8月17日浦和開催出来事

 騎手変更

 

 真島大輔騎手は先日同様に、負傷(右第4趾基節骨々折<薬指>)。

 

 笹川翼騎手は、疾病(急性咽頭炎)。

 

 

    競走中止

 

 浦和9レースで、楢崎功祐騎手騎乗のマイネルハイネス(浦和・宇野数厩舎)が、向正面で競走中止。

 

 マイネルハイネスは右前肢第3指骨骨折で亡くなったそうです。ご冥福をお祈りします。

 

 楢崎騎手は無事でした。

 

 

 記事協力 浦和競馬

 

 


馬たちの近況・予定

 ケイアイレオーネ(大井・佐宗厩舎<小林>)は的場文男騎手とのコンビで、8月23日のスパーキングサマーカップ(川崎1600m)を予定。

 

 ユーロビートウマノジョー(ともに大井・渡邉厩舎)は9月13日の東京記念(大井・2400m)へ。

 

 プレティオラス(大井・森下厩舎)も東京記念に向けてトレーニング中。 

 

 8歳になっても、まだまだ愛らしい我らがダービー馬のプレさん(^-^)↓

 

  

 

 

 ニシノラピート(大井・市村厩舎)は先日のシンデレラチャレンジ(大井1600m)を1番人気に推されながらも6着に敗れてしまいました。

 

 市村調教師のお話しでは、距離もあったのかなということで、この後は8月30日のアフター5スター賞(大井1200m)を選択肢のひとつに考えているそうです。

 

 

 馬たちは生き物です。予定は変更する場合もありますのでご了承ください。

 


8月15日、終戦の日、戦争と競馬。

 島田明宏さんの、「戦争と競馬、天才騎手の運命。前田長吉が導いたクリフジ伝説」

 

 記事はこちら


黒潮盃が行われます。

 地方交流戦、3歳重賞の黒潮盃(大井1800m)が迫ってまいりました。

 

 今年は東海ダービー馬ドリームズラインが参戦してきます。ダービー馬に会えるのが今から待ち遠しい!

 

 先ほどの野馬追甲冑競馬の実演、トーセンアドミラルが優勝して感動しました。。。動画に撮ったので、あとでアップしますね。

 

 さぁ、黒潮盃に出走する16頭。

 

 的場文男騎手が手綱を取るブラウンレガートが、ここまでの実績からも1番人気に推されています。レガート自身にとっても悲願の重賞勝ちを収められるのか注目が集まりますね。これからの大井を、南関東を担っていく存在として、強い競馬をして欲しいと思います。

 

 

 

 

〇1枠1番 ブラウンレガート(的場文男騎手、大井・阪本厩舎)

 

詳しいことはこちらで。

 

〇1枠2番 シェアハッピー(和田譲治騎手、大井・澤厩舎)

 

詳しいことはこちら

 

澤調教師のコメントです。

「東京ダービー後はここに向けて調整を続けてきた。背も伸びたし肩や腰の筋肉もついたからね。具合はすごくいいと思う。あとは前走のようにスタートを決めていいポジションをつけられれば、活路は開けると思うんだけど」

 

 澤調教師にとっても重賞初制覇になるでしょうか?!

 

〇2枠3番 ビエンコビアンコ(本橋孝太騎手、川崎・鈴木義厩舎)

「気の難しいところはありますが、今回は乗り慣れている本橋騎手で魅力ですね。スタミナ豊富な馬で、気性もいい意味で勝ち気です。1800mはこなしてくれると思うので、あとは気分よく走れれば」(鈴木調教師)。

 

〇2枠4番 ラッキーモンキー(楢崎功祐騎手、大井・鷹見厩舎)

「追い切りでは前は単走でフラフラ走っていましたが、今はしっかり走れるようになりました。まだ子供でわがままなところはありますが、成長はしてくれているので楽しみにしています」(鷹見調教師)。

 

〇3枠5番 ドリームズライン(大畑雅章騎手、名古屋・川西厩舎)

 

 詳しいことはこちら

 

〇3枠6番 クラトリガー(吉原寛人騎手、船橋・矢野厩舎)

 

「差し脚を生かしたいから、展開が速くなってくれればいいね」(矢野調教師)。

 

〇4枠7番 オリジナルポイント(酒井忍騎手、船橋・林厩舎)

 

石崎駿騎手疾病のために酒井忍騎手に騎乗変更となりましたのでご注意ください。

 

「前走は舌を越してしまってハミを取れなかった。サイバーエレキングとの兼ね合いだと思うけど、先行してどこまで粘れるかだね。跳びが大きいから、内に潜り込んで窮屈になって嫌気を差さなければ。伸び伸びと走らせたい」(林調教師)。

 

〇4枠8番 カンムル(岡部誠騎手、浦和・小久保厩舎)

 

「併せ馬をして、より元気が出てきた。前回は古馬に混じって苦戦したが、3歳同士なら巻き返す力がある。前々でうまくエンジンが掛かれば」(小久保調教師)。

 

〇5枠9番 キャンドルグラス(赤岡修次騎手、船橋・川島厩舎)

「前走は気難しい部分が出てハミを取らずに競馬をやめてしまった感じ。羽田盃3着の実績はあるように能力は高い馬だから、今回は前目でスムーズな競馬で走らせてどのくらいやってくれるか」(川島調教師)。

 

〇5枠10番 サヴァアルジャン(町田直希騎手、浦和・薮口厩舎)

「この間一度使ったことで上積みは確実に感じます。ものすごく順調にきているし、きっかけをつかみたいですね。後ろから脚を生かす競馬になるでしょう」

 

〇6枠11番 ミサイルマン(笹川翼騎手、大井・森下厩舎)

 

詳しいことはこちらで。

 

〇6枠12番 クラキングス(真島大輔騎手、大井・市村厩舎)

 

「ダービー後に放牧に出してリフレッシュさせてここに向けてきた。前走は一発狙って後ろからの競馬だったけど、展開的に向かなかった。まだこれからの馬で、素質の高さでどのくらい頑張ってくれるか」(市村調教師)。

 

〇7枠13番 サイバーエレキング(今野忠成騎手、大井・佐々洋厩舎)

「前走は鼻出血で力を出し切れなかった。今回ももちろん逃げ宣言。もし逃げられなくても、砂をかぶらないところからスムーズな走りができれば」(佐々洋調教師)。

 

〇7枠14番 マルヒロナッツオー(左海誠二騎手、船橋・林厩舎)

「気の難しい馬だけど、能力は高い馬。1800mの距離は気になるね……。オリジナルポイントもマルヒロナッツオーも、悔いのないように自分の形で競馬をさせたい」(林調教師)。

 

〇8枠15番 ソッサスブレイ(柏木健宏騎手、船橋・山本厩舎)

「斤量58キロも大外枠も、条件的にはかなり厳しいと感じています。距離はマイルから1700mがベストだとは思いますが

1800mは守備範囲ではありますね。地力の高さでどのくらいやってくれるか」(山本調教師)。

 

〇8枠16番 セイファルコン(本田正重騎手、大井・的場厩舎)

「前走前に放牧に出して立て直し、今回は一度使って雰囲気はいいですよ。走れる状態ではあるし、大外枠は気になりますが、能力は高い馬なので頑張って欲しいですね」(的場調教師)。

 

 

 

 全人馬無事に。

 


馬たちの近況・予定

 習志野きらっとスプリントを優勝したスアデラ(船橋・佐藤裕厩舎)は8月30日のアフター5スター賞(大井1200m)に向かうことにしたそうです。

 

 優駿スプリントを制したバンドオンザラン(川崎・内田厩舎)もアフター5スター賞を予定。

 

 習志野きらっとスプリント(3着)から始動したブルドッグボス(浦和・小久保厩舎)は、8月15日のクラスターカップ(盛岡1200m)に、左海誠二騎手と挑む予定。

 

 タマモホルン(浦和・小久保厩舎)は8月13日のエルムS(札幌1700m)へ。こちらも左海誠二騎手予定。

 

 前走のスパーキングレディーカップから南関の一員になったタマノブリュネット(大井・藤田厩舎)は、8月23日のスパーキングサマーカップ(川崎1600m)に向けて調整中。

 

 同じく習志野きらっとスプリントから始動したワディ(大井・藤田厩舎)は、アフター5スター賞を視野に。

 

 インペリアルマーチの甥っ子グレナディアーズ(船橋・出川厩舎)は、スパーキングサマーカップを吉原寛人騎手とのコンビで予定しているそうです。今週、リスタートに関連記事を書かせて頂きました。こちら

 

 

 馬たちは生き物です。予定は変更する場合もありますのでご了承ください。

 

 

 

 

 

 

 

 


習志野きらっとスプリント、スアデラ優勝!

 前開催に行われたスーパースプリントシリーズファイナルの習志野きらっとスプリント。先日もお伝えしたように、船橋の佐藤裕太厩舎所属のスアデラが本田正重騎手とのコンビで優勝しました。

 

 

 

 裕太厩舎開業以来初の重賞制覇、裕太調教師にとっては騎手時代からも含めてのホースマン生活初のタイトル。そして、南関生え抜き馬として大きな期待をかけられてきたスアデラにとってもついにつかんだ肩掛けです。

 

 

 

 全頭パドック↓

 

 

 

 

 

 お尻の名前入りマーカーもすっかりお馴染みのいでたちになりましたね。

 

 

 

 担当はナイキマドリードなどの舟山厩務員。

 

 

レース結果

 

レース動画

 

 

 最近のスアデラは短距離路線に転向して連勝中でしたが、1000m戦は2歳時以来の挑戦で、どう対応できるか興味が注がれていました。しかし、そんな心配も無用、本当にすばらしい走りを見せてくれましたね。

 

 好スタートを切ると二の脚も速く先手を取っていき、最後の直線に入るところでは本田騎手が後ろを確認するほど。後続との差もみるみるうちに離れていきました。2着に入った北海道のタイセイバンデットに6馬身差。勝ちタイムは1000m59秒0(良)。

 

 スアデラの強さが光り、スアデラの短距離適性の高さをまざまざと見せつけた一戦になりました。船橋1000m戦はこれまで負けなしの3戦3勝。

 

 

 

 

 いつもの重賞以上にたくさんの人たちがスアデラの前に集まっていたので、そんなおめでたい光景を。↓

 

 

 本田騎手はジャパンダートダービーをヒガシウィルウィンとのコンビで優勝したばかり。

 

「これまで自分の不甲斐なさで勝つことができなくて、裕太さんの重賞初制覇を勝つことができて光栄です。

 

 自分の中では2、3番手くらいに行ければと考えていましたがあまりにも速かったので、後続がくるのを待つくらいなら逃げようと切り替えました。道中もずっと手応えがよくて、追ったのは最後のひとハロンだけです。

 

 スタートは出遅れたことがないし、スピードはあるけど引っかからないし、乗りやすくて頭のいい馬です。欠点がないですね。いい意味で緩さも残しつつ固まってきています」

 

 

 スアデラ&裕太調教師、記念すべき最初の重賞口取り姿です。「いつもは遠くから見ていたので、やっとここに立つことができたと思いました。重賞の口取りはやっぱり違うものですね」(裕太調教師)。↓

 

 

 

 

 裕太調教師は騎手時代に、アジュディミツオーやフリオーソなど多くの名馬たちの調教パートナーとして支えてきたことはあまりにも有名ですね。厩舎を開業して3年目で、ついに調教師として重賞初制覇。そして、騎手時代からも含め、ホースマン生活24年での重賞タイトル。

 

「最後は抜けていましたが、それでもゴールするまで、『まさしげ〜!』と叫びました。胸がいっぱいです。重賞を勝ちたいという思いは騎手になってからずっと思ってきたことで、ここまで本当に長かったです。一つも(重賞を)取れていない悔しさはずっとありましたが、それが今の肥やしにもなっていると思っています。夢が叶って、スアデラをはじめ関わってきた全ての皆さんに感謝しています。

 

 スアデラは西村君(西村栄喜騎手)が調教に乗って力を借してくれているんです。レース直後に西村君と最初に握手ができてよかったです。何かの形で西村君にもお礼をしたいと思っています。

 

 スアデラはうちの厩舎からデビューしてくれて、そんな生え抜き馬でタイトルを取れたことも本当にうれしいです。これから短距離のスターホースとして育てていきたいです。川島正行先生にも、これまでありがとうございますという気持ちを伝えたいです」(裕太調教師)。

 

 裕太調教師が騎手時代を含めて、地道に真面目に誠実に取り組んできたことは、近くで見てきた人たちがみんな見てきたことです。だからこそ、裕太調教師を心から応援している人たちがたくさんいます。

 

 どんなに頑張っても、努力をしても、どうにもならないことも多い世界……。

 

 でも、こういう瞬間も待っているからこそ、頑張っていこうと、希望を与えれくれた1勝だったと思います。

 

 

 

 習志野きらっとスプリント優勝おめでとうございます!

 

 スアデラ 4歳牝馬

 

 馬主 社台オーナーズクラブ様

 

 生産 社台ファーム様(千歳)

 

 父 ゴールドアリュール、母 マサノミネルバ、母父 ラムタラ

 

 船橋・佐藤裕太厩舎

 

  

 

 ウェブハロン関連記事はこちら

 

 

 


小便小僧

 興味のある方は、

 

 日曜日コラムに、

 

 浜松町駅にいる小便小僧の話題を書きましたのでご覧ください(^^)

 

 


ここまで南関東リーディングベスト10

〇厩舎部門

 

1位 小久保智(浦和) 72勝

2位 新井清重(船橋) 48勝

3位 内田勝義(川崎) 46勝

4位 川島正一(船橋) 38勝

5位 藤田輝信(大井) 38勝

6位 高月賢一(川崎) 36勝

7位 石井勝男(船橋) 35勝

8位 矢野義幸(船橋) 32勝

9位 岡林光浩(船橋) 32勝

10位 佐藤賢二(船橋) 30勝

 

リーディング小久保厩舎は現在地方通算986勝。1000勝まであと14勝です。

 

 

〇騎手部門

 

1位 森泰斗(船橋) 145勝

2位 矢野貴之(大井) 127勝

3位 山崎誠士(川崎) 90勝

4位 笹川翼(大井)  81勝

5位 的場文男(大井) 80勝

6位 和田譲治(大井) 73勝

7位 中野省吾(船橋) 69勝

8位 繁田健一(浦和) 67勝

9位 真島大輔(大井) 66勝

10位 瀧川寿希也(川崎) 61勝

 

 

 

 

データ 地方競馬全国協会

 

 

 


楽しそう!!!旅うまチャレンジ!

 明日8月1日から、全国の地方競馬が連携し、地方競馬15場をめぐるスタンプラリー「旅うまチャレンジ」を開催するそうです。

 

 詳しいことはこちら

 

 8月1日には川崎競馬場で、旅うまチャレンジ公式ガイドブック「るるぶ特別編集 地方競馬へ行こう!」を先着1000名にプレゼント。

 

 これはぜひともゲットしたい!

 

 なんか、すっごく楽しそうな企画!

 

 わたしも、あとは帯広競馬場を残すのみなのです。

 

 ばんえいは旭川競馬場時代に数回見たことがあるのですが、帯広競馬場ではまだないのです。

 

 このガイドブックで勉強しよう(^^)

 

 

 


お?!

 今日も夜風がとっても気持ちがいい。

 

 大井競馬場ウマイルスクエアは、アメリカン&タイフェス&かき氷で、めちゃめちゃにぎわっています。

 

 去年のサンタアニタトロフィー覇者のリアライズリンクス(浦和・小久保厩舎)&的場文男騎手のでっかいパネル前に……(笑)

 

 

 勝負服を着たパカパカコバトンさんが、地元リンクスの雄姿を見にきたみたいです(^^)

 

 

 

 

 パカパカコバトンは浦和競馬場で絶賛発売中。いろんな楽しみ方ができますよ(^^)

 

 


プロフィール
カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode