのくらいいるのか?そして、間近な人はどのくらいいるのか?

 

 気になって調べてみました。

 

 南関東の2000勝ジョッキーは、

 

 的場文男騎手(大井)、石崎隆之騎手(船橋)、森下博騎手(川崎)、内田利雄騎手(浦和)、今野忠成騎手(川崎)、森泰斗騎手(船橋)。

 

 

 御神本騎手以外で2000勝に近い騎手は、

 

 坂井英光騎手・大井(1966勝、あと34勝)

 

 真島大輔騎手・大井(1823勝、あと177勝)

 

 左海誠二騎手・船橋(1816勝、あと184勝)

 

 酒井忍騎手・川崎(1815勝、あと185勝)

 

 

 参考までに、南関東のリーディング・大井の矢野貴之騎手は952勝なので、1000勝まで48勝。

 

 今の勢いがすごくて華やかで、もっと勝っているイメージでしたが、「乗せてもらえるようになったのは最近ですから」と矢野騎手は以前言っていて、チャンスが巡ってこなかった時期も長く続きました。。。今はリーディングとして君臨している矢野騎手が、これからどのくらいの勝ち数を刻んでいくのかも楽しみにしております。

 

 

 あの、何気なく数字を書いているようですが、1勝するのも、本当に本当に大変な世界であることを、最後に綴らせて頂いて締めくくりたいと思いますm(__)m

 

 


楽しそう〜!!

 明日11日(土)は船橋競馬場で恒例のふれいあ広場↓

 

 

 

 詳しい情報はこちらで。 

 

 

 明後日12日(日)は川崎競馬場で騎手と芋煮会?!↓

 

 

 

 これは初試みですよね?

 

 芋煮と聞いたら黙っていられない、元山形県民(笑)。

 

 川崎競馬場の内馬場芝生広場で食べる芋煮はすごく美味しそう(^^)

 

 11時より100食分(500円)、急いだほうがよさそうですね。

 

 


あとひとつ……。

 御神本訓史騎手の地方通算2000勝は、

 

 昨日達成ならず。

 

 あとひとつ……。

 

 今日は5レースからの騎乗で全部で6鞍。

 

 いつどこでどのタイミングで達成するのか楽しみですね。

 

 

 で。大井の坂井英光騎手会長も現在1966勝なので、2000勝まであと34勝ですよ〜☆

 

 

 

 

 

 

 


プロフィール
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode