習志野きらっとスプリント、ノブワイルド優勝!

 1000m以下のレースで実施されているスーパースプリントシリーズ2019。全国でトライアルレースが行われ、船橋競馬場で実施された習志野きらっとスプリントがファイナルレース。園田FCスプリントの覇者タガノカピートや、川崎スーパースプリントの勝ち馬ラディヴィナも参戦しました。

 

 1番人気は昨年の覇者アピアで、この船橋1000mは7戦全勝。2番人気は目下3連勝中の素質馬デイジーカーニバル、3番人気はメンバー中唯一のダートグレード競走の勝ち馬ノブワイルドで、この3頭が10倍以下のオッズで人気を集めていました。

 

 レース結果と動画はこちら

 

  

 

 終わってみれば、ダートグレードホルダーの地力を見せつけた結果。昨年のオーバルスプリントの勝ち馬ノブワイルド(浦和・小久保智厩舎)が左海誠二騎手を背に快勝。これで2つ目のタイトルです。二けた着順が続いたこともありましたが、そこからの立派な復活劇!!!

 

 

 

 担当は、小久保厩舎のマドンナ・池田厩務員。

 

 レースは、激しい先行争いの中、アピアがハナに立とうとしたところ、ノブワイルドも内から主張していって並走状態。最後の直線に入るところではノブワイルドがわずかに前へ出ると、アピアも食らいついていきましたが、残り200m過ぎにはノブワイルドが突き放しました。

 

 2着のアピアに2馬身半差をつけ、勝ちタイムは1000m59秒0(重)。3着は大外から突っ込んできたヨンカーでした。

 

 左海騎手「小久保調教師とも、『行けるんだった出していこう』という話しはしました。前回は59キロで今回は57キロだったので、もっとスパーンと行くかなと思ったんですが、ズブさが出たというかスタートでモサモサしていました。アピアも速かったというのはあるんですけど。それでも押し切れたので力はありますね。

 

 4コーナーの直線を向く手前くらいで、アピアがフッと消えて、直線を向いて手前を替えた時にはグッとハミを取ってくれたので、何とかなるなと思いました。最後ももうひと伸びしてくれて、馬の力で勝たせてもらいました。

 

 乗せて頂いたのはフジノウェーブ記念(16着)以来だったのですが、跳びもまだ若いし、雰囲気はすごくよくなっていました。勝負根性があってスピードも兼ね備えた馬です。7歳ですが伸びしろはあるのでまだまだ大きいところを取りたいです」

 

 

 

 

 

 小久保調教師

「気温の上昇とともに動きも滑らかになってきました。ゲートの出はいつもより鈍くて、行き切った時にエンジンがかかったかなと思います。よくあそこから二枚腰で伸びてくれて、具合はよほどいいように感じました。実績のある馬との一騎打ちでしたが頑張ってくれました。

 

 セレクションセールで前田オーナーから高い馬を買って頂いたばかりなので、今日は勝ってもらいたいなと思っていたのでよかったです(笑)。ワイルドもセリで選ばせて頂いた馬なので、そういう馬で重賞を勝つのは感無量です」

 

 体質が弱く2度の骨折を発症しながらも、ゆっくりじっくり育てられてきたノブワイルド。昨年のオーバルスプリントを勝った後は、JBCスプリントとオーバルスプリントでともに16着と大敗。

 

 「JBCのショックを癒してあげるために、フジノウェーブ記念は使うべきところではなかったです。もっと間隔を空けて使うべきでした。その後にゆっくり立て直してあげたことで、体質の弱さも解消されてきたと思います」(小久保調教師)。

 

 

 

 そもそもは、この後がさらに状態はアップするだろうと見ていたそうで、このままプラチナカップを視野に入れていたそうです。状態を見て、出走るかどうかは決めたいということでした。これも、小久保厩舎流ですね。最大目標はもちろん地元で行われる11月4日のJBCスプリント。

 

 

 

 ノブワイルドの表情があまりにもカッコよかったので、アップでもパチリ↓

 

   

 

 

 習志野きらっとスプリント優勝おめでとうございます!

 

 ノブワイルド 7歳牡馬

 

 馬主 前田亘輝様

 

 生産 城地清満様(新ひだか町)

 

 父はヴァーミリアン。母がコウエイベストで、中央未勝利から、岩手、佐賀(荒尾の重賞・九州記念を勝利)北海道、船橋と全国で長きに渡って走り続けたたくましい馬です。母父はアンバーシャダイ。

 

 

 

 <他陣営の談話>

 

 2着 アピア 御神本訓史騎手

「スタートも決まったのでハナに行こうとしましたが、他馬にこられたことでハミを噛むところがありました。プラス14キロも響いたかもしれません。ノブワイルドも強い馬ですし、あの形になって、斤量差も1キロあったので(アピア58キロ、ノブワイルド57キロ)……。まだまだ馬は頑張れると思います」

 

 

 


習志野きらっとスプリントが行われます。

 今日は久しぶりに晴れて暑い1日になっている船橋競馬場。

 

 キャロッタと一緒に、習志野市の市民まつり「習志野きらっと」のマスコット・きらっと君、習志野市のご当地キャラ・ナラシド♪も来ていますよ。場内がとっても明るくなりますね。

 

 

 

 1時間に1回は、船橋競馬場のどこかに登場して触れ合っているそうで、表彰式もそろって登場するそうです。

 

 

 さぁ!スーパースプリントシリーズの最終戦、習志野きらっとスプリント(船橋・1000m)。全国からスピード自慢たちが勢ぞろいしています。データ分析ができる枠順はこちら

 

 去年の覇者アピア(御神本訓史騎手、大井・渡邉厩舎)。1000m戦は7戦全勝で、ここも断然の人気を集めています。今は渡邉厩舎の外厩馬としてミッドウェイファームで調教を積んでいて、4か月ぶり実戦。

 

 「いい仕上がりです。スタートを決めて、すんなりと先行してくれれば。この条件ですしいい結果を出したいです」(渡邉調教師)。

 

 

 目下3連勝と勢い抜群な4歳馬デイジーカーニバル(石崎駿騎手、船橋・佐藤賢厩舎)。タイトルに近い馬と言われてきた素質馬でしたが、戦線離脱をした時期もあり、またここにきて、タイトル奪取に向けてもう少し……。初の1000mでどんな走りを見せてくれるでしょうか。

 

 「状態はキープできています。1000mもよさそうだし、3、4番手で折り合っていければ一発あってもおかしくないです」(佐藤調教師)。

 

 

 中央の芝で5勝を挙げ重賞にも出走してきたアドマイヤゴッド(藤本現暉騎手、船橋・川島厩舎)が、南関東移籍初戦を迎えます。

 

 「追い切りでは時計が出ていても動きがモサモサしている感じで、実戦型なのかな?順調に調整はできていますが、まずは初戦なのでて探りの部分もあります。今回は全てが初物尽くしなので、やってみないとわからないところはあると思います」(川島調教師)。

 

 

 前走の武蔵野オープンを優勝したばかりのクルセイズスピリツ(山崎誠士騎手、大井・荒井厩舎<小林>)。昨年は優駿スプリントを優勝し、その後の習志野きらっとスプリントは斤量差も生かして優勝したアピアから0.2秒差の2着。

 

 「仕上がりは変わらずにいいです。大外枠からどのポジションにつけられるか。スピードはある馬ですし、うまく2、3番手につけられれば。去年とは斤量も違いますが頑張って欲しいです」(荒井調教師)。

 

 

 ロマンコスモ(岡村健司騎手、船橋・椎名厩舎)は師弟コンビでの参戦です。

 

 「角馬場と本馬場の調整に替えてから、馬もリラックスしていい方に出ています。終いが甘くなるところがあるので、1000mは自分のペースで走れていいと思います。テンの脚は速い方ではないので外枠に入ったのはいいですね。4、5番手で4コーナーを回れれば、上位にきてくれると期待を持って送り出したいです」(椎名調教師)。

 

 

 そして、南関東リーディング・小久保厩舎からは大ベテランの実力馬たちが出走。11歳のサトノタイガー(笹川翼騎手)と10歳のジョーオリオン(川島正太郎騎手)はすでに来年も南関東で走る権利は獲得、一緒の枠に入っているのも個人的には胸熱です(^^) 7歳のノブワイルド(左海誠二騎手)と、3頭が参戦。

 

 「(サトノタイガーは)このレースは5年連続の挑戦で着外は一昨年の1回だけ。相性がいいレースですし、南関東同士ならまだ頑張れます。(ジョーオリオンは)10歳とは思えないくらい元気がよすぎます。年明けの船橋記念でも5着にきているし侮れませんよ。

 

 (ノブワイルドは)休み明けの前走でも地力の高さを見せることができました。一度使って動きに軽さが出ているし、57キロなら力も出せると思います」(小久保調教師)。

 

 

 

 全人馬、無事に頑張ってください!

 

 発走は20時10分。

 


ジャパンダートダービー、クリソベリル優勝!

 2019年南関東クラシック戦線もいよいよ最終戦、3冠目のジャパンダートダービーが行われました。

 

 中央・他地区、迎え撃つ南関東勢の戦い↓

 

 

 

 

 

 優勝したのは、川田将雅騎手騎乗の1番人気クリソベリル(中央・音無秀孝厩舎)。

 

 

 

 クリソベリルは道中外の6番手付近を進めていくと、最後の直線では力強くて先頭に立って、そのまま2着のデルマルーヴルに3馬身差をつける快勝。勝ちタイムは2000m2分6秒1(やや重)。地方最先着は3着のミューチャリー。

 

 クリソベリルはデビューから4戦負けなし。前走の兵庫チャンピオンシップに続く重賞連勝。全兄のクリソライトは2013年の勝ち馬で、兄弟制覇を飾りました。

 

 

 

 

 

 音無調教師

「前走はいつもより前で競馬をしたせいか、ちょっと馬がやる気になりすぎているというか、競馬でも行きっぷりがよかったので心配していました。いつもより力んでいる感じの中、前で競馬をすると終いの脚がなくなるので、いい乗り方をしてくれました。今は競馬を教えている段階です。

 

 兄のクリソライトとは性格も馬っぷりも立ち姿も全く違いますね。クリソライトはもまれ弱いところもありましたが、クリソベリルの方はそれがないので競馬はしやすいと思います。Jpn気鮠,辰燭海箸韮殴ロ増しになって使うレースも限られてくるので、レースは慎重に検討していきたいです」

 

 川田騎手

「ゲートも上手に出てくれて、想像以上に前半進んで行く形になったので、そんなに行かなくてもいいんだよと、なだめながらの競馬になりました。順調に競馬は進めることができたし、いいリズムで走れていたので、無事に直線まできた時には、もう大丈夫だろうなとは思いました。

 

 ポテンシャルの高い馬ですが、まだまだ体の成長がともなっていないので、そういう部分が成長してくれれば、日本で一番強い馬を争える1頭になると思うので期待しています。成長を伴いながら、一番上までたどり着けるような馬になって欲しいです」

 

 せとPさん撮影↓

 

 

 

 詳細リポートと各陣営のコメントは大井競馬ホームページ内の重賞コーナーで。

 

 ジャパンダートダービー優勝おめでとうございます。

 

 クリソベリル 3歳牡馬

 

 馬主 (有) キャロットファーム様

 

 生産 ノーザンファーム様(安平町)

 

 父 ゴールドアリュール、母 クリソプレーズ、母父 エルコンドルパサー

 

 


ジャパンダートダービーが行われます。

 さぁ、早いもので、2019年南関東クラシック戦線もこの1冠で終わりますね。

 

 今日は南関東クラシック3冠目のジャパンダートダービーが行われます。

 

 データ分析ができる枠順はこちら

 

 中央のドウドウキリシマには真島大輔騎手が騎乗。浦和所属馬だった時期もあったので、大井コースは初めてですが南関東にはお里帰り。

 

 御神本訓史騎手の手綱で牝馬ながらも高知優駿を制したナンヨーオボロヅキが、今回は赤岡修次騎手の手綱で参戦。高知優駿馬を間近に見られるのも楽しみです!

 

 

 南関東からは6頭がが出走し、川崎から東京ダービー馬ヒカリオーソ、船橋からは東京ダービー2着馬から4着馬までを含めての5頭。あ、6頭のうち3頭が芦毛さんです。

 

 

 東京ダービー馬ヒカリオーソ(山崎誠士騎手、川崎・岩本厩舎)はこちら。優駿スプリントの勝ち馬ナガタブラックも友情出演(^^)

 

 

 東京ダービー2着馬ミューチャリー(御神本訓史騎手、船橋・矢野厩舎)と3着馬ウィンターフェル(森泰斗騎手、船橋・川島厩舎)についてはこちら

 

 

 

〇東京湾カップの覇者サクセッサー(石崎駿騎手、船橋・佐藤賢厩舎)。曾祖母のスピードキヨフジは女傑ロジータの祖母。東京ダービーは、スローペースの中でも鍵になる折り合いはついたそうですが、結果的にはチグハグな競馬になって12着と大敗。

 

 「積極的な競馬をさせたかったから、力も出せずに本当に残念でした。持ち味は先行力なので、この相手ですが2、3番手にはついていってどのくらい粘れるかだと思っています。予定通りの調教もできているし、自分の走りに徹したいです」(佐藤調教師)。

 

 岡本厩務員から体を洗ってもらいながら、気持ちよさそうに大きなあくびをしていたサクセッサー↓

 

 

 

 

〇東京ダービーは真島大輔騎手を背に9番人気ながら4着に入ったグリードパルフェ(笹川翼騎手、船橋・山田信厩舎)。メジロマックイーンのお孫さんで、まだ黒っぽい芦毛さん。お顔が、か・か・かわいい!!!ただ、岩本厩務員のお話しではかな〜り元気いっぱいの仔だそうです。

 

 

 

 「東京ダービーは4コーナーで勝つかなっていう走りを見せてくれて頑張ってくれたと思います。まだ遊んで走っているというか進んでいかないので乗り方も難しいと思いますが、最後は脚を使ってくれる馬です。前より落ち着きも出てきて、いい意味で状態は平行線です。この相手とどれだけ走ってくれるか」(山田調教師)。

 

 

〇 ホワイトヘッド(本橋孝太騎手、船橋・川島厩舎)は移籍初戦の京浜盃で3着になり、あの最後の脚にはしびれました。その後、満を持して挑んだ羽田盃はまさかの6着となり、賞金的に惜しくも東京ダービーに出走することはできませんでした。。。

 

 「前走(若竹賞、優勝)は指示通りの乗り方をしてくれて、直線も弾けてくれました。ただ、エンジンのかかりがゆっくりなところがあって、まだもう一つ二つのギアは持っています。素質も高くて、これから走ってくる馬ですよ。相手は強いですが、順調にきているし、京浜盃のような爆発力ある末脚を見たいですね」(川島調教師)。

 

 洗い場で飯田厩務員から体を洗ってもらっていたホワイトヘッド。レース本番のメンコはおしゃれなマークつきです♪

 

 

 

 サクセッサー、グリードパルフェ、ホワイトヘッド、無事に頑張って!

 

 南関勢〜〜〜〜〜〜〜〜(炎)

 

 発走は20時05分です。

 

 

 


ジャパンダートダービーの枠順発表!

 7月10日に大井競馬場で実施する南関東クラシック3冠目・ジャパンダートダービーの枠順が発表されました。

 

 こちら

 

 


スパーキングレディーカップ、南関勢を振り返る。

 スパーキングレディーカップ、地方最先着は3着のローレライ(大井・堀厩舎<小林>)でした。

 

 本田正重騎手を背に、道中は中団後方から、最後の直線に入るところでもまだ9番手付近でしたが、内から猛追してきて、最後は優勝したファッショニスタに次ぐ上がりの脚を披露。中央勢の1着、2着馬とも同じ斤量55キロを背負っての競馬。

 

 川崎競馬場が生んだ大スター、ロジータのひ孫です。↓

 

 

 

 

 

「ゲートを出た感じで位置取りは決めようと思っていました。最後もいい所が開いてくれて、手応えもよかったので掲示板はあるかなという感じだったのですが、3着まできてくれて思っていた以上の走りをしてくれました。終いはいつもちゃんと脚を使ってくれるのがいいところです」(本田騎手)。

 

 堀調教師のお話しでは、今後も牝馬のダートグレード競走などを使っていきたい意向だそうですよ。「無駄な力を使わないで走れたし、ペースが流れてくれた方がいいですね。今日はいい意味で考えていた以上の走りをしてくれたのでこれからも楽しみです」(堀調教師)。

 

 

 

 ロジータひいおばあちゃんは気の強い馬だったそうですが、ひ孫のローレライもとても気の強い女の子なんだそうです。

 

 

 5着にはマルカンセンサー(大井・高野厩舎)が入りました。ローレライとは同じ斤量で、0.1秒差。TCK女王盃2着馬の意地を見せてくれました。大井生え抜き重賞戦線でも活躍したキャニオンドリームの愛娘ですよ〜☆

 

 

 

 「今日はあのくらいついていけたし、まぁまぁ自分の走りはできているけど、右回りの方がうまいね」(的場文男騎手)。

 

 

 最近の古馬牝馬のダートグレード競走は、中央から仲間入りした馬たちが上位にくることも多かったのですが、ローレライもマルカンセンサーも、生え抜き馬たちが掲示板をしっかり確保できたことは明るい話題だと思います!

 

 

 

 6着 ミッシングリンク 左海誠二騎手

「雨が降りすぎたのか、返し馬からちょっと走りずらそうで、レースでものめって走っているような感じでした。雰囲気は悪くなかったので、今度は良馬場でやってみたいです」

 

 7着 ラーゴブルー 御神本訓史騎手

「スタートでちょっと出負けをしたのと先頭集団についていったというのもあるのか、それにしても3コーナーから一緒に上がっていけなかったです。+12キロの体重はそんなに重いと思いませんでしたが、結果的には影響しているのか?久しぶりの川崎コースというのもあるのか?水が浮いた馬場もあまり走ったことがないからその辺りも気にしているのか?

 

 これという敗因が今のところ見つからないので、これから分析したいと思います。もっと走れる馬ですし、期待をしていたので残念です」

 

 ラーゴブルーは南関東に移籍以降、安定感抜群のイメージがあるのですが、レースを振り返ると、唯一連を外しているのが、去年と今年のスパーキングレディーカップなんですよねぇ。また強いラーゴブルーを楽しみにして。。。

 

 

 


スパーキングレディーカップのパドック。

 そんな訳で、今年のスパーキングレディーカップは14頭中8頭が500キロ超えの牝馬たちが集まりました。

 

 

 

 ビッグサイズの牝馬たち。パドックも、ずっしりと。重厚感たっぷりの空間でした。

 

 

 


スパーキングレディーカップ、ファッショニスタ優勝!

 〜ホクトベガメモリアル〜スパーキングレディーカップに出走した14頭↓

 

 

 

 牝馬のレースなんですが、14頭中8頭が500キロ超えですよ!!!

 

 ここは、川田将雅騎手騎乗の1番人気ファッショニスタ(中央・安田隆行厩舎)が優勝しました。昨年のJBCレディスクラシックは重賞初挑戦ながら、優勝したアンジュデジールから0.1秒差の3着。今回は重賞2度目の挑戦で念願のタイトルホルダーに!

 

 

 

 レース結果と動画はこちら

 

 ファッショニスタは2番手を進めていくと、最後の直線では軽快に逃げていたサルサディオーネ(母は2002年東京プリンセス賞馬)をしっかり差し切りました。タイムは1600m1分40秒6(不良)。2着がサルサディオーネ、地方最先着の3着はロジータのひ孫ローレライ。

 

 

 

 

 

 「ゲートも上手に出て二の脚もついて、イメージしていたよりもいい位置で進めていくことができました。気の難しいところのある馬ですが、癖はつかんできました。今後のためにも賞金を加算できてよかったです」(川田騎手)。

 

 口取り&肩掛けは、せとPさん撮影↓

 

 

 

 

 

 スパーキングレディーカップ優勝おめでとうございます。

 

 ファッショニスタ 5歳牝馬

 

 馬主 ゴドルフィン様

 

 生産 ダーレー・ジャパン・ファーム有限会社様(日高町)

 

 父 ストリートセンス、母 アクアリスト、母父 Coronado’s Quest

 

 

 


スパーキングレディーカップが行われます。

 さぁ、今日の川崎競馬場のメインレースは、〜ホクトベガメモリアル〜スパーキングレディーカップ(1600m)が行われます。

 

 砂の女王ホクトベガ……。

 

 そんな偉大な叔母がいるのが、プリサイスキング(大井・高橋厩舎)です。

 

 ホクトベガの9つ下の妹が、プリサイスキングの母ジョセフィーヌ。

 

 甥っ子くん、かなりド派手(*'▽')

 

 

 

 今年7歳ですが、めちゃめちゃかわいいのですぅぅぅ(*^-^*)

 

 脚元も4本ソックスさん。

 

 デビューから7連勝、現在は通算14勝も挙げています。今度は7月11日の大井のレースで走る予定です。ホクトベガ伯母さんの分も、末永く無事に走り続けて欲しいですね!

 

 

 さて、今日のスパーキングレディーカップのデータ分析ができる枠順はこちらです。

 

 10年連続で中央勢が制しているこのレース。今年も強力な面々が出走してきますが、南関勢もファイト(炎)

 

 中央未勝利から川崎の内田厩舎の外厩馬としてミッドウェイファームでトレーニングを積んでいるラーゴブルー。前走はゴールデンコンビの御神本訓史騎手とともにマリーンカップを制し、ダートグレードウィナーの仲間入りを果たしました。引き続き御神本騎手とのコンビ。

 

 

 

 その後はレース直後からこのスパーキングレディーカップに向けててきたそうです。

 

 「やっぱり血統もあるのかなぁ。体つきがさらによくなってきて、前走よりもいい感じで臨めると思います。ここまで順調にやってきましたが、今回は中央馬たちとの斤量差もあるので、そこは気になりますね。頑張って欲しいです」(内田調教師)。

 

 昨年のTCK女王盃の勝ち馬ミッシングリンク。前走の京成盃グランドマイラーズから浦和の小久保厩舎所属になり、左海誠二騎手を背に牡馬たちの中に入って3着でした。今回も手綱は左海騎手。

 

 

 

 「前回は3コーナーで他馬に寄られて馬の気力がなくなった風に見えましたが、普段の感じを見ると、そんなに繊細な仔じゃないんだけどなぁと。そういう部分からも、まだ厩舎的につかめていないところがあります。

 

 ただ、状態は一度使って間違いなく上がっているので、今回はどんな走りを見せてくれるかですね」(小久保調教師)。

 

 

 TCK女王盃2着馬マルカンセンサー(的場文男騎手、大井・高野厩舎)も目下連勝中なので、この勢いで楽しみですし!

 

 そして、ロジータの孫オルキスリアン(繁田健一騎手、船橋・張田厩舎)とロジータのひ孫ローレライ(本田正重騎手、大井・堀厩舎<小林>)が、ロジータの思い出がつまったこの川崎競馬場で直接対決するというのも、何ともドラマチック。熱い戦いです♪

 

 東京プリンセス賞馬サルサクイーンの愛娘サルサディオーネ(岩田康誠騎手、中央・羽月厩舎)も中央から再び遠征に来ますし!

 

 リボンスティック(赤岡修次騎手、川崎・山田質厩舎)、レガロデルソル(森泰斗騎手、大井・橋本厩舎<小林>)、アッキー(笹川翼騎手、川崎・林厩舎)もがんばれ〜!

 

 おっ、コスプレメンコ厩舎でお馴染みの浦和の工藤厩舎がフラワーオアシス(和田譲治騎手)を送り出してきますね。装いもチェックしたい!

 

 

 全人馬無事に。

 

 発走は20時05分。

 


ダービージョッキーたちだっ!

 いつもパドックで見守っている、かわいい手作りの横断幕。

 

 パドックが、パッ!と明るくなりますね。↓

 

 

 

 向かって右から、酒井忍騎手、町田直希騎手、山崎誠士騎手。

 

 信号機カラーの勝負服の3人ですが、

 

 一方で、ダービージョッキーの3人でもあるんですねぇ。

 

 豪華な並びだぁ〜(*'▽')

 

 


プロフィール
カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode